buttonBanda Bassotti @ 大阪BIG CAT (11th May '03)

PUNKの本質か、変幻自在のSKAか、またはCALCHO ROCK?-- part1

Banda Bassotti

 オープニングはトランペット・ソロのイントロダクションと、メンバー全員での厳粛なハミングのコーラスで始まった。どこか記憶の彼方で聞いたような気がする。フロアから「ラピュタ? ラピュタ?」「ナウシカ?」といったささやきが聞こえてくるのだが(たしかに…)、これはニューアルバムでカヴァーされている旧ソ連のレッドアーミーの美しい祖国のことを唱った歌。今では歴史のなかに埋もれてしまった歌だが、この日演奏された"赤い月"や"エブロの浅瀬"のように、労働歌やトラッドソングをBANDA BASSOTTIはよくカヴァーしている。どこかレトロなメロディーなのだが、それがなんというか、本当に格好いい。

 なんだろう。実直なまでの土臭さというか油臭さというか、男臭さといったらいいのだろうか。そういう類いの格好よさをそこはかとなく漂わせている。それこそリアルパンクの手触りなのかもしれない。このレッドアーミーの歌も、厳粛なコーラスに徐々に力強い歌が乗り、やがて最初のギターリフが掻き鳴らされると。

Banda Bassotti
Banda Bassotti  のっけから物凄い勢いのモッシュが始まってしまった。そして後から後から人がなだれ込んでくる。これは去年のフジロックとまったく同じじゃないか! で、安全第一、ぼくもそのときと同じように後ろのほうへと退散する。2曲目は前作のオープニングを飾る疾走するようなスカ/パンク・チューンで、フロアからは早くもかけ声が上がる。みんな実に楽しそう。バンドのほうがフロアの加速度についていけないのじゃないか、と心配になってきた。ピッキオは少し疲労が溜まっているのか(早朝からマイクロバスで東名阪を移動してのツアーなのだ)歌声が途切れがちだが、会場はおかまいなしに盛り上がっていく。
Banda Bassotti
 ライヴの後でピッキオが「お客さんのリアクションが物凄くて、圧倒されて、思わず息が詰まって呼吸できなかったんだよ」と言っていたのだが、ジェットラグの抜ける間もなくステージに上がった去年のフジロックでも、ピッキオは実は同じことを言っていた。本当は体調が悪くても、そんなオーディエンスの熱狂的な反応を体の真正面で受け止めて、さらにテンションを上げてパフォーマンスしてしまうのがこの人。顔が石田靖に似ているなあと勝手に思って親しみを感じているのだが、オンステージでもオフステージでも、本当に真摯な、ハートのある姿勢をもった人なのだとつくづく思う。

 ピッキオが石田靖なら、コミカルな動きを絶えず織り交ぜるホーンセクションの3人、トランペットのステファノ、サックスのマウリッシオ、トロンボーンのサンドカンは、なんだか吉本新喜劇を見ているようでやっぱり親しみやすい。演奏のないパートのときはジャンプしたりターンしたり客を煽ったりと、陽気なムードメーカーを務めるのだが、演奏のほうもとても厚みのあるおおらかな音色を聞かせてくれる。ホーンセクションに限らず、このおおらかさがなんといってもBANDA BASSOTTIの最大の魅力。本当にとことんポジティヴなのだ。

report by ken and photo by hanasan
Banda Bassotti

--->Part2

Banda Bassotti Japan tour
5th May @ Ueno The Church
10th May @ Bottom Line in Nagoya
11th May @ Big Cat, Osaka photos / review
12th May @ Kawasaki Club Citta, with Doberman, Oi Skall Mates & Rude Bones
13th May @ Shibuya Club Asia with Salsa Gum Tape and 忌野清志郎

Street Beat Festival in Italy
19th April in Bergamo with Brahman
18th April in Genova : with Brahman
17th April in Pisa with Brahman
12th April @ Villageo Globale in Rome with The Unity Squad / Rude Bones & Mongol 800
11th April @ Villageo Globale in Rome with Betaggari / Brahman / Obrint Pas
29th March @ Leonkavallo in Milan with Dobernman & Capdown
28th March @ Pedro in Padova with Capdown & Doberman
27th March @ Container in Bologna with Doberman & Capdown
26th March @ Auditorium Flog in Firence with Capdown & Doberman

The official site of Banda Bassotti
--http://www.bandabassotti.org/

Gridalo Forte Records
--http://www.gridaloforte.com/

Tour schedule of Banda Bassotti
is here

アルバムのチェックする?

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

Banda Bassotti

the latest album
"Asi Es Mi VIDA"


無断転載を禁じます。The copyright of the text belongs to Kentaro "ken" Kodama and the same of the photos and text belongs to Koichi "hanasan" Hanafusa ("The voice of Silence"). They may not be reproduced in any form whatsoever.
To The Top.