buttonMONGHANG @ AoyamaCAY (21st Sept '03)

白装束集団


MONGHANG
 このバンドを語るのは、本当に難しい。観てもらうのが一番だと思う。いや、どんなバンドだって観てもらうのが一番なんだけど、この「何じゃ、こりゃ」というインパクトはそんなに滅多に味わえるものではない。

 まず、ステージに揃ったメンバーを見てみよう。ヴォーカルは頭に葉っぱや羽根の飾りをつけて、髭面である。一応、なんかの教祖?という突っ込みを入れておく。隣にいるベーシストは首長族みたいに首に何個も金属の輪をはめている。パーカッションの一人は顔面に銀色のペイントをしている。他はギター&キーボード、もう一人パーカッション、ドラムという6人編成である。以前観たときにはギターがもう一人いたと思ったけど、脱退したようだ。そして、メンバー全員が白装束である。例のパナウエーブの事件のときはちょうどアメリカツアー中で騒ぎに巻き込まれないで済んだのが運が良かったくらい、それだけで怪しい雰囲気がある。そもそもヴォーカルの名前が「バ」である。「バ」が歌うのは「オッパ」とか「アウ〜」とか意味のない単語ばかり。もちろんMCもなし。べーシストはケイタイモ・ウジャ・ビンビンという。というか、普段メンバー内では何と呼び合ってるのだろうか?
MONGHANGMONGHANG
MONGHANG
 時折イエスみたいなプログレらしいギターのフレーズが顔を出したりするのでプログレ風味もあるし、ロックンロール、ファンク、人力トランスが混ざったというか、雑然と同居している。それでいて散漫な印象はなく、どこを切ってもMONG−HANG印の音になっている。ただアメリカやイラクへ行っていた間に、音がハードになって攻撃的になった感じがした。
MONGHANG

 そうなると、あとに残るのは「音楽の力」と「笑い」そして「何じゃこりゃ」というインパクトだけだ。それだけで勝負している彼らは潔い。笑いと共に踊り出したくなるようなリズム、グルーヴ、ノリ、何でもいいけど、観ている者を巻き込んでいくお祭りバンドなのだ。だからこそ、アメリカにもイラクにも行けるのだろう。このバンドをみんなもいち早く体験してほしい!・・・と書いたらギター&キーボードとパーカッションが脱退。特にギター&キーボードは多彩な音を出していてバンドの要なのだけど。せっかく来年のフジのヘヴン辺りで観たいと思ったのに・・・あー。


report by nob and photo by nachi
 1〜2年前くらいから何回かライヴを観ているけど、回を重ねるにつれて笑い声が大きくなる。MONG−HANGは共感を呼ぶ歌詞を歌ったり、前向きに生きろとかの分かりやすいメッセージを伝えたりしない、あまりにも謎なのでメンバーのパーソナリティに思い入れを持てないし、誰も顔がイイ男はいないし、「何とかの世代」といくつかのバンドのグループでくくることも出来ない。要するにロッキン・オン・ジャパンには載せにくそうなバンドなのだ。ヒーローにして崇めたり、個人の思い入れタップリにバンドへの共感を語ることはできない。

MONGHANG
MONGHANG

The official site of

MONGHANG is;

