buttonLINK with Hawaiian6
@ Shinsaibashi Quattro (22nd November '03)

何かが変わりそうな予感...
 いや〜久し振りに胸躍るのである。日本の若きバンドが、あのGREEN DAYのVo&G、BILLIE JOEがカミさんと設立したレーベル、Adelineから全世界デビューである!すごい!快挙だ!

 私は、若者がはち切れんばかりのパワーをぶちまけてるその姿が大好きで、これは年齢を重ねてしまって、あ〜身体のあちこちが痛い!なんて言って泣き言を言っている私たち中年(?)が束になってかかったって絶対に適わぬこと...いや〜最高!青春だ!碧きことは素晴らしい!

 さて、そのバンドこそが、LINKである。RYOTA YANAI(Vo&G)、MAKOTO KOMORI(Vo&G)、NORITSUNE YAMAGAMI(Ds)の3ピースバンド。そのフレッシュ&ハードなサウンド、そして何と言ってもキャッチーなメロディーは、THE CLASHそして師匠(?)GREEN DAYからインスパイアーを受けているのだろう...などというのが、私の最新アルバム『THE KIDS ARE ALRIGHT』を聴いての簡単な印象である。

 さて、会場に到着。扉の中はなんとなくツウなキッズたちが多い...いわゆる何でもかんでも、それ風なら、それっぽければ観に行こう!的なヤツらじゃ無く、かなりこだわりを持った、そしてLINKを待ち焦がれた...といったそんな具合の観客がそれぞれのいい雰囲気で待っている。

 会場の照明が消える。いよいよ登場か...観客がステージにゆっくりと押し寄せる...そこに現れたのは...LINK?...いや違う...誰だ?ありゃ...あの長髪に鬚のギター...あっ!Hawaiian6だ!しまった会場を間違えたか?!...と思った瞬間、今日はシークレットゲスト有りの噂があったことを思い出した。そうか...粋な計らいだな...と言うか得したジャン!今日はHawaiian6まで堪能である。いや〜やっぱりいいわ!勢いがある!シンプル!それと、このバンドが持つ歌心...これは何か激しい曲でも胸に来るね!短いセットだけにすっげ〜スピードで進んだのだが、う〜ん希望を言うなら、もっと観たかった!Hawaiian6。感じさせてくれるグッと来るバンドである...

 さ〜そしてLINKである。先に言うが...いいわ!このバンド!しかも風貌が、大阪のアメリカ村で「テスト休みやから古着でも見に行こう〜!」って三角公園でくっちゃべっている(座り込んでしゃべっている...の意)ヤツらと何ら変わらない、あまりにもノーマルなのである。ところがいったん楽器を持ったら、豹変だね!すっげ〜厚み、深み、スケール感がある。3人だけでステージの上からこんなにもパワーを発散する若いバンドは久し振りに体験するな!おそらくこの感じなんだろう...きっとBILLIEが何か感じたのは...何て考えながら、自分の中の衝動にスイッチをオン!するとこれが楽しい...

 ニューアルバムからの"SUNDAY MORNING""OUR SENSATION"...あまりにも3人の完璧な演奏力に感服!「もしMAKOTOがthe stoogesにいたらどんな演奏してたかな?RYOTAがBLUEHEARTSにいたとしたらどんな歌をうたうのかな?NORITSUNEならTHE POLICEでだってたたけるな...」なんて、またプレステのプロ野球ゲームで自分の好きな選手で最強チームを作るような喜びの妄想をしながら、温かくなっていく空間を心と身体いっぱいで感じまくって行く...

 3月リリースのミニアルバム『月面砂漠ローリングロック』からラストを飾る"怠惰な日々"が始まると観客のそれぞれが思い思いのイメージを語り出す...「卒業式の後でこの曲ず〜っと聴いてたわ!涙が止まらんかった...」音楽が当たり前の日常に溶け込んでいるのである...これこそが音楽の持つ本来の意味、存在...LINKは、彼らと同じ高さで吐き出し続ける...あっという間の貴重な時間の体験であった...

