button BLEACH @ Shinjuku ACB Hall (26th Dec. '03)

ウワサは当てになる


BLEACH
 SMASHING MAG内でのBLEACHを推すスタッフの声は日に日に強くなり、最近では「観た方がいい」から「観て欲しい!」というほとんど懇願に変わるまでになっていた。その他「面白い」「とにかくスゴい」という賞賛の声が各方面から波状攻撃のように次々と聞こえてくる。「ライブがいい」という噂はかなりの確率で当てになる、というのが持論である。こりゃあ行かないと、と新宿ACBまでBLEACH & 東京ピンサロックスのツアー・ファイナルにあわてて駆けつけた。
 BLEACHはトリに登場。特に派手な演出もなくメンバーが登場し無造作にポジションについた。ベースの祝すけが唐突にしゃべり出してまず面食らう。すっとぼけた感じでヒョロッっと高い声。うひゃあ冒頭からこのMCかよと思ったが、ツアー・ファイナルということでの御礼をこめての前口上だったらしい。しかし演奏が始まった次の瞬間、いきなり崖から突き落とされたような衝撃を受けた。

BLEACH
BLEACH

 爆発。一発目の出音からしてすでに圧力が違う。ドラムがドカドカ響く中でギタリストが民謡風の単音メロディを奏で、それを縫うように美しい歌メロも囁く。そして初っ端からハジけまくるブッちぎれベーシスト・祝すけ。フリー直系の親指を下にしたスラッピングをビシバシ決め、彼女自身が爆風に巻き込まれたかのようにもんどり打ちながらの演奏。だがそれでいて音は見事なまでのグルーヴを生み出している。常連が早くも熱狂する中、ひとり唖然とした。
 二曲目は"黒ペン美学を天使ちゃんと考えました。"という曲らしいのだが、未来永劫他とカブる心配の全くないこの辺のネーミング・センスにも凄まじいものがある。一曲目ではちょっとベースに食われ気味だったかな、と感じたギター&ボーカルのカンナがここで巻き返してきた。鋭いカッティングも然ることながら、早口で捲くし立てまくるボーカル唱法がすごい。いわゆるミクスチャーめいたラップやハードコア絶叫とは違い、初期橘いずみを彷彿とする詰め込み型の歌い方だ。32分音符をさらにムリヤリ早廻しにしたような歌メロは、ほとんど潰れる寸前で旋律と日本語をぎりぎり残して強烈なインパクトを与えていた。

 中盤で祝すけ、完全に壊れる。もはや自分の演奏を放棄してバスドラに合わせてドカドカと床を踏み鳴らし(実際弾いてない)、宮尾すすむばりの手旗信号チックな両手振り付けを顔の前でぶん回す。


BLEACH
BLEACH

 合わせて「ハイッ!」「キエーッ!!」といった奇声をマイクに飛ばした挙句、最後には喉の奥まで丸見えの超絶叫。ここまで自分を捨てられるのは逆に感心してしまう。と思ったら、直後にまたもやガクッと落としてくる例の調子のMC。内容も先刻のテンションとは程遠いユルい内容で、切り替えが早すぎて客からは失笑さえおこる。この熱量の落差はなんだ。
BLEACH  ラストスパートはさらに加速がつく。T.M.スティーヴンスも絶対に蒼ざめる超高速スラップですけが止まらなくなれば、それに煽られるでもなく重厚かつ超速かつタイトなリズムをしっかりキープし続けるドラムのさゆりもすごい。それにカンナが上モノを乗っけてくのだが、ここまでの暴走っぷりだとまずまとまらなくなるのが普通である。しかしこのバンドの場合このキレっぷりが「アリ」なのだ。しっかり土台を支えるさゆりにガチンコで祝すけが音・身体ともに凄い迫力で暴れまわって対決、一方でどこか一歩引いたクールさのカンナが静かに狂う。描くトライアングルは決して正三角形ではないが、それでいてどこか一番大切な一点で重心を保っている感がある。絶妙のバランス感覚だ。
BLEACH
 当たり前のよう起こるアンコールの拍手に、ちょこんと出てきた三人は「また東京に来ますので……」とまるで許しを乞うように深々と頭を下げた。演奏はなし。もう一曲聴きたかったのが本音だが、そこで見せた“女の子の顔”に思わず頬が緩む。小さな暖かい笑いが起き、拍手はリクエストから純粋な賞賛へとその質を自然に変えていった。「ありがとう」とさゆりが一際大きな声で叫び、今回のツアーは終了。本当にお疲れ様。

 終演後の会場には良いライブが行われた会場に独特のざわめきと余韻がしばらく漂っていた。次回は一月のイベント出演がとりあえず最後の挨拶で言っていた「また」の機会になるが、その後の来京予定はやはりまだ未定なのだろうか。普段は東京に住む恩恵に預かることの方が圧倒的に多いが、こういう良いバンドが遠方にいると勝手なものでツアーまで待ってられねえという気分にもなる。だが一方、この状況をすごく面白いなとも思う。かつてシアトルから世界を巻き込むような熱狂現象が巻き起こったように、日本でもこうやって地方がどんどん熱くなればいい。そんな大げさな想いまで馳せてしまうような、強烈なライブだった。噂どおり、本当に笑っちゃうくらいに凄かった。