- http://www.monghang.com/

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
nob's works-->2004

button2003

button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 新宿フォーク、東京WATTS、千葉レーダ、百怪の行列! (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
button終わりでなく、出発として : Beach / 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonフォークって何? : 新宿フォーク (18th Dec @ Kichijoji Planet K)
button「コンピュータが作った音」なんて存在しない : FRONT CHAPTER VOL.2 featuring DJ BAKU, THA BLUE HERB, NUMB and BOOM BOOM SATELLITES @ Shibuya Club Quattro (24th Dec '03 @ Shibuya Club Quattro)
button柔も剛もよく柔も剛も制す : Bleach / 東京ピンサロックス (21st Dec @ Utsunomiya Vogue)
button爆音の砂嵐へ : Bleach (17th Dec @ Chiba Look)
buttonから騒ぎの後で : t.A.T.u. (2nd Dec @ Tokyo Dome)
button今、走り出していく : Bleach (22nd Nov @ Shinjuku Antoknock)
button楽しくなければロックじゃない : ELECTRIC SIX (15th Nov @ Shinjuku Liquid Room)
button老いは恥ずべきことじゃない : METALLICA (7th Nov @ Yoyogi Daiichi Taiikukan)
buttonスチュワートに敬意を表して : MOGWAI (25th Nov @ Shibuya AX)
buttonInterview with bleach : 裸になってやっているから (6th Nov.)
buttonふたりのSMショー : The White Stripes (22nd Oct @ Shibuya AX)
buttonでかいフェスやレイヴばかりじゃない野外で聴く音はたくさんある
(in summer '03 @ various venue)
buttonGSを知らない子供たち : The Captains (9th Oct @ Shibuya Nest)
button日本人的な、あまりにも日本人的なバンド : BACK DROP BOMB (5th Oct @ ZEPP Tokyo)
button白装束集団 : MONGHANG (21st Sep. @ Aoyama CAY)
button愛と笑いの夜: 千葉レーダ、ゲビル、漁港(15 Sep @ Akihabara Goodman)
buttonもう一度ブラフマンを信じようと思う : BRAHMAN (12th Sep. @ Shinkiba Studio Coast)
buttonロックで街おこし : 氣志團万博 (30th Aug. @ Kazusa Glover park)
button雲の上、星空の下のレイヴパーティー : METAMORPHOSE (23rd Aug. @ Nihon Land Now Yuenchi)
button眠りのうた/夜明けの歌 : eastern youth / Misako Odani (7th Sep. @ Fukuoka Drum Logos)
buttonI wish you were here with me : Radiohead (3rd Aug. @ Chiba Marine Stadium)
buttonひとりのおばさんとして : Patti Smith (16th July. @ Akasaka Blitz)
buttonアがりつづける男: Theatre Brook (22nd June. @ Shinjuku Liquid Room)
buttonEverything's gonna be alright : Thee Michelle Gun Elephant (14th June. @ Zepp Tokyo)
buttonまた暑い夏が来る... : eastern youth (5th June. @ Akasaka Blitz)
button歯を磨けよ〜: MURDERDOLLS (25th May. @ Shibuya AX)
button秋葉原CLUB GOODMANのこと: ナツメン、bossston cruising mania、モーサムトーンベンダー、BONDAGE FRUIT (23rd May. @ Akihabara Goodman)
button楽器を抱けるプレーヤー: 勝手にしやがれ (16th May. @ Shimokitazawa Club Que)
buttonNさんの話: Salsa Gum Tape, Banda Bassotti & 忌野清志郎 (13th May. @ Shyibuya Club Asia)
buttonライヴハウス巡り: 千葉レーダ、漁港、鳥肌実、百怪の行列 (9th May. @ Akihabara Goodman)
buttonう〜ん、Heaven is a place on earth! : String Cheese Incident(12th Apr. @ Shibuya AX)
button4時間ノンストップ : Asia Dub Foundation (2nd Apr. @ Akasaka Blitz)
buttonsinger, rapper, rocker & entertainer! :BECK (1st Apr. @ Nihon Budokan)
button「伝える」ということ : Massive Attack (25th mar. @ Tokyo Bay NK Hall)
button祝!チベタン出演決定、まだまだ行けるぞ!: MO'SOME TONEBENDER (28th Mar. @ Shibuya Club Quattro)
buttonお前はどうなんだ : eastern youth (20th Mar. @ Shibuya Club Quattro)
buttonやっぱ、プロだぁ : Andrew WK (18th Mar. @ Akazaka Blitz)
button新宿ロフトにて: 宙ブラリ、MONG-HANG、DMBQ (9th Mar. @ Shinjuku Loft)
button空気を和ませるギターノイズ: The Breeders (7th Mar. @ Shibuya Club Quattro)
buttonジョニーは何故、スミスから逃れられないか : Johnny Marr & The Healers (1st Mar. @ Shinjuku Liquid Room)
buttonストーン・ローゼスをカヴァーするブルースマン : John Squire (20th Feb. @ Shibuya Club Quattro)
buttonソニックユースをめぐる断章 : Sonic Youth (17th Feb. @ Akasaka Blitz)
buttonこんな楽しいパンクがあるなんて! : THE PARKINSONS etc (20th Jan. @ Shinjuku Loft)
buttonこれから始まるんだ : The Jeevas (14th Jan. @ Shibuya QX)
buttonライヴハウス巡り: 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR、秋葉原CLUB GOODMAN (10th / 11th Jan.)
buttonシルベットは夢を見る : JUDE (8th Jan. @ Shibuya Kokaido)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to Nachi Yamazaki. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.