buttonThe Captains @ 渋谷CREST

可能なるグループサウンズ


the captains
 仕事が終わって会場の渋谷O-Crestに着くと、すでにキャプテンズの演奏が始まっていて、後からの話によると2曲目が終わったところだったらしい。なのでちゃんと聴けたのは"恋するマタドール"からであった。スパニッシュな調べに乗せて、ヴォーカルの傷彦が歌い踊るドラマティックな曲で「Ore!」という掛け声でつけるポーズも決まっている。

 頭から間に合わなかったのは残念だったけど、こうしてキャプテンズが作り出す世界に引き込まれていくのだ。ステージの最前列には、彼らの稲妻ショックにヤラれた女子たちが陣取り、傷彦やヒザシの振りに合わせて踊っている。おそらく、当時のGS バンドと比べてステージ上の運動量が多いと思うけど、どうなんだろう?当時を知る人はどう思うのだろうか。後ろの方のお客さんの中には明らかに当時のリスナーが混じっていたりする。オーラのあるリーダーの傷彦、メガネをかけたギター好きのヒザシ、人のいい感じを醸し出しているベースのテッド、まだ若くてエネルギッシュなヨースケ、と4人のキャラクターが立っていて、傷彦とヒザシのステージアクション、そして往年のGS風コスチュームを身に纏っている姿に目を奪われがちだけども、彼らの演奏は確かなもので、特に"若干二十歳の暴れ太鼓"ヨースケのドラムの激しさはMAD3なんかの狂気を孕んだロックンロールを思い出させる。
the captains  "恋をしようよ"は「どうにも、どうにも、どうにも・・・止まらない」と何度も絶叫する傷彦の切迫感が伝わってくる。歌詞は、まるで銭湯の壁に描かれた富士山のように、書き割りのような、典型的なGSの世界であり、彼らはそれを演じているわけなのだ。作りものの世界?だけども映画や舞台での優れた演技がリアルに感じられるように、作りものであろうと、そこに込められたものがリアルであれば、それがなんであろうと伝わってくるのだ。

 そして、ついには、傷彦が「愛してる!」と絶叫して失神してしまう。それも演技というのは分かっているし、おれも実際腹を抱えて笑ってしまったのだけど、そのエンターテイメントに殉じる姿に感動してしまうのだ。
 一度聴いたら忘れられない"恋のゼロハン"、"夕焼けサンドビーチ"と疾走していく曲で締める。このめくるめくドライブ感はどこに出ていってもOKのような気がする。音の勝負ならパンク系やロックンロール系のバンドと対バンが出来るのでは?最後はヨースケがドラムセットを破壊する勢いだった。だからMAD3を思い出したりしたのだけど。そして例によって加山雄三の"君といつまでも"のインストヴァージョンをBGMにメンバーが前に出てきて挨拶する。音と笑いと格好よさがミックスされたこのバンドは観る度に少しずつ変化し成長を見せている。この瞬間を見逃すのはもったいない。 the captains
the captains

report by noba and photo by saya38
 今の時代、音楽やるのに制限はほとんどない。機材の発達によってギター、ベース、ドラムのフォーマットに縛られることはないし、既存のジャンルの枠に捕われることもない。そんな中でGSというガチガチの枠ルを選び取った彼らは、制限ある枠の中で最大限暴れることによって逆説的に自由を感じさせるのだ。


buttonmag files :

button可能なるグループサウンズ (04/02/29 @ Shibuya Crest) : review by nob, photo by saya38
buttonギラギラ男子を見ていたら眩しすぎて目が痛くなった (04/01/31 @ Shibuya Yaneura) : review by nob
buttonGSを知らない子供たち (03/10/9 @ Shibuya Nest) : review by nob


The official site :

ザ・キャプテンズ

http://www.thecaptains.net/f_pc.html

check the albums?

search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by nob

button2004

button 音楽の一部になる : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (04/03/05 @ Shibuya AX)
buttonCD review 『Hello! My Friends』 : 髭 (04/03/5)
button 転回のための12曲 : eastern youth (04/02/17 @ Shibuya Club Quattro)
button 音楽の隠喩としての建築 : デート・コース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン (04/02/15 @ Shibuya AX)
button その可能性の中心 : MO'SOME TONEBENDER (04/02/10 @ Shibuya Club Quattro)
button 或るバンドの解散 : 新宿フォーク、バーレスク・エンジン、ボーンズ (04/02/06 @ Hatsudai DOORS)
button クアトロじゃ狭すぎる : Galactic (04/02/05 @ Shibuya Club Quattro)
button人間の過剰な部分 : インビシブルマンズデスベッド (1st Feb @ Shimokitazawa 251)
buttonギラギラ男子を見ていたら眩しすぎて目が痛くなった : モノラルセンス、ミカゲ、ASTORO-B'、ザ・キャプテンズ (31st Jan @ Shibuya Yaneura)
button絶好調 : MO'SOME TONEBENDER (27th Jan @ Shibuya Club Quattro)
button映画的な : JUDE (22nd Jan @ Shibuya AX)
button冬のプチフェスティバル : feat. Bleach, 惑星他 (10th Jan @ Shinkiba Studio Coast)
button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 髭、インビシブルマンズデスベッド (1st Jan @ Shinjuku Loft)


button2003

button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 新宿フォーク、東京WATTS、千葉レーダ、百怪の行列! (31st Dec @ Akihabara Goodman)
button終わりでなく、出発として : Beach / 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonフォークって何? : 新宿フォーク (18th Dec @ Kichijoji Planet K)
button「コンピュータが作った音」なんて存在しない : FRONT CHAPTER VOL.2 featuring DJ BAKU, THA BLUE HERB, NUMB and BOOM BOOM SATELLITES @ Shibuya Club Quattro (24th Dec '03 @ Shibuya Club Quattro)
button柔も剛もよく柔も剛も制す : Bleach / 東京ピンサロックス (21st Dec @ Utsunomiya Vogue)
button爆音の砂嵐へ : Bleach (17th Dec @ Chiba Look)
buttonから騒ぎの後で : t.A.T.u. (2nd Dec @ Tokyo Dome)
button今、走り出していく : Bleach (22nd Nov @ Shinjuku Antoknock)
button楽しくなければロックじゃない : ELECTRIC SIX (15th Nov @ Shinjuku Liquid Room)
button老いは恥ずべきことじゃない : METALLICA (7th Nov @ Yoyogi Daiichi Taiikukan)
buttonスチュワートに敬意を表して : MOGWAI (25th Nov @ Shibuya AX)
buttonふたりのSMショー : The White Stripes (22nd Oct @ Shibuya AX)
buttonでかいフェスやレイヴばかりじゃない野外で聴く音はたくさんある
(in summer '03 @ various venue)
buttonGSを知らない子供たち : The Captains (9th Oct @ Shibuya Nest)
button日本人的な、あまりにも日本人的なバンド : BACK DROP BOMB (5th Oct @ ZEPP Tokyo)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.