button ZAZEN BOYS @ Sapporo BESSIE HALL (14th Feb.'04)

冷凍都市サッポロに凱旋 -- PART 1 --
ZAZEN BOYS
 確かに、ここサッポロの老舗ライヴハウスであるBESSIE HALLはさほど大きなヴェニューとは言えない。200人も入ったら身動きが取れない。というわけで、今回のZAZEN BOYSのライヴチケットの争奪戦は発売当日にたった5分で終了することになってしまった。特に札幌のオーディエンスとしては、去年のRISING SUN ROCK FESTIVALでその産声を怒涛の音響で満天に響かせたZAZEN BOYSが新たなる音源を引っ提げ、ようやく帰ってきてくれる!ということもあって、その期待感が現れた現象なのではないかなと思った。

 果たして、ZAZEN BOYSが登場した瞬間、BESSIE HALLではここ最近聴いたことがないくらいの大きな歓声に包まれた。ここBESSIE HALLはステージに向かって左側に楽屋と通路があるんだけど、その通路を通ってくるバンドメンバーも、この歓迎にオーディエンスとハイタッチを繰り返しながらステージへと向かっていく。

ZAZEN BOYS
ZAZEN BOYS  そのオーディエンスの興奮とは裏腹に、ヴォーカルの向井秀徳がゆったりとテレキャスターを爪弾き出し、ベースの日向がそれに合わせてゆったりと入ってくる。少し静まったオーディエンスが興奮を押さえているのがよくわかる。ブレイクから一斉にバンドが走り出すと、オーディエンスも合わせて、期待感を一気に解放していく。

 彼らのアルバムを聴いた時には、彼らの音楽はグルーヴをもの凄く重視していると思ったし、実際、様々なリズムやビートが鳴っているのだけれども、オーディエンスは基本的にタテノリだったように見えた。踊ると言うよりは跳ねている感じだったし、それを求めているようにも見えた。

 僕としては、CDを聴いて、このバンドにグルーブの面白さとか、その濃厚さを期待していたので、そういうものとはどうやら違っていたようだと思った。
 ということでいささか自分の期待していたものとは違っていたのだが、それでもバンドメンバーの実力たるや素晴らしい。CDに収められているものとちょっと違ったヴァージョンを演奏してもお互いしっかり対応しているし、鳴っているそれぞれの音はどれも自己主張が強く、音の粒ががしがし、こちらを貫いていく。

 歌っているときの向井秀徳の表情もまたよくて、時に目をつむり、時に眉間を寄せ、前方を睨み、テレキャスターを鳴らしている姿は、武士とか剣士というようなものを連想させる凛としたもので、かっこいい。

 それだけに、大きなグルーヴが生まれてこないのが不思議で仕方がない。何も足りないものなどないはずなのに、匂い立つようなノリだけが、なかなか立ち上がってこない。どうしようもなく、足を踏み、腰を振りたくなるあの感じが立ち上がってこないのだ。
ZAZEN BOYS
ZAZEN BOYS
reported by ysmz and photo by q_ta

buttonmag files :
ボタ 
ンNUMBER GIRL at 心斎橋クアトロ : (00/07/25 @ Shibuya Quatoro) : report by 小谷育代

==>top page : JPN / ENG

The official site of

ZAZEN BOYS:

向井秀徳情報


The latest work :

ZAZEN BOYS

"ZAZEN BOYS"
previous works :

"IT'S ONLY ROCK'N ROLL(BUT WE LIKE IT LOVE)" (compilation 1 track)


check the albums?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by
ysmz & q_ta

ボタン 2004

ボタ ン一点突破の高速音塊 : NAPALM DEATH (14th Jan @ Sapporo Bessie Hall)
ボタン 2003


ボタ ンCan you smell punk? : 惑星 (28th Nov @ Sapporo Pennylane 24)
ボタ ン感情の極みこそ歌となる : EASTERN YOUTH (17th Nov @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ントラブルに負けないバンドの力 : PEALOUT (17th Nov @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ンこれ は伝説なのかそれとも : 外道 (17th Nov @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ンここは戦場じゃない : METALLICA (9th Nov @ Sapporo Makomanai Ice Arena)
ボタ ンinterview with ZARIGANI5
次 に作るものは、全然違うものになる : (13th Oct @ Sapporo Ganban)
ボタ ンザリガニは成長し進化する : ZARIGANI5 (13th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン先入観そして偏見を打ち破れ! : NANANINE (13th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン北の国から脱却するバンド : REVOLVER AHOSTAR (13th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン楽しさと喜びにあふれる自殺機械 : THE SUICIDE MACHINES (12th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン韓国 から素晴らしいバンドが札幌にやってきた : GUMX (12th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ンPEALOUT近藤、孤高な歌人の夜 : 近藤智洋 (6th Oct @ Sapporo Tomato Batake)
ボタ ンinterview with PEALOUT
1回 ライヴやると寿命が縮まる感じがする : (5th Oct @ Sapporo Ganban)
ボタ ン限りなく自由な8ビートのトライアングル : PEALOUT (4th Oct. @ Sapporo Sound Crew)
ボタ ン幸福のグルーヴと旋律がついに響き渡る : THE SKATALITES (3rd Oct. @ Sapporo XANADU)
ボタ ンさ わやかな夏を思い出させてくれた : ROCKING TIME (3rd Oct. @ Sapporo XANADU)
ボタ ンinterview with RYOJI(POTSHOT)
僕らは あくまでもスカパンクバンドなんです : (16th Sep @ Sapporo Ganban)
ボタ ン最後の天国、終わりの始まり : THEE MICHELLE GUN ELEPHANT (13th Sep. @ ZEPP Sapporo)
ボタ ン純粋と誠実が美しい火花を散らした : THE USED (4th Sep. @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ンCORNERだからできる事、CORNERにしかできない事 : CORNER (1st Sep. @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン旭川のREBEL ROCKERは凄いぜ! : The Johnny Boys (23rd Aug. @ Sapporo KRAPS HALL)
ボタ ンinterview with 伊藤ふみお(KEMURI)
最新シ ングル、フジロック、そして北海道のこと : (31st Jul @ Sapporo Ganban)
ボタ ンphoto report : Shonen Knife (6th Jul. @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ンソ ウル!ブルース!ロック!ザッツエンターテインメント! : デキシード ・ザ・エモンズ (1st Jul. @ Sapporo Bessie Hall)
ボタ ン純粋無垢な夜は時を超える : Theatre Brook (20th May. @ Sapporo Penny Lane)
ボタ ン初の札幌公 演大盛況! : ROVO (13th Jun. @ Sapporo Bessie Hall)

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to (ROCK'IN'JECTION) and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.