button GUMX @ Zepp Sapporo (15th Feb.'04)

やっぱり通じるじゃん! -- Part1 --
GUMX  去年の10月、SUICIDE MACHINES公演の前座として札幌に登場したGUMXの衝撃は僕らにとって強烈だった。それ以来、すっかりファンになってしまい、また観たいねえなんて言い続けていたら、今度はZepp Sapporoという大きな会場である。おお、凄いなあとも思いつつ、ちょっとばかり不安でもあった。

 なんでかっていうと、何度もここの原稿にも書いているけれど、札幌のオーディエンスというのは、基本的に初めて観るバンドにはちょっとシャイなのだ。前回、札幌で彼らの演奏を観たのは100人にも満たないだろうし、その人たちが全員GUMXを必死に応援しても、ZEPPには1,000人以上入るだろうから・・・。広い会場で受けないのは、小さな会場で少人数に受けないよりもキツいのだ。それはより多くの人が自分たちの音楽には興味がないということを、余計に自覚させられてしまうからである。絶対いいバンドだ!なので、自信を持ってオススメできるわけだが、果たして・・・。
 そんなこっちの不安なんてのは、彼ら自身にはもちろん関係がない。3人のLEEはいつも通り笑顔を見せながらステージに上がる。タメの効いたギターリフがLEE YONG WONの手から、レスポールを通して鳴らされる。「TURN OFF」だ。彼らは基本的な音楽性はNOFXとかハイスタとかに影響されたメロコアってことになるんだろうけれど、タメの効いたギターリフ中心のアンサンブルとか、いとも容易くこなしてしまう。自分たちが商業上分けられているジャンル分けというものを演奏を通じて無効にしてしまう。

 その「TURN OFF」のリフが鳴っている間にも、既にオーディエンスは波を打っている。GUMXの演奏がオーディエンスの体を動かしている。その事実を目にした瞬間に自分の思いは杞憂に終わったと思った。

 そして曲が一気に高速に走り出す。ドラムのLEE EUNG KYUNとベースのLEE KEUN YOUNGのリズムアンサンブルは超高級なスポーツカーを思わせる安定感があるから、その加速度が一気に快感に結びついていく。

GUMX
GUMX
GUMX
 そしたら、ビートに合わせて体を揺り動かしていたオーディエンスも自分達のエンジンに点火した。ここは種子島かヒューストンか。少年ロケット、少女ロケットが次々に発射されていく。満面の笑顔で次々飛んでいく。後方ではモッシュピットが渦を巻く。マジ?。この幸福で楽しそうな光景は何だ?。

 すっ飛んでいく少年少女たちの笑顔に、LEE YONG WONの伸びやかなメロディはあまりにぴったり過ぎる。そして眩しい。僕が開演前に思っていた不安って何だったんだ。GUMXの音楽はオーディエンスの心をばっちり掴んでいるどころか、彼らを心の底から楽しませている。僕はGUMXの音楽の力を過小評価していた。

 目の前で繰り広げられている、この事実を見て、何故か無性に嬉しくなって、ちょっと目が・・・。何か、フジロックのハイスタonグリーンステージを思い出してきた。

reported by ysmz and photo by q_ta

Part 1 / 2 /photos

buttonmag files :
buttonやっぱり通じるじゃん! : review by ysmz, photo by q_ta : 04/2/14 @ Zepp Sapporo
button韓国から素晴らしいバンドが札幌にやってきた! : review by ysmz, photo by q_ta : 03/10/12 @ 札幌ベッシーホール
buttonphoto report : photo by ryota : 03/10/14 @ 新宿ロフト

The Current Rabel Site of

GUMX:

TOYS FACTORY ARTIST INDEX - GUMX



The latest work :

GUMX

"WHAT'S BEEN UP?"
check the albums?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by
ysmz & q_ta

ボタン 2004

ボタ ン若きヘヴィネスの闘士、堂々と : GUNDOG (15th Feb @ Zepp Sapporo)
ボタ ン冷凍都市サッポロに凱旋 : ZAZEN BOYS (14th Feb @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン一点突破の高速音塊 : NAPALM DEATH (14th Jan @ Sapporo Bessie Hall)

ボタン 2003


ボタ ンCan you smell punk? : 惑星 (28th Nov @ Sapporo Pennylane 24)
ボタ ン感情の極みこそ歌となる : EASTERN YOUTH (17th Nov @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ントラブルに負けないバンドの力 : PEALOUT (17th Nov @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ンこれ は伝説なのかそれとも : 外道 (17th Nov @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ンここは戦場じゃない : METALLICA (9th Nov @ Sapporo Makomanai Ice Arena)
ボタ ンinterview with ZARIGANI5
次 に作るものは、全然違うものになる : (13th Oct @ Sapporo Ganban)
ボタ ンザリガニは成長し進化する : ZARIGANI5 (13th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン先入観そして偏見を打ち破れ! : NANANINE (13th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン北の国から脱却するバンド : REVOLVER AHOSTAR (13th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン楽しさと喜びにあふれる自殺機械 : THE SUICIDE MACHINES (12th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン韓国 から素晴らしいバンドが札幌にやってきた : GUMX (12th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ンPEALOUT近藤、孤高な歌人の夜 : 近藤智洋 (6th Oct @ Sapporo Tomato Batake)
ボタ ンinterview with PEALOUT
1回 ライヴやると寿命が縮まる感じがする : (5th Oct @ Sapporo Ganban)
ボタ ン限りなく自由な8ビートのトライアングル : PEALOUT (4th Oct. @ Sapporo Sound Crew)
ボタ ン幸福のグルーヴと旋律がついに響き渡る : THE SKATALITES (3rd Oct. @ Sapporo XANADU)
ボタ ンさ わやかな夏を思い出させてくれた : ROCKING TIME (3rd Oct. @ Sapporo XANADU)
ボタ ンinterview with RYOJI(POTSHOT)
僕らは あくまでもスカパンクバンドなんです : (16th Sep @ Sapporo Ganban)
ボタ ン最後の天国、終わりの始まり : THEE MICHELLE GUN ELEPHANT (13th Sep. @ ZEPP Sapporo)
ボタ ン純粋と誠実が美しい火花を散らした : THE USED (4th Sep. @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ンCORNERだからできる事、CORNERにしかできない事 : CORNER (1st Sep. @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン旭川のREBEL ROCKERは凄いぜ! : The Johnny Boys (23rd Aug. @ Sapporo KRAPS HALL)
ボタ ンinterview with 伊藤ふみお(KEMURI)
最新シ ングル、フジロック、そして北海道のこと : (31st Jul @ Sapporo Ganban)
ボタ ンphoto report : Shonen Knife (6th Jul. @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ンソ ウル!ブルース!ロック!ザッツエンターテインメント! : デキシード ・ザ・エモンズ (1st Jul. @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン純粋無垢な夜は時を超える : Theatre Brook (20th May. @ Sapporo Penny Lane)
ボタ ン初の札幌公 演大盛況! : ROVO (13th Jun. @ Sapporo Bessie Hall)

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to (ROCK'IN'JECTION) and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.