buttonfarrah vs monastir
@ Shinsaibashi Club Quattro (15th Feb '04)

宝探し、大成功!! - part1 -


monastir
 人間は、経験によって自らを形成していく単純明解な生物である。それだけに肝腎な出会いを逸らせてしまった時は、儚さがいついつまでも、心の中に積もっていく...。これが、人生の端々で悔いとしてむくむくと沸き上がってきて、その時の自己対応は、とても難儀なことになるのである。人生を上手に生きて行くためには、《後悔先にたたず...》これは絶対に阻止しなければならない...
monastir  よかった!本当によかった!コイツら絶対に、ただボ〜ッとテレビを観ていたり、クソおもしろくもないラジオをたれ流しで聴いていたら、私の心のヒダにひっかかっていなかったからね!日頃アンテナを張っていることの勝利だな(とはいってもまったくもって私だけの力では無いが...あ〜面目ない...)...当日会場には、「どんなバンドなんやろ〜な〜?」という不思議なヒソヒソ声と、普段は来ないのよ、こういうライブには...といった場違い感プンプンの人々もチラホラ...一種、私のイメージを感ずる脳は逆回転して反応を衝動へと変化させる... 「心を開いて感じるのみ...」エンジンを蒸かすためのガソリンであるビールをかき込みステージの上を凝視した...するとそこには...赤い赤いヤツら登場!
 monastirは、北欧スエーデン出身の5人組。何とメンバーの内の2人、MAGNUS(Vo&G)、MARCUS(G)は、日本でもアルバム『Nice From Far...But Far Nice』がちと話題になったHOLIDAY WITH MAGGIEの中心人物なのだ。それだけにこのバンドの特徴でもあるギター中心のPOWER-POP感に、粗く雑なガレージROCK的要素を加味した何ともいえないそのサウンドは、ただ素直に「カッコイイじゃん!」と調子よく私が叫んでしまうように、パブロフの犬的にカッコ良さを感じることができるのである。しかも紅一点のFUNNY(Key&Vo)の無邪気さが、そのステージのアクションがそのままに全開した時は、私たち観客も普通にいわゆるノリノリ(死語)状態になってしまうのだ。メンバーの不摂生丸出しの体型(MAGNUSは腹出過ぎ!)を除けば、実にトータルバランスのとれた期待度満点のバンドである。 monastir
 疾走感ビンビンのギター炸裂系ナンバー"Life is long when you're lonely"、とてもキュートなPOPチューン"Teenage Years"それと、母国スエーデンでの最新シングル"shape up"ワッサワッサいうギターのリフがなんとも心地いい...「もう1曲だけやっていい?」予定外の1曲を終えて、爽やかな北欧の風は、私の頬をかすめて去っていった...ただし一撃を喰らわせて...


report by kami and photo by ikesan

ボタン 
mag files :
button10本指の初恋 : (04/02/15 @ Shinsaibashi Club Quattro) : review by sora, photo by ikesan
button宝探し、大成功!! : (04/02/15 @ Shinsaibashi Club Quattro) : review by kami, photo by ikesan
buttonphoto report : (04/02/15 @ Shinsaibashi Club Quattro) : photo by ikesan
buttonポップ2色盛り : (04/02/12 @ Shibuya Club Quattro) : review, rad and photo by keco
buttonphoto report : (04/02/12 @ Shibuya Club Quattro) : photo by keco

==>top page : JPN / ENG

The official site of

monastir

http://www.monastir.nu/

The latest album :
"The modern sound for a loser generation"

monastir

Indies


check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by kami

button2004

button痛快!ロックンロール泥棒ここにあり!! : JET (7th Feb. @ Shibuya Club Quattro)
button夢のような時間に包まれて... : Galactic (1st Feb. @ Shibuya Club Quattro)
button一体感が会場全体をステージにした : MEST / GOB (22nd Jan. @ Osaka Big Cat)


button2003

button黒と白と赤のみの真実 : SORROW (9th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonROCKとは何?.........やっぱりこれでいいんだ! : D4 (4th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonそうとも...これが若さ!これが青春だ! : THE ALL-AMERICAN REJECTS with 10-feet (4th Dec @ Osaka Big Cat)
button音そのものが持つ実に生々しい触感 : YO LA TENGO (2nd Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
button何かが変わりそうな予感... : LINK with Hawaiian6 (22nd Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button違和感こそが、真実のゴールデン・ハンマー!! : Super Furry Animals (20th Nov @ Osaka Big Cat)
button素敵なバカにノックアウトされた夜... : ELECTRIC SIX (17th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button火山列島日本。新しい活火山発見!その名は大阪城ホール!! : METALLICA (13th Nov @ Osakajo Hall)
buttonロックンロールの稲妻が走り抜けた夜 : THE MOONEY SUZUKI & CATO SALSA EXPERIENCE (10th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button「音楽が無かったら生きていけな〜い!」この言葉の本当の使い方 : buffalo daughter (9th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button魂の太陽に着火した真実のメッセージ : audio active (31st Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button黒いモノに挑む黄と赤のシンクロ 〜阪神タイガースとthe white stripes〜 : the white stripes with whirlwind heat (27th Oct @ Namba Hatch)
button人間の聴力の限界を越え、その先に見えたエクスタシー : OOIOO / KIM GORDON & The Sweet Ride (26th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button自然の流れのまま、FREEDOMの中で踊り揺れながらの旅... : LABCRY (24th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button満足...信頼...そこに産まれた絆は、とても深く、美しい... : Less Than Jake (22nd Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonそれは、あまりにもHAPPYでキラキラ輝いた時間 : R & R CIRCUS TOUR '03 featuring LAUGHIN'NOSE,SA with SOBUT,THE PEPPERMINT JAM (13th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button希望と絶望のカオスが産み出す未来への真実のROCKの姿 : The Cooper Temple Clause (11th Oct. @ Osaka Big Cat)
buttonすべての人々と共有した同じ思い...、"幸せ" : Elvis Costello and Steve Nieve (4th Oct. @ Osaka Sankei Hall)
buttonno title : Banda Bassotti (11th May. @ Osaka Big Cat)

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to and the same of the photos belongs to They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page.