 LINKのようなバンドが、BILLIE JOEというカリスマによって認められ世に出るのは、とっても誇らしい!私たちは、心の底から喜び、大きく手を振り、その旅立ちを祝うべきである!

 ところが、この国の人々は、いわゆる一般的なものが好きなようで、メディアで大きく、そして目に普通に飛び込んで来なければ、ダ〜〜〜ッと心はそこには流れては行かないようである。

 しかし!しかしである!今ここにもっとも注目すべき、絶対に触れるべき逸材が輝いているのである!ならばもっともっと心を開かねば...まだ少なからず碧い今だからこそ...

 LINK。彼らは、いずれ今のこの国の状況をゴロッと変えてくれる...といった可能性を持っている唯一無二な存在なのではないか?!そんなことばかり考えて独り熱くなっているオッサンである(笑)。

 今日このライブに来ていたアナタ、そしてこのTHE KIDS ARE ALRIGHT TOURに足を運んだキミたち...そのセンスはすごい!そしてその目とハートは正しい!そんな自分を誇りに思うべきだ!

 ライブが終わって、満面の笑顔を会場にふりまいていたRYOTAの表情が今も目の裏の方に焼き付いている...  何かが変わりそうだ...  そんな予感の夜だった...


report by kami

buttonmag files :
button型にはめて詰め込まれない、個々から湧き上がる形ない魂 : LINK with Hawaiian6 (03/11/22 @ Shinsaibashi Quattro) : report by sora
button何かが変わりそうな予感... : LINK with Hawaiian6 (03/11/22 @ Shinsaibashi Quattro) : report by kami
button一番最高なのは、あんた達だ! : Hawaiian 6 (03/9/13 @ Sapporo Bessie Hall) : report by shuma, photo by q_ta
buttonphoto report : LINK (03/2/27 @ Shibuya Club Quattro) :photo by maki

The official site of

LINK is;

http://www.h6.dion.ne.jp/~rocks/

ADELINE RECORDS
アルバムのチェックする?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by kami

button2003
button違和感こそが、真実のゴールデン・ハンマー!! : Super Furry Animals (20th Nov @ Osaka Big Cat)
button素敵なバカにノックアウトされた夜... : ELECTRIC SIX (17th Nov @ Shinsaibashi Quattro)
button火山列島日本。新しい活火山発見!その名は大阪城ホール!! : METALLICA (13th Nov @ Osakajo Hall)
buttonロックンロールの稲妻が走り抜けた夜 : THE MOONEY SUZUKI & CATO SALSA EXPERIENCE (10th Nov @ Shinsaibashi Quattro)
button「音楽が無かったら生きていけな〜い!」この言葉の本当の使い方 : buffalo daughter (9th Nov @ Shinsaibashi Quattro)
button魂の太陽に着火した真実のメッセージ : audio active (31st Oct. @ Shinsaibashi Quattro)
button黒いモノに挑む黄と赤のシンクロ 〜阪神タイガースとthe white stripes〜 : the white stripes with whirlwind heat (27th Oct @ Namba Hatch)
button人間の聴力の限界を越え、その先に見えたエクスタシー : OOIOO / KIM GORDON & The Sweet Ride (26th Oct. @ Shinsaibashi Quattro)
button自然の流れのまま、FREEDOMの中で踊り揺れながらの旅... : LABCRY (24th Oct. @ Shinsaibashi Quattro)
button満足...信頼...そこに産まれた絆は、とても深く、美しい... : Less Than Jake (22nd Oct. @ Shinsaibashi Quattro)
buttonそれは、あまりにもHAPPYでキラキラ輝いた時間 : R & R CIRCUS TOUR '03 featuring LAUGHIN'NOSE,SA with SOBUT,THE PEPPERMINT JAM (13th Oct. @ Shinsaibashi Quattro)
button希望と絶望のカオスが産み出す未来への真実のROCKの姿 : The Cooper Temple Clause (11th Oct. @ Osaka Big Cat)
buttonすべての人々と共有した同じ思い...、"幸せ" : Elvis Costello and Steve Nieve (4th Oct. @ Osaka Sankei Hall)
buttonno title : Banda Bassotti (11th May. @ Osaka Big Cat)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Yukinobu Kami. It may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page.