buttonString Cheese Incident @ Shibuya AX (12th April '03)

う〜ん、Heaven is a place on earth!


String Cheese Incident
 仕事を終えてAXに駆け込むとロビーに沢山の人たちがいる。カメラ担当のMさんに よると、第一部が終わって今は休憩時間だそうだ。何だ残念、今日は土曜だからライ ヴの始まりも早いんだな。周りを見回すと、いろんな人がいる。Mさんと「この人た ちは普段どこで何して、何で食っているんだろうね」と話し合う。フロアの扉を開け ると、お香やら何やらいろんな匂いが飛び込んでくる。ステージにはトンボやトカゲ や月が描かれているマンダラが飾ってあって、目の前では朝起きた格好そのままとい う、あまりにもカジュアルな外国人が外で買ってきたと思われる缶ビールを飲んでい る。この雰囲気、あまりにもフィールド・オブ・ヘヴンなのだ。フジロックを体験し た人ならお分かりだろうけど、ユルイ空気が流れ、みんながマッタリとしつつも、踊 りたいという気持ちを刺激されるような空間。これはFOHや朝霧や野外レイヴでしか 味わえないかと思いきや、渋谷AXの扉を押したら、そこがヘヴンだったのである。
String Cheese Incident

 フロアは埋め尽くされ、2階席も満杯のようだ。見回すと、野外レイヴでよくいる ような人たち、ベビーカーの親子とかもいるし、光るモノ(ルミカとか)を身につけ ている人も多いし、男は長髪・ヒゲ率が高い。女の人は肩を出したドレスを着てたり と、いい感じの人もいたりする。仕事帰りでスーツ姿のおれは完全に浮いている。そ うこうしているうちに第2部が始まる。まずキーボードの人が出てきてアナログシン セをいじる。今のシンセはひとつのキーを押すだけでアルペジオを奏でてくれるから いいよなー。そして次々とメンバーが登場する。最後に出てきた蓮池薫氏にそっくり な東洋系の人が持っている楽器は何なんだ!?ギターよりもボディが小さくて弦が5 つしかない。それでいてギター並の音が出るのだ。
String Cheese Incident
String Cheese Incident
 フロアは、もともと踊る気が充満しているところへ持って来てロック、カント リー、ファンク、フォーク、レゲエなどが混ざった音楽をやるもんだから、いきなり 盛り上がる。この盛り上がり方は野外レイヴと同じような感じだった。根がプログレ 者の自分としては、明るくてユル〜いイエスのようだった。この場合の「ユル〜い」 というのは、演奏はタイトなんだけど、やっている人たちに広い心というか、さまざ まものを飲み込んでしまおうと、余裕を感じられるという意味での、誉め言葉なんだ けども。

 場所を移動してステージに向かって左側に行くと、録音エリアになっていて2メー トル以上はあるマイクスタンドが何本も立っていた。思えば朝霧のギャラクティック も録音がOKだったし、グレイトフルデッドの流れを汲むバンドは、録音OKが多いって ことか。
String Cheese Incident

String Cheese Incident

 ファンキーな感じの曲でヒゲのギタリストの方が振り付きで「ジェリーフィッシュ がなんとかかんとか」といっている歌のときにフロアから豆電球とビニールひもで飾 られたビニール傘が掲げられた。電気クラゲ?とか思っていたら「クラゲウミノウ エ」ん!?これは日本語か?そんなサービスをしたりする。

 ステージにはルックスがいい人がいるわけでもなく、「誰に」とかでなく、音楽の 力そのもので盛り上がるライヴだった。アンコールの1曲目はキーボードの人が 「チャチャチャチャッチャッチャー」と弾いて、もしやあの曲ではと思ったらやは り、スティーヴィー・ワンダーの"Superstition"だった。これはめちゃめちゃ盛り上 がった。都会にヘヴンを持ち込むなんて有り得ない話だと思っていたけど、いいバン ドとお客さんが作る空気で再現できるんだと感じた。この日来たみなさん、ヘヴン、 そして朝霧で会いましょう。
report by nob and photo by mari

The official site of

String Cheese Incident is;

- http://www.stringcheeseincident.com/
check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
nob's works-->2004

button2003

button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 新宿フォーク、東京WATTS、千葉レーダ、百怪の行列! (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
button終わりでなく、出発として : Beach / 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonフォークって何? : 新宿フォーク (18th Dec @ Kichijoji Planet K)
button「コンピュータが作った音」なんて存在しない : FRONT CHAPTER VOL.2 featuring DJ BAKU, THA BLUE HERB, NUMB and BOOM BOOM SATELLITES @ Shibuya Club Quattro (24th Dec '03 @ Shibuya Club Quattro)
button柔も剛もよく柔も剛も制す : Bleach / 東京ピンサロックス (21st Dec @ Utsunomiya Vogue)
button爆音の砂嵐へ : Bleach (17th Dec @ Chiba Look)
buttonから騒ぎの後で : t.A.T.u. (2nd Dec @ Tokyo Dome)
button今、走り出していく : Bleach (22nd Nov @ Shinjuku Antoknock)
button楽しくなければロックじゃない : ELECTRIC SIX (15th Nov @ Shinjuku Liquid Room)
button老いは恥ずべきことじゃない : METALLICA (7th Nov @ Yoyogi Daiichi Taiikukan)
buttonスチュワートに敬意を表して : MOGWAI (25th Nov @ Shibuya AX)
buttonInterview with bleach : 裸になってやっているから (6th Nov.)
buttonふたりのSMショー : The White Stripes (22nd Oct @ Shibuya AX)
buttonでかいフェスやレイヴばかりじゃない野外で聴く音はたくさんある
(in summer '03 @ various venue)
buttonGSを知らない子供たち : The Captains (9th Oct @ Shibuya Nest)
button日本人的な、あまりにも日本人的なバンド : BACK DROP BOMB (5th Oct @ ZEPP Tokyo)
button白装束集団 : MONGHANG (21st Sep. @ Aoyama CAY)
button愛と笑いの夜: 千葉レーダ、ゲビル、漁港(15 Sep @ Akihabara Goodman)
buttonもう一度ブラフマンを信じようと思う : BRAHMAN (12th Sep. @ Shinkiba Studio Coast)
buttonロックで街おこし : 氣志團万博 (30th Aug. @ Kazusa Glover park)
button雲の上、星空の下のレイヴパーティー : METAMORPHOSE (23rd Aug. @ Nihon Land Now Yuenchi)
button眠りのうた/夜明けの歌 : eastern youth / Misako Odani (7th Sep. @ Fukuoka Drum Logos)
buttonI wish you were here with me : Radiohead (3rd Aug. @ Chiba Marine Stadium)
buttonひとりのおばさんとして : Patti Smith (16th July. @ Akasaka Blitz)
buttonアがりつづける男: Theatre Brook (22nd June. @ Shinjuku Liquid Room)
buttonEverything's gonna be alright : Thee Michelle Gun Elephant (14th June. @ Zepp Tokyo)
buttonまた暑い夏が来る... : eastern youth (5th June. @ Akasaka Blitz)
button歯を磨けよ〜: MURDERDOLLS (25th May. @ Shibuya AX)
button秋葉原CLUB GOODMANのこと: ナツメン、bossston cruising mania、モーサムトーンベンダー、BONDAGE FRUIT (23rd May. @ Akihabara Goodman)
button楽器を抱けるプレーヤー: 勝手にしやがれ (16th May. @ Shimokitazawa Club Que)
buttonNさんの話: Salsa Gum Tape, Banda Bassotti & 忌野清志郎 (13th May. @ Shyibuya Club Asia)
buttonライヴハウス巡り: 千葉レーダ、漁港、鳥肌実、百怪の行列 (9th May. @ Akihabara Goodman)
buttonう〜ん、Heaven is a place on earth! : String Cheese Incident(12th Apr. @ Shibuya AX)
button4時間ノンストップ : Asia Dub Foundation (2nd Apr. @ Akasaka Blitz)
buttonsinger, rapper, rocker & entertainer! :BECK (1st Apr. @ Nihon Budokan)
button「伝える」ということ : Massive Attack (25th mar. @ Tokyo Bay NK Hall)
button祝!チベタン出演決定、まだまだ行けるぞ!: MO'SOME TONEBENDER (28th Mar. @ Shibuya Club Quattro)
buttonお前はどうなんだ : eastern youth (20th Mar. @ Shibuya Club Quattro)
buttonやっぱ、プロだぁ : Andrew WK (18th Mar. @ Akazaka Blitz)
button新宿ロフトにて: 宙ブラリ、MONG-HANG、DMBQ (9th Mar. @ Shinjuku Loft)
button空気を和ませるギターノイズ: The Breeders (7th Mar. @ Shibuya Club Quattro)
buttonジョニーは何故、スミスから逃れられないか : Johnny Marr & The Healers (1st Mar. @ Shinjuku Liquid Room)
buttonストーン・ローゼスをカヴァーするブルースマン : John Squire (20th Feb. @ Shibuya Club Quattro)
buttonソニックユースをめぐる断章 : Sonic Youth (17th Feb. @ Akasaka Blitz)
buttonこんな楽しいパンクがあるなんて! : THE PARKINSONS etc (20th Jan. @ Shinjuku Loft)
buttonこれから始まるんだ : The Jeevas (14th Jan. @ Shibuya QX)
buttonライヴハウス巡り: 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR、秋葉原CLUB GOODMAN (10th / 11th Jan.)
buttonシルベットは夢を見る : JUDE (8th Jan. @ Shibuya Kokaido)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to Marimi "mari" Horimoto. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.