buttonEastern Youth @ Shibuya Club Quattro(20th March '03)

お前はどうなんだ

Eastern Youth
Eastern YouthEastern YouthEastern Youth
 イースタンユースのライヴについて書くのは本当に難しい。彼らはいつだって素晴らしく、ハズレに当たったことがない。かと言って毎度毎度同じことを書きたくない。気合い、迫力、叫び、男気という彼らのライヴで常套句になっている言葉を出来るだけ使いたくない。それでイメージを固定されるのではないか。もっと彼らは自由だし、様々なレッテル貼りに反発して、それを必死にかわそうとしているからだ。

 それにライヴの素晴らしさが読んだ人に伝わっているのか、イースタンに関しては自信がない。それは自分に表現する能力がないからなのか、こんなもんじゃないだろう、もっと凄いはずだ、単にやった曲やMCや歌詞を書き連ねただけでいいのか。「ライヴに来い、そして体験しろ」だけでいいのではないか。そんな気がする。

 自分がこうしてイースタンのライヴに足を運ぶのは、その音の塊を体験するためな のだと思う。ラストの"踵鳴る"の最初の一音が鳴ったときのドカン!と来たとき、こ れがイースタンユースに求めているものなんだと思った。その音だけで自分は充分な のだ。
 一応、レポートのようなものを;半年ぶりに観るイースタンユースは、曲と曲との間を物思いにふけるようなスローなジャムセッションでつないだり、吉野は「友達はちょっとはいる」とMCしたり(いつもは「友達はいない」とか言っている)、合唱するお客さんが増えたり、ダイバーに怒らなくなったり、新しいアルバムからの曲が多かったり、やはりMCで戦争に触れるけど「俺にはそれに比べればちっぽけなことだけど、もっと悲しいことがあった」と、しばらく観ないうちに変わったなと思うところはあるけど、基本的にはいつもと同じである。
Eastern Youth
Eastern Youth
Eastern Youth  そして、いつも素晴らしいと感じるのは、先のことをあれこれ考えず、目の前にあることに対して全力を注ぎ込むこと、自分の力を信じ、手探りでいいから、そこから始めていくこと、その姿勢がギターのノイズになって、ベースのうねりになって、ドラムを叩く音になって、声になって、ぶつかってくるからだ。そして「俺らはここまでやった、お前はどうなんだ」と問い掛けられているような鋭さを持って聴く者の心に飛び込んで来るのである。

-- set list --

自由 / 走る自画像 / ポケットから手を出せないでいる / 無用ノ助 / スローモーション / 東京快晴摂氏零度 / 破戒無慙八月 / 黒い太陽 / 夜の追憶 / 秋風と野郎達 / ドアを開ける俺

-- encore --

世界は割れ響く耳鳴りのようだ / 踵鳴る
report by nob and photos by maki

The official site

eastern youth

http://www.saka-sho.co.jp/

Toy's Factoryによる
アーティストページはこちら
check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
nob's works

button2003

button終わりでなく、出発として : Beach / 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonフォークって何? : 新宿フォーク (18th Dec @ Kichijoji Planet K)
button「コンピュータが作った音」なんて存在しない : FRONT CHAPTER VOL.2 featuring DJ BAKU, THA BLUE HERB, NUMB and BOOM BOOM SATELLITES @ Shibuya Club Quattro (24th Dec '03 @ Shibuya Club Quattro)
button柔も剛もよく柔も剛も制す : Bleach / 東京ピンサロックス (21st Dec @ Utsunomiya Vogue)
button爆音の砂嵐へ : Bleach (17th Dec @ Chiba Look)
buttonから騒ぎの後で : t.A.T.u. (2nd Dec @ Tokyo Dome)
button今、走り出していく : Bleach (22nd Nov @ Shinjuku Antoknock)
button楽しくなければロックじゃない : ELECTRIC SIX (15th Nov @ Shinjuku Liquid Room)
button老いは恥ずべきことじゃない : METALLICA (7th Nov @ Yoyogi Daiichi Taiikukan)
buttonスチュワートに敬意を表して : MOGWAI (25th Nov @ Shibuya AX)
buttonふたりのSMショー : The White Stripes (22nd Oct @ Shibuya AX)
buttonでかいフェスやレイヴばかりじゃない野外で聴く音はたくさんある
(in summer '03 @ various venue)
buttonGSを知らない子供たち : The Captains (9th Oct @ Shibuya Nest)
button日本人的な、あまりにも日本人的なバンド : BACK DROP BOMