buttonLABCRY @ Shinsaibashi Quattro (24th Oct '03)

自然の流れのまま、FREEDOMの中で踊り揺れながらの旅...
part1

LABCRY

 音楽というものは、とても自由なものなのである。そのなかでもROCKという音楽は、さらにFREEDOMへの解放へと向かう辿り着くところの無い永遠なる鍵なのだ!つまりこれを手にした(というか心にした...)ものたちは、人間だけでなくこの世に創造されるもの全て、自由というものに触れることができる権利を得たことになるのである。

 LABCRYの6人は自由に溢れている。FREEDOMの中で踊り揺れている...それだけに羨ましい、そして悔しい...それは私がそこへ向かうまだ旅の途中であるから...
LABCRY
 さてそのライブだが、予想通りジャム的なスタイルでのオープニングとなった。三沢洋紀(Vo&G)が中心のバンドのはずだが、それすらこの自然発生的空気の中で体験すると曖昧なもので、隣で一歩前でギターを掻き鳴らすNANA(G&Vo)、心地よいグルーヴを創り出す清水恒輔(B)と斉藤晃彦(Ds)、心臓にドッと腰を下ろすように身体に溶け込む宮地健作(Key)のオルガン、ピアノそしてローズの音色。そして何と言っても血液の中に電流を送り込まれているような村上ゴンゾ(Synth.etc)のノイズの数々...計算はされてはいるのであろうが、ライブという機会を使って音楽バカたちが堂々とステージの上でジャム・セッションしているような...とにかくこんなにも身体ごとどっかに持って行かれる感を味わったライブは過去にあまり出会った記憶は無い。
 彼らは、自分たちが目覚め回帰するために試すルーツ的音楽と、笑顔で飄々とカエルの解剖をするかのごとくジャムを続け産まれる実験的音楽を、ただ交互に、時には同時に、自然の流れのまま、立ち止まりながらも前を向き旅をしているだけなのであろう...

 会場は、ゆ〜っくりと温まり、何かこの秋という良い季節にLABCRYという太陽にポッカポッカ気分になって芝生の上でいつの間にか眠ってしまうような、安心感を身体全体が受け入れようとした瞬間...も〜ライブは後半戦へ。
LABCRY
report by kami and photo by ikesan
Part2

button他のライター、写真家によるページ :
button自然の流れのまま、FREEDOMの中で踊り揺れながらの旅... : (10/24 @ 心斎橋クアトロ) reviewed by kami, photo by ikesan
button最もポピュラーで最もスタンダードな者達 : (10/24 @ 心斎橋クアトロ) reviewed by sora, photo by ikesan
buttonphoto report : (10/25 @ 渋谷クアトロ) photo by keco

The official site of

LABCRY is;

- http://sound.jp/diaspora/labcry.html

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to Yukinobu Kami and the same of the photos belongs to Tsuyoshi "ikesan" Ikegami. They may not be reproduced in any form whatsoever.
To The Top.