-- setlist -- (原文のまま)

1.太陽 / 2.黒ペン / 2.Sun-dance / 3.カナリヤ / 5.女王 / 6.挑戦 / 7.ありがとう / 8.ハウリング


report by joe and photo by keco

buttonmag files :

button『WARPED Tour '04』ライヴ : (04/1/10 @ Shinkiba Studio Coast) : review by 加賀琢磨, photo by keco
button終わりでなく、出発として : (03/12/26 @ Shinjuku ACB Hall) : review by nob, photo by keco
buttonウワサは当てになる : (03/12/26 @ Shinjuku ACB Hall) : review by joe, photo by keco
buttonphoto report : (03/12/26 @ Shinjuku ACB Hall) : photo by keco
buttonillustration report : (03/12/25 @ Nagoya Apollo Theater) : illustrated by chika
button柔も剛もよく柔も剛も制す : (03/12/21 @ Utsunomiya Vogue) : review by nob
button爆音の砂嵐へ : (03/12/17 @ Chiba Look) : review by nob
buttonこのまま突っ走れ!! : (03/12/01 @ Shibuya Club Asia) : review by toddy, photo by keco
buttonphoto report : (03/12/01 @ Shibuya Club Asia) : photo by keco
buttonステージ上でのファンクとヘヴィロックのケンカ : (03/11/29 @ Koenji 20000V) : review by nob, photo by saya38
buttonphoto report : (03/11/29 @ Koenji 20000V) : photo by saya38
button今、走り出していく : (03/11/22 @ Shinjuku Antiknock) : review by nob, photo by hanasan
buttonphoto report : (03/11/22 @ Shinjuku Antiknock) : photo by hanasan
buttonno title : (02/12/6 @ Hamamatsucho JUNK BOX) : review by nob
buttonno title : (02/8/23 @ Shimokitazawa Basement Bar) : review by nob

buttoninterview :
button裸になってやっているから(03/11/6) : interview by nob, photo by maikokko

The official site of

Bleach is :

http://www.highwave.co.jp/bleach/


tour schedule

11月22日(土) 新宿アンティノック
11月24日(月) 滋賀B♭
11月25日(火) 京都WHOOPEE'S
11月27日(木) 大阪BAYSIDE Jenny
11月28日(金)神戸チキンジョージ
11月29日(土) 高円寺20000V
12月1日(月) CLUB ASIA渋谷
12月3日(水) 水戸ライトハウス
12月14日(日) 甲府KAZOOHALL
12月15日(月) 熊谷Vogue
12月17日(水) 千葉LOOK
12月18日(木) 郡山#9
12月20日(土) 仙台JUNK BOX
12月21日(日) 宇都宮Vogue
12月23日(火) 松本ALECX
12月25日(木) 名古屋アポロシアター
12月26日(金) 新宿ACBホール



The latest album

Bleach

"Bleach"
"The latest single
"カナリヤ帝国の逆襲"
previous works
"Three Girls From Okinawa" (US import)
"裸の女王" (8 trax)
"踊る首" (5 trax)
"起爆剤" (8 trax)
"震える花"(1曲にCD-EXTRAでライヴ映像3曲収録)
"男一直線"
コンピレーション
"沖縄中毒" (1曲提供)
"飛薬 - 沖縄中毒 Vol.2" (1曲提供)
"弁天パンク弁当" (1曲提供)
"CHAPTER-S" (1曲提供)


check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

joe's works

button2003

button瀟洒なハコにダンディな奴等がハマる : 勝手にしやがれ (30th Dec @ Shibuya Club Quattro)
buttonウワサは当てになる : Bleach (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
button完成度の高いミクスチャー : 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonインストとかを忘れさせる圧倒的ステージ!! : LOSALIOS (18th Dec @ Shibuya AX)
button分厚い刃物で押しつぶされた夜 : METALLICA (6th Nov @ Yoyogi Daiichi-Taiikukaikan)
button世界の終わり、そして始まり : Thee Michelle Gun Elephant (11th Oct @ Makuhari Messe)
button最小編成というプロデュース : ELVIS COSTELLO and Steve Nieve (1st Oct @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall)
buttonメロコア死すともVANDALS死せず!? : THE VANDALS (16th Aug @ Shibuya Club Quattro)
buttoninterview : パンキッシュな「和」の風情!? : サンボマスター (17th Jul)
buttoninterview : 強烈下ネタバンド!? : オナニーマシーン (17th Jul)
button最後列までバッキンバッキン : Asian Dub Foundation (5th Apr @ Kawasaki Club Citta)
button小宇宙のプロデューサー !? : BECK (29th Mar @ Tokyo Bay NK Hall)
buttonライヴに行くべし! : eastern youth (25th Mar @ Yokohama Club 24)


button2002

buttonすべてはつながる... : The 3PEACE (10th Nov @ Shimokitazawa Shelter)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Joe Takamatsu and the same of the photos belongs to Keiko "keco" Hirakawa. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.