buttonBelle and Sebastian 
@ Zepp Osaka (25th Jan '04)

飄々と - part1 -


belle and sebastian
飄々と

1. 世事にこだわらず超然としているさま
2. 世間離れしてつかまえどころのないさま
3. 雲や物が風にひらひらとひるがえるさま
4. 行く先や足元の定まらないさま

 『飄々と』という言葉を耳にした時、あなたはどういった言葉の感触を思い浮かべるだろうか。僕は肩肘張っていなくて、ふわふわとした中に、どっしりとした何かがあり、どこか謎めいた匂いがする手触りを思い浮かべる。例えるなら、おヒョイさんこと、俳優の藤村俊二さんが持っている、あの空気感。『飄々と』の定義は、上記した。しかし、言葉には表面的な意味だけでは片付けられない深みがあるものだ。同じ言葉を聴いても、人それぞれ思い浮かべる、言葉の感触は違うものだろう。目に見える部分の下には、それの何倍もの大きさを隠し持ったモノだと思っている。
 予想が外れた。フロントマンであるスチュアートがよく喋るのだ。CDから想像する、彼らのライブは、もっと淡々と行われているはずだった。メンバーが紫色の光に包まれたステージに現れてMCも無く、演奏を始めた時、「やはりな」と思ったのだが、2曲目が終わった途端スチュアートは、かぶっていたハットの話をし始めた。

belle and sebastian
belle and sebastian

「このハットは昨日大阪で買ったんだ。前かぶってたやつは、グラスゴーで盗られちゃったから。だって、みんな強いからねぇ」この話を皮切りに彼は、1曲が終わるたびに、喋っていたと思う。と書くと大げさに聞こえるかもしれないが、淡々と行われるライブを想像していた僕は、自分の耳を疑ったほどの驚きだった。
belle and sebastian  ライブ前日に買ったハットの話には続きがあって、サラがメインボーカルを務める曲の出だしで、彼女の声が出ないから、仕切りなおしになった一幕があった。この時に スチュアートは「このハットがあれば、ちゃんと歌えるよ」とハットを、彼女の頭にのせたのだが、サラはあまりこのハットが好きじゃないらしく、脱ごうか、かぶり続けようか、迷ってモジモジし始めたのだ。一生懸命歌いながら、ハットを気にしている姿が、妙にかわいかった。結局ハットを脱ぐ決心をしたようだ。 belle and sebastian


report by yohsuke and photo by yegg

ボタン 
mag files :
buttonマードック家のイブニング・パーティー : (04/1/29 @ Shibuya Kokaido) : review by nob, photo by izumikuma
buttonphoto report : (04/1/29 @ Shibuya Kokaido) : photo by izumikuma
button永遠の言葉と、ダンスと、ハグと : (04/1/28 @ Shibuya AX) : review by chihiro, photo by keco
buttonphoto report : (04/1/28 @ Shibuya AX) : photo by keco
buttonillustration report : (04/1/26 @ Nagoya DIamond Hall) : illustration by chika
button飄々と : (04/1/25 @ Zepp Osaka) : review by yohsuke, photo by yegg
buttonいいものはいい、それでいいのだ! : (04/1/25 @ Zepp Osaka) : review by kuniko, photo by yegg
buttonphoto report : (04/1/25 @ Zepp Osaka) : photo by yegg
button極北のアトホームからストレートなほのぼのへ : (03/12/5 @ Astoria, London) : review and photo by yoshi_k
button昨日も行っとけばよかった... : (01/11/15 @ Akasaka Blitz) : review by yoshi_k, photo by mari
buttonこの幸せを... : (01/11/15 @ Akasaka Blitz) : review by yohei, photo by mari
button『愛犬ベルとセバスチャン少年』 : (01/11/15 @ Akasaka Blitz) : review by utsuutsu, photo by mari
buttonこんなに幸せな空間ってあり? : (01/11/14 @ Akasaka Blitz) : review and photo by morissie
buttonだまされるのもいい... : (01/11/14 @ Akasaka Blitz) : review by nob, photo by mari
buttonベルセバって誰? : (01/11/14 @ Akasaka Blitz) : review by nishioka, photo by mari
button夢が叶っちゃった! : (01/11/14 @ Akasaka Blitz) : review by nonomi, photo by mari
button今、見ておくべきライヴ : (01/11/12 @ ZEPP Osaka) : review by uramasa, photo by ikesan


The official site of

Belle? and Sebastian

http://www.belleandsebastian.co.uk/

The latest album :
"Dear Catastrophe Waitress"

Bell and Sebastian

UK import / US import / 国内盤


DVD
"FANS ONLY"

Bell and Sebastian

US import / 国内盤
previous works ;

"アイム・ア・CUCKOO" : (MAXI 国内盤)
"Step into My Offica, Baby" : (MAXI 国内盤) / (SINGLE US import) / (MAXI UK import)
"If You're Feeling Sinister (天使のため息) " : (国内盤 紙ジャケ限定盤) / (国内盤) / (US import)
"Fold Your Hands Child, You Walk Like a Peasant (わたしのなかの悪魔)" : (国内盤 紙ジャケ限定盤) / (国内盤) / (US import)
"Tigermilk" : (国内盤 紙ジャケ限定盤) / (国内盤) / (US import) / (UK import)
"The Boy With The Arab Strap" : (国内盤 紙ジャケ限定盤) / (国内盤) / (US import) / (UK import)
"Storytelling" : (国内盤 紙ジャケ限定盤) / (国内盤) / (UK import)
"I'm Waking up to Us" : (MAXI US import) / (MAXI UK import) / (MAXI 国内盤)
"Jonathan David" : (MAXI US import) / (MAXI UK import) / (MAXI 国内盤)
"Legal Man" : (MAXI US import) / (MAXI UK import) / (MAXI 国内盤)
"Dog on Wheels" : (MAXI 国内盤) / (MAXI UK import)
"Lazy Line Painter Jane" : (3 CD BOX SET / US import) / (MAXI UK import)
"This Is Just a Modern Rock / Slow Graffiti" : (MAXI UK impot)
"3.. 6.. 9 Seconds of Light" : (MAXI UK import)
"(Ep) Tbd" : (MAXI US import)


check the albums?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by yohsuke

button2003

buttonんんっ!? スティール・ギター!? : Robert Randolph and The Family Band (12th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
button時間は流れる : Wilko Johnson (29th Oct @ Kyoto Takutaku)
buttonWHAT A WONDERFUL GIG!!! : The Skatalites (1st Oct @ Shinsaibashi Club Quattro)


button2002

buttonSWINISH TOWNに住む音楽師たち : 勝手にしやがれ (25th Apr @ Osaka Bayside Jenny)
button青火... : buffalo daughter (22nd Jan @ Osaka BIG CAT)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Yohsuke Koshio and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page.