buttonFeeder @ Shibuya Club Quattro (24st March '03)

また会うことができて本当に良かった。

Feeder

Feeder  大きな悲しい出来事があって、それはバンドを続けていく事を困難にさせる程のものだったけれども彼らは"Comfort In Sound"を届けてくれた。 内なる情熱と衝動と問いかけを心地よくてどこか切ないメロディにのせて。

 会場にいたみんなの笑顔が期待と不安と少しばかりの寂しさをたたえている様に見えて、始まる前は少し感傷的になってしまった。

 彼らが再び歩き始めたことを来ていた人達は心から歓迎して体一杯を使って喜びを表していたんじゃないかな。

 感情を一杯に込めて歌い、ギターをかき鳴らし、ベースを力強く弾く。時折見せるグラントの少し照れくさそうな笑顔はとてもチャーミングで、激しく飛び跳ねてベースを振りまわすタカさんの姿には勇気をもらえた。

Feeder
 経験した出来事を消化して表現することは簡単にできるものでないと思うけれども二人はちゃんと示してくれた。

 サポートメンバーに支えられて攻撃力を更に強くした演奏と、広く深くなったメロディワーク。何よりもありのままにFEEDERはそこにいてそのことがたまらなくうれしかった。"We Can't Rewind"のイントロが流れてきた時は鳥肌が立ってサビのリフレインでは涙が出そうになっちゃった。

 センチメンタルな気持ちになってしまって立ち尽くしていたら"Insimnia"で奮い立たせてくれた。「元気出していこうゼ!」って言われているみたいでなんだか申し訳ない気持ちになったね。

 "Seven Days In The Sun"" Waiting For Changes" "High"、お気に入りの曲のイントロが流れるたびに元気が増して大声で歌ってしまった。最後の"Just A Day"なんて揉みくちゃになりながらコブシを掲げて、ありったけの声を出したからすっかり喉がつぶれちゃった。

Feeder

Feeder

 二人になったFEEDERにどうしても会いたかったのと、彼らの創る音楽が大好きな人間がいるという事を伝えたいと思ったからライブに足を運んだんだけれども逆に大きなものを貰った気がする。

 身体の一部分を切り離されてしまうような悲しい事があっても、その事は他人に想像は出来ても理解することはできない。それでも歩いていかなくてはいけない、色々な人や信じるものに支えられて。そんな事を素直に信じることができるショーだった。

 苗場でもう一度彼らに会いたいな。

report by takao and photo by mari


The official site of
Feeder is;
- http://www.feederweb.com/

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2004

butonThe Jeevas(3rd Apr. @ Shibuya AX)
butonJET(4th Feb @ Shibuya AX)

button2003

buton黄色い声と心地よいメロディー : The All-American Rejects (1st Dec @ Shinjuku Liquid Room)
butonおバカなんだけどかっこいいんだよなぁ :
Electric Six (15th Nov @ Shinjuku Liquid Room)
butonアカクロシロ :
The White Stripes with WHIRLWIND HEAT (21st Oct @ Shibuya AX)
buton最高のひととき : Elvis Costello (1st Oct @ Nakano Sun Plaza)
buton幸福な出会いに乾杯 : 勝手にしやがれ (3rd June @ Shimokitazawa Shelter)
butonまた会うことができて本当に良かった : FEEDER (24th Mar @ Shibuya Club Quattro)
buton美しい音色のギターを彼は今でも弾いていた : Johnny Marr & The Healers (1st Mar. @ Nakano Sun Plaza)
buton進化する過程に居合わせる喜びにひたっていたら魂ぬかれた: Death In Vegas (5th Feb @ Shibuya Club Quattro)
buton年始早々良いもの見たね: The Jeevas (7th Jan @ Kawasaki Club Citta)


button2002

buttonKraftwerk : (13th Dec. @ Makugari Messe)
button三回目のレッチリ : Red Hot Chili Peppers (2nd Nov. @ Makuhari Messe)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Takao Mizukami and the same of the photos belongs to Marimi "mari" Horimoto. .They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.