button White Stripes @ Shibuya AX (22nd Oct '03)

ふたりのSMショー - part1 -


White Stripes
 長く待つのにも飽きたお客さんたちが、SEで流れているイギー・ポップの"I Wanna Be Your Dog"で騒ぎ始めた。いくら待つたって待たせすぎだろ、イライラは頂点に達した。そこにようやく、ジャックとメグが現れる。そして、ジャックは"I Wanna Be Your Dog"のリフを刻み始める。単なるお遊びでリフを弾いているのかなと思ったら、真剣に歌まで歌い始めた。そこに、メグがドラムでリズムをつけるんだけど、それが微妙に速くなったり、遅くなったりする。リズムキープが出来ないのか、ワザとなのか、ワザとなら虐めなのだが、それでもしっかりついてくるジャックが健気だ。
 ステージにはジャックとメグの2人だけ、シンプルなステージ・・・なのか?向かって右にハモンドオルガンらしきキーボード、中央にマイクスタンド、左にドラムセットであるけど、ドラムセットの前にもメグと向き合って歌えるように、もう一本マイクスタンドがある(名づけて「メグマイク」)。一見、シンプルに見えて実はワケ分からんというのはホワイトストライプスの音楽そのものじゃないだろうか。

White Stripes
White Stripes

 それ にしても、メグほど体をクネクネさせてドラムを叩く人は見たことない。少しでも手が空くと髪をかき上げ「早起きはイヤなのよ〜。朝は苦手で」なんて言いそうな気だるそうな感じ。それでいて、シャープっていうか、倦怠を引き裂くようなドラムを叩いている。リズムにあわせて揺れまくる巨乳ももちろん凄い。
 4曲目くらいか?曲名は忘れたが、体を少しのけぞらせてバスドラのペダルを踏んでいるだけのときのメグの様子は「私の靴をお舐め」それとも「こう踏むのが気持ちいいのか?」って感じ だ。そういうときにジャックは律儀にメグマイクで歌っている。そして、アッ!!と気付いたのは、このライヴはメグ女王様によるSMショーなのだということ。ステージの上では、姉に仕える弟を配し、始まる前にお客さんを長く待たせたのは放置プレイ。そして放置プレイ明けの一曲目が"I Wanna Be Your Dog"なんだもの、完璧狙っているでしょ。
--->Part2


report by nob and photos by saya38

buttonmag files : The White Stripes

buttonCD review : elephant : (03/12/08) review by 田中喬史
button黒いモノに挑む黄と赤のシンクロ 〜阪神タイガースとthe white stripes〜 : (03/10/27 @ Namba Hatch) review by kami, photos by ikesan
buttonillustration report : (03/10/23 @ Nagoya Club Quattro) illustration by chika
buttonRight On White - Jack and Meg earn their Stripes : (03/10/22 @ Shibuya AX) review by jinki, photos by saya38
buttonふたりのSMショー. : (03/10/22 @ Shibuya AX) review by nob, photos by saya38
buttonphoto report. : (03/10/22 @ Shibuya AX) photos by saya38
buttonヘンゼルとグレーテルは魔女を焼く : (03/10/21 @ Shibuya AX) review by chihiro, photos by izumikuma
buttonアカクロシロ : (03/10/21 @ Shibuya AX) review by takao, photos by izumikuma
buttonCD review : White Blood Cells : (03/02/02) review by なな

The official site
White Stripes
- http://www.whitestripes.com/



check 'em? --> The White Stripes
the latest album

The White Stripes

"elephant"
(国内盤 / US import / US import - enhanced / UK import)



the latest DVD

The White Stripes

"Candy Coloured Blues: Unauthorized"
(import?)


the previous works

The White Stripes

"White Blood Cells"
(国内盤 / US import / UK import)


"The White Stripes"
(US import / UK import / 国内盤)
"De Stijl"
(US import / UK import / 国内盤)
"Dead Leaves & The Dirty Ground"
(UK import)
"Hotel Yorba"
(UK import)
"Fell in Love With a Girl, Pt. 1"
(UK import)
"Maximum White Stripes"
(UK import)
"I Just Don't Know What to Do With Myself"
(UK import)



check the albums?

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
nob's works-->2004

button2003

button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 新宿フォーク、東京WATTS、千葉レーダ、百怪の行列! (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
button終わりでなく、出発として : Beach / 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonフォークって何? : 新宿フォーク (18th Dec @ Kichijoji Planet K)
button「コンピュータが作った音」なんて存在しない : FRONT CHAPTER VOL.2 featuring DJ BAKU, THA BLUE HERB, NUMB and BOOM BOOM SATELLITES @ Shibuya Club Quattro (24th Dec '03 @ Shibuya Club Quattro)
button柔も剛もよく柔も剛も制す : Bleach / 東京ピンサロックス (21st Dec @ Utsunomiya Vogue)
button爆音の砂嵐へ : Bleach (17th Dec @ Chiba Look)
buttonから騒ぎの後で : t.A.T.u. (2nd Dec @ Tokyo Dome)
button今、走り出していく : Bleach (22nd Nov @ Shinjuku Antoknock)
button楽しくなければロックじゃない : ELECTRIC SIX (15th Nov @ Shinjuku Liquid Room)
button老いは恥ずべきことじゃない : METALLICA (7th Nov @ Yoyogi Daiichi Taiikukan)
buttonスチュワートに敬意を表して : MOGWAI (25th Nov @ Shibuya AX)
buttonInterview with bleach : 裸になってやっているから (6th Nov.)
buttonふたりのSMショー : The White Stripes (22nd Oct @ Shibuya AX)
buttonでかいフェスやレイヴばかりじゃない野外で聴く音はたくさんある
(in summer '03 @ various venue)
buttonGSを知らない子供たち : The Captains (9th Oct @ Shibuya Nest)
button日本人的な、あまりにも日本人的なバンド : BACK DROP BOMB (5th Oct @ ZEPP Tokyo)
button白装束集団 : MONGHANG (21st Sep. @ Aoyama CAY)
button愛と笑いの夜: 千葉レーダ、ゲビル、漁港(15 Sep @ Akihabara Goodman)
buttonもう一度ブラフマンを信じようと思う : BRAHMAN (12th Sep. @ Shinkiba Studio Coast)
buttonロックで街おこし : 氣志團万博 (30th Aug. @ Kazusa Glover park)
button雲の上、星空の下のレイヴパーティー : METAMORPHOSE (23rd Aug. @ Nihon Land Now Yuenchi)
button眠りのうた/夜明けの歌 : eastern youth / Misako Odani (7th Sep. @ Fukuoka Drum Logos)
buttonI wish you were here with me : Radiohead (3rd Aug. @ Chiba Marine Stadium)
buttonひとりのおばさんとして : Patti Smith (16th July. @ Akasaka Blitz)
buttonアがりつづける男: Theatre Brook (22nd June. @ Shinjuku Liquid Room)
buttonEverything's gonna be alright : Thee Michelle Gun Elephant (14th June. @ Zepp Tokyo)
buttonまた暑い夏が来る... : eastern youth (5th June. @ Akasaka Blitz)
button歯を磨けよ〜: MURDERDOLLS (25th May. @ Shibuya AX)
button秋葉原CLUB GOODMANのこと: ナツメン、bossston cruising mania、モーサムトーンベンダー、BONDAGE FRUIT (23rd May. @ Akihabara Goodman)
button楽器を抱けるプレーヤー: 勝手にしやがれ (16th May. @ Shimokitazawa Club Que)
buttonNさんの話: Salsa Gum Tape, Banda Bassotti & 忌野清志郎 (13th May. @ Shyibuya Club Asia)
buttonライヴハウス巡り: 千葉レーダ、漁港、鳥肌実、百怪の行列 (9th May. @ Akihabara Goodman)
buttonう〜ん、Heaven is a place on earth! : String Cheese Incident(12th Apr. @ Shibuya AX)
button4時間ノンストップ : Asia Dub Foundation (2nd Apr. @ Akasaka Blitz)
buttonsinger, rapper, rocker & entertainer! :BECK (1st Apr. @ Nihon Budokan)
button「伝える」ということ : Massive Attack (25th mar. @ Tokyo Bay NK Hall)
button祝!チベタン出演決定、まだまだ行けるぞ!: MO'SOME TONEBENDER (28th Mar. @ Shibuya Club Quattro)
buttonお前はどうなんだ : eastern youth (20th Mar. @ Shibuya Club Quattro)
buttonやっぱ、プロだぁ : Andrew WK (18th Mar. @ Akazaka Blitz)
button新宿ロフトにて: 宙ブラリ、MONG-HANG、DMBQ (9th Mar. @ Shinjuku Loft)
button空気を和ませるギターノイズ: The Breeders (7th Mar. @ Shibuya Club Quattro)
buttonジョニーは何故、スミスから逃れられないか : Johnny Marr & The Healers (1st Mar. @ Shinjuku Liquid Room)
buttonストーン・ローゼスをカヴァーするブルースマン : John Squire (20th Feb. @ Shibuya Club Quattro)
buttonソニックユースをめぐる断章 : Sonic Youth (17th Feb. @ Akasaka Blitz)
buttonこんな楽しいパンクがあるなんて! : THE PARKINSONS etc (20th Jan. @ Shinjuku Loft)
buttonこれから始まるんだ : The Jeevas (14th Jan. @ Shibuya QX)
buttonライヴハウス巡り: 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR、秋葉原CLUB GOODMAN (10th / 11th Jan.)
buttonシルベットは夢を見る : JUDE (8th Jan. @ Shibuya Kokaido)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to "saya38" Takahashi. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.