button 惑星 @ Sapporo Pennylane 24 (28th Nov.'03)

Can you smell punk? -- PART 1 --
wakusei  最初、ドラムの平田が一人で登場する。そして、両手を挙げると、オーディエンスから大きな歓声が上がる。その歓声に応えるかのように、彼女はスネアを、フロアタムをバッシバッシぶっ叩きまくる。ライジングサンで観たときもこうだった。このオープニングは本当にかっこいい。

 次にベース清水がくわえタバコで現れ、FENDERのベースをブンブン唸らせる。惑星の中でも、最もガレージとかパンクの要素を感じさせる彼のベースは、野蛮で危険でやさぐれた匂いがする。こうして、平田と二人で音を鳴らしていると、彼のベースには本当どきどきさせられるものがある。

 そして最後、ヴォーカル岸田が「狂った太陽」のPV同様、帽子を被って登場した。黒のMOSLITEを掲げて「イエアアアアアッ!!」と絶叫する。バンドは既にレッドゾーンに踏み込んでいるようだ。3人でビートとリフを叩きつけている間の緊張感はまさにロックンロールど真ん中を射抜く。

wakusei
 3人で鳴らすインストから「BLOW UP」に突入!。一気に熱を帯びていく8ビートが会場を埋め尽くす。オーディエンスが、その直線的なビートに合わせて揺れていく。個人的には彼らの中でもロックンロールな匂いが最もする曲を選んできたと思う。

 曲が終わっても、音が途切れない。まるで、音が無くなることを拒否するかのように、ノイズが響く。岸田がまたも絶叫し高速リフを叩きつけ、スネアが連打されて、バンドが一気に加速していく。「HONEY PIE」だ。バンドは崩壊寸前まで、そのスピードと熱を増していく。そのギリギリの焦燥感とテンションは、優れたロックンロールバンドにしか出せないものだ。この曲では「誰かにそれを伝えて」と歌われるが、ここで今観ていることを本当に誰かに伝えないといけないような、そんな気がしてくる。「誰かにそれを伝えて」と岸田が叫ぶとオーディエンスからも大きな歓声が上がる。

 そして、またも音を止めないまま、ザックリとしたギターリフから「BADDAFLY」に移っていく。自分が惑星が素晴らしいと思うところの一つは、グルーヴの多彩なところだけど、この展開はまさにそれを見せ付けている感じだ。
wakusei
wakusei wakusei
wakusei
reported by ysmz and photo by q_ta

Part 1 / 2 / 3

ボタン 
mag files :
buttonphoto report : (03/11/29 @ Shinjuku Marz) : photo by saya38
buttonphoto report : (03/10/24 @ Hamamatsu JUNK BOX) : photo by saya38
buttonphoto report : (03/5/27 @ Akasaka Blitz) : photo by saya38
buttonphoto report : (03/3/20 @ Shimokitazawa Shelter) : photo by saya38
buttonphoto report : (03/3/20 @ Juso Fandango) : photo by hanasan
buttonphoto report : (03/1/27 @ Sapporo Bessie Hall) : photo by hanaan
buttonphoto report : (02/12/10 @ Nagoya ell.FITS ALL) : photo by saya38
buttonphoto report : (02/6/20 @ Shimokitazawa Shelter) : photo by saya38
buttonphoto report : (02/5/17 @ Shimokitazawa Shelter) : photo by saya38

The official site of

惑星:

_www.WAKUSEIWEB.com_

The latest album
,limited edition with DVD
"sadpunk" OUT NOW!

wakusei
UNIVERSAL MUSIC
check the albums?

search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト

previous albums:

"Acoustic"
"惑星"
"shi-ro-i-to-ri"
previous works by
ysmz & q_ta

button2003
button感情の極みこそ歌となる : EASTERN YOUTH (17th Nov @ Sapporo Bessie Hall)
buttonトラブルに負けないバンドの力 : PEALOUT (17th Nov @ Sapporo Bessie Hall)
buttonこれは伝説なのかそれとも : 外道 (17th Nov @ Sapporo Bessie Hall)
buttonここは戦場じゃない : METALLICA (9th Nov @ Sapporo Makomanai Ice Arena)
buttoninterview with ZARIGANI5
次に作るものは、全然違うものになる : (13th Oct @ Sapporo Ganban)
buttonザリガニは成長し進化する : ZARIGANI5 (13th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
button先入観そして偏見を打ち破れ! : NANANINE (13th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
button北の国から脱却するバンド : REVOLVER AHOSTAR (13th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
button楽しさと喜びにあふれる自殺機械 : THE SUICIDE MACHINES (12th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
button韓国から素晴らしいバンドが札幌にやってきた : GUMX (12th Oct @ Sapporo Bessie Hall)
buttonPEALOUT近藤、孤高な歌人の夜 : 近藤智洋 (6th Oct @ Sapporo Tomato Batake)
buttoninterview with PEALOUT
1回ライヴやると寿命が縮まる感じがする : (5th Oct @ Sapporo Ganban)
button限りなく自由な8ビートのトライアングル : PEALOUT (4th Oct. @ Sapporo Sound Crew)
button幸福のグルーヴと旋律がついに響き渡る : THESKATALITES (3rd Oct. @ Sapporo XANADU)
buttonさわやかな夏を思い出させてくれた : ROCKING TIME (3rd Oct. @ Sapporo XANADU)
buttoninterview with RYOJI(POTSHOT)
僕らはあくまでもスカパンクバンドなんです : (16th Sep @ Sapporo Ganban)
button最後の天国、終わりの始まり : THEE MICHELLE GUN ELEPHANT (13th Sep. @ ZEPP Sapporo)
button純粋と誠実が美しい火花を散らした : THE USED (4thSep. @ Sapporo Bessie Hall)
buttonCORNERだからできる事、CORNERにしかできない事 : CORNER (1st Sep. @ Sapporo Bessie Hall)
button旭川のREBEL ROCKERは凄いぜ! : The Johnny Boys (23rd Aug. @ Sapporo KRAPS HALL)
buttoninterview with 伊藤ふみお(KEMURI)
最新シングル、フジロック、そして北海道のこと : (31st Jul @ Sapporo Ganban)
buttonphoto report : Shonen Knife (6th Jul. @ Sapporo Bessie Hall)
buttonソウル!ブルース!ロック!ザッツエンターテインメント! : デキシード ・ザ・エモンズ (1st Jul. @ Sapporo Bessie Hall)
button純粋無垢な夜は時を超える : Theatre Brook (20th May. @ Sapporo Penny Lane)
ボタ ン初の札幌公 演大盛況! : ROVO (13th Jun. @ Sapporo Bessie Hall)

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to Yasuhito "YSMZ" Shimizu (ROCK'IN'JECTION) and the same of the photos belongs to Q-TA Midorino. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page.