buttonAsian Dub Foundation @ Kawasaki Club Citta (5th April '03)

最後列までバッキンバッキン -- Part1 --

Asian Dub Foundation
 さあ今回はすごいぞ。ここ数年ハコの中で観たものの中ではたぶん一番ヤバかったライブだ。どうやって伝えればいいかちょっと途方に暮れるくらいスゴい。とりあえず状況をいえば、エイジアン・ダブ・ファンデーションのツアー・ファイナルで、しかも川崎クラブチッタでのスタンディング・オール・ナイト。チケットはもちろんソールドアウト。後から考えてみればこの時点で既に客のテンションぱきぱきに上がるのは必至である。読めずにいた自分が馬鹿だった......

Asian Dub Foundation


 DJタイムを挟んで、いよいよエイジアンダブ登場直前。とりあえず、「どうせスタンディングだし、バッグ持ったままだけどまあ近くで観ておこう」と比較的前方に移動する。これが後から考えれば最大の敗因ナリ。ちなみにこの時点で、まだDJの曲が流れているだけなのにすでに小さなモッシュ・サークルが出来てたりする。なんなんだこれは。それを見て軽く微妙な予感。そしてとうとう、ステージに人影が立った。

report by joe and photo by maki
*なお、写真は4/2の赤坂ブリッツでのものを使用しています。
Asian Dub Foundation
 会場に着いた頃にはもう共演のDRY & HEAVYのライブが始まっていた。ドラヘビのライブ自体は何度か観たことがあるし、かなり好きなバンドだ。最後の曲ではADFのギターが飛び入りという場面も観られた。しかし、本当にドラヘビファンや当人達には悪いんだけど、そんな場面すらも印象が薄れる位この後のADFライブの衝撃は本当にすごかった。精神的な意味合いでも、物理的な「衝撃」でも。(念のため大急ぎで繰り返しておきますが、ドラヘビは本当にいいバンドです。ただ、ADFとは並列で較べるべき位置にはいないと思います。もちろんどっちがいい悪いの話じゃなくてね)

Asian Dub Foundation



to part2
The official site

Asian Dub Fundation

http://www.asiandubfoundation.com/
check the ablums?

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
joe's works

button2003

button瀟洒なハコにダンディな奴等がハマる : 勝手にしやがれ (30th Dec @ Shibuya Club Quattro)
buttonウワサは当てになる : Bleach (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
button完成度の高いミクスチャー : 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonインストとかを忘れさせる圧倒的ステージ!! : LOSALIOS (18th Dec @ Shibuya AX)
button分厚い刃物で押しつぶされた夜 : METALLICA (6th Nov @ Yoyogi Daiichi-Taiikukaikan)
button世界の終わり、そして始まり : Thee Michelle Gun Elephant (11th Oct @ Makuhari Messe)
button最小編成というプロデュース : ELVIS COSTELLO and Steve Nieve (1st Oct @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall)
buttonメロコア死すともVANDALS死せず!? : THE VANDALS (16th Aug @ Shibuya Club Quattro)
buttoninterview : パンキッシュな「和」の風情!? : サンボマスター (17th Jul)
buttoninterview : 強烈下ネタバンド!? : オナニーマシーン (17th Jul)
button最後列までバッキンバッキン : Asian Dub Foundation (5th Apr @ Kawasaki Club Citta)
button小宇宙のプロデューサー !? : BECK (29th Mar @ Tokyo Bay NK Hall)
buttonライヴに行くべし! : eastern youth (25th Mar @ Yokohama Club 24)


button2002

buttonすべてはつながる... : The 3PEACE (10th Nov @ Shimokitazawa Shelter)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Joe Takamatsu and the same of the photos belongs to Makiko "maki" Endo. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.