buttonMOST and あぶらだこ @ 下北沢シェルター (3rd Nov. '03)

銭パンク魂2003 - PART 1 --
あぶらだこ
 今日のライブはひじょ〜に豪華だ。この2バンドが同時に見られるなんて大感激極まりない!とはいうもののわたくし、今まで一度も見たことないんです。どっちも。CDで聴くだけでも抜群の緊迫感を誇る両バンドのことだから、ライブでもってその空気感を体験していない僕のようなヤツは凄さの半分も分かっていないに違いない。しかしこんなビギナーにも非常に荒々しい形ではあったがパンクとはいかなるものなのか1から教えてくれるかのようにパンク魂の全てを注ぎ込んだ超絶ライブを見せてくれた。
 ハコは下北沢SHELTER。数あるライブハウスの中でも有名な場所だが、キャパは100人入るかどうかといった具合ではっきり言って小さい。開演ギリギリで会場入りしたので案の定なかはパンパンに埋まっていて前列どころか後列までギッシリ。なんてこった!不覚。。。などと思って階段付近で呆然としていたら定刻にあぶらだこが始まってしまった。死ぬまでに一度は拝むぞ!と意気込んでいたバンド、あぶらだこに対してこんな中途半端な心構えで初対面を果たしてしまうとは・・・。しかしそれにしても定刻にライブを始めるとは、なんていい人達なんだろう。ライブ開始は必ず押すだろうという甘ったれた固定観念にいきなり喝を入れられてしまったようだ。

あぶらだこ
あぶらだこ
あぶらだこ  ようやく少し落ち着いて見れそうな場所を確保すると、物凄い音のつぶてがパチパチとぶつかってくるような、なんといったらいいんだろうか、チクチクと感覚を刺激する音楽が聞こえてくる。こういう音は本当にたまらない。日常の生活ではとうてい聞こえてくることのない、不協和音だ。頭の中がくわぁ〜っとなってきてフワフワしてきたかと思ったら、えぐるようなベースと爆裂ドラムが突拍子もなく炸裂しすぐさま覚醒か!と思ったらパッと曲が終る。

あぶらだこ
 むちゃくちゃせわしないのだこの人たちは。まったく落ち着かない。佇まいもなんかおかしいと思うんだよね、すごく。ヴォーカルの目線はジョニー・ロットン以上に怪しい方向を向いてはブツブツ言ったり発狂絶叫の繰り返しで、たまにへんてこな笛を取り出しピロピロと吹き荒れるのだ。そして最後の曲が終ると、しれっとステージ脇に帰っていった。あっと言う間の40分だった。パンク、ポストパンクといった括りを飛び越えた本当にアバンギャルドなライブにそれこそ本物のパンク魂を垣間見たような気がした。

 あぶらだこが終ると帰ってしまう人もちらほらいてちょっと切なかったが、次はあのNOTRIOUSバンドの登場だ!ほんと気が気じゃない。最近届いたセカンドアルバムがシャレにならないくらい素晴らしく、パンクのエッセンスを全て注ぎ込んだ傑作だったのだから今回のレコ発ライブで目からうろこが飛び散ることは間違いないはずだ。
-->Part 2へ
reported by toddy and photo by nachi

buttonpreviouse mag files :
buttonphoto report : (03/5/20 @ Shimokitazawa 251) : photo by nachi
buttonphoto report1 : (02/3/10 @ Shibuya Club Quattro) : photo by saya38
buttonphoto report2 : (02/3/10 @ Shibuya Club Quattro) : photo by saya38

The official site of

MOST is ;

http://home.catv.ne.jp/dd/phew/

あぶらだこ ; is

http://www.yo.rim.or.jp/~bridge/oil.html
check the albums?

サーチ :
 
Amazon.co.jpアソシエイト
toddy's works---->2005

button2004

button妙子、たゆたう姿 : Taeko Onuki (04/12/23 @ 鎌倉芸術館)
button圧倒的なグルーヴ魂 : Wrench (04/12/22 @ Shibuya Club Quattro)
button存在感は力なり : Invisibleman's Deathbed (04/12/21 @ Shibuya Yaneura)
button1イルリメの殺陣、斬られて斬ってあぁ楽し : illreme with MELT-BANANA,TUCKER,ロボ宙 (04/12/06 @ Shibuya Club Quattro )
button1分・マゾンナ・ワンマン・shelter : MASONNA (04/11/23 @ Shimokitazawa Shelter )
button1ほんとうにこのライヴをいつも? : インビシブルマンズデスベッド (04/11/20 @ Shimokitazawa 251 )
buttonロックにやりたい女子どもよ、マフスを聴いて姉さんとなれ : the Muffs (04/10/29 @ Shibuya Club Quattro )
buttonギター引っ掻き回しとるだけとちゃいますよ : Ani Difranco、GO!GO!7188 and 山口洋-HEAT WAVE (04/10/07 @ Shibuya AX )
button今夜、すべてのパンクスへ : 町田康ユニット (04/10/01 @ Shinjyuku LOFT )
buttonいまさら悪態ついても仕方ねぇってこと : NEW YORK DOLLS (04/09/25 @ ZEPP TOKYO )
buttonゆるみまくりナイト 〜どこもかしこも FUCKING IN HEAVEN〜 : FATBOY SLIM (04/09/22 @ ageHa studio coast )
button究極のフリースタイラー、猫 : Cat Power and Women & Children (04/06/02 @ Shinjyuku LOFT )
button不滅の男 : 遠藤賢司 (04/06/03 @ Shibuya Club Quattro )
buttonここはどこ?爆音に誘われ何処へやら : ゆらゆら帝国, REBEL FAMILIA (04/05/07 @ Shinjyuku LOFT )
button音の宇宙、君はコスモを感じたことがあるか : Buffalo Daughter, audio active (04/04/17 @ Shinjyuku LOFT )
button「赤フンドシが盗まれた。」なんのこっちゃ!?なライヴ : Shibusa Shirazu (04/04/07 @ Shibuya Club Quattro)
button初のワンマンっていいね : Bleach (04/04/03 @ Shibuya BOXX)
buttonDVD Review : 『DIRECTORS LABEL BEST SELECTION』 : クリス・カニンガム (25th Mar)
buttonあ〜楽しかった : Morgan Fisher (04/03/16 @ Yokohama Motion Blue)
buttonDisc Review : 『渋星』 : 渋さ知らズ (9th Mar)
buttonDisc Review : 『Rebel Vibration』 / 『Dub From Creation』 : Creation Rebel (4th Mar)
button号鳴 : Ghost (17th Jan @ Ikebukuro Adm)
buttonグラインド!グラインド!グラインド!! : EXTREME THE DOJO vol.7 feat. 324, PIG DESTROYER, AxCx, NASUM, Napalm Death (12th Jan @ Shibuya Club Quattro)
buttonアフロは只者ではない : The Mars Volta (7th Jan @ Shibuya AX)

button2003

buttonなんでもありで何処までやれる? : Robert Randolph and The Family Band (9th Dec @ Shinjuku Liquidroom)
buttonこのまま突っ走れ!! : Bleach (1st Dec @ Shibuya Club Asia)
button4時間やりました! : Theatre Brook (24th Nov @ Shinjuku Loft)
buttonメタリカのファンは世界一だ : METALLICA (11th Nov @ Saitama Super Arena)
button銭パンク魂2003 : MOST with Aburadako (3rd Nov @ Shimokitazawa Shelter)
button6人の怒れる男 : The Cooper Temple Clause (15th Oct @ Shinjuku Liquid Room)
buttonJBのキラキラ☆エンターテイメントショー : James Brown (3rd Oct @ Nihon Budokan)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Ryota "toddy" Toda and the same of the photos belongs to Nachi Yamazaki. It may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.