buttonElectric Six @ 新宿リキッドルーム (15th Nov '03)

おバカなんだけどかっこいいんだよなぁ
ELECTRIC SIX
 フジロックフェスティバルは毎年多くの未知なるミュージシャンを紹介してくれる。今年もたくさんの"幸せな出会い"を与えてくれたのだけれども、前夜祭と初日にレッドマーキーステージに登場した"ELECTRIC SIX"は最も重要なひとつだった。残念ながら初日のステージしか見ることが出来なかったのだが、それでも彼らの音楽とパフォーマンスのファンになるには十分すぎる内容のものだった。そうなってくると単独来日公演に行きたくなるのは当たり前の話しだ。しかし、少しばかり不安というか疑問もあった。単独公演ということは当然フェスよりもセットは長くなる。アルバムを1枚しか出していない彼らにとってフェスとは違った形でのパフォーマンスを披露することができるのだろうか? 新曲を織り交ぜるのだろうがその楽曲達は期待に応えてくれるものだろうか?どうなんだろう。
 19時の開演時間を10分程まわって"ELECTRIC SIX"登場。ヴォーカルのディックは頭に日の丸日本のハチマキ。いきなりかよ、つかみはオーケー。唐突に疾走するビートを繰り出し、予想以上に入ったお客さんも、1曲目から勢い良く飛び跳ねている、ディックは相変わらずヘンテコな踊りをしていて、その回りをフロントの弦楽器隊が縦横無尽に動き回ってフロアーを煽り倒している。

ELECTRIC SIX
ELECTRIC SIX

 コミカルとクールの奇妙なギャップがたまらない。おもむろにディックが視界から消える。どうやら腕立て伏せをしているらしい。あっ、また消えた。今度は腹筋か。ステージで体鍛えてどうすんだよ。しかし、おバカなだけじゃないのが彼らのすごい所。聞いたことのない曲は新曲なのかもしれないのだけれどカッコイイ。お客さんたちも激しく踊り、飛び、乗っかって反応を返す。
ELECTRIC SIX
 ステージ上の連中も凄く嬉しそうだ。かけ抜けるようなライブは徐々に熱さを増していき最初のハイライトは「Danger! High Voltage」でやってきた。小バカにしたようなギターのイントロが始まると会場中が大騒ぎ。「Danger!」の大合唱で地面がゆれる。さらに間奏中にディック君、やってくれました。おもむろに財布を取りだし、札束を数える。円か?ドルか?結構な枚数があるみたいだ。まさか、ばら撒くんじゃないだろうな。最前列に飛びこもうと身構えたと同時に、財布をポケットにしまいやがった。おいおい、この後の予定でも急に思いついて財布の中身が気になったか?まさか"ゲイバー"に行くんじゃないだろうな。見たこともないステージパフォーマンスを連発してくれる。 ELECTRIC SIX
ELECTRIC SIX

report by takao, photo by ryota
 はちきれるほど熱気が充満したライブは続きアンコールでさらにやってくれた。引っ込まないんだ、こいつら。全員で手を前に組み、下を向いている。客が手拍子と歓声で煽るが、中々動き出さない、さらに歓声は大きくなり、ようやく"再登場"で「Radio Ga Ga」・・・。やってくれる。でもって「Gay Bar」とくれば、まあハチャメチャになるね。えらい騒ぎだ。

 "ELECTRIC SIX"。おバカなんだけどかっこいいんだよなぁ。

buttonmag files :
buttonphoto report : (11/15 @ Shinjuku Liquid Room) : photo ryota
button楽しくなければロックじゃない : (11/15 @ Shinjuku Liquid Room) : review by nob, photo ryota
buttonおバカなんだけどかっこいいんだよなぁ : (11/15 @ Shinjuku Liquid Room) : review by takao, photo ryota
button正統派なのにおバカな愛しい奴ら : (11/17 @ Shinsaibashi Quattro) : review by shoko, photo ryota
button素敵なバカにノックアウトされた夜... : (11/17 @ Shinsaibashi Quattro) : review by kami, photo ryota

The official site of

ELECTRIC SIX is;

- http://www.electric6.com/
check the albums?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト

button2004

butonThe Jeevas(3rd Apr. @ Shibuya AX)
butonJET(4th Feb @ Shibuya AX)

button2003

buton黄色い声と心地よいメロディー : The All-American Rejects (1st Dec @ Shinjuku Liquid Room)
butonおバカなんだけどかっこいいんだよなぁ :
Electric Six (15th Nov @ Shinjuku Liquid Room)
butonアカクロシロ :
The White Stripes with WHIRLWIND HEAT (21st Oct @ Shibuya AX)
buton最高のひととき : Elvis Costello (1st Oct @ Nakano Sun Plaza)
buton幸福な出会いに乾杯 : 勝手にしやがれ (3rd June @ Shimokitazawa Shelter)
butonまた会うことができて本当に良かった : FEEDER (24th Mar @ Shibuya Club Quattro)
buton美しい音色のギターを彼は今でも弾いていた : Johnny Marr & The Healers (1st Mar. @ Nakano Sun Plaza)
buton進化する過程に居合わせる喜びにひたっていたら魂ぬかれた: Death In Vegas (5th Feb @ Shibuya Club Quattro)
buton年始早々良いもの見たね: The Jeevas (7th Jan @ Kawasaki Club Citta)


button2002

buttonKraftwerk : (13th Dec. @ Makugari Messe)
button三回目のレッチリ : Red Hot Chili Peppers (2nd Nov. @ Makuhari Messe)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Takao Mizukami and the copyright of the photos belongs to Ryota Mori. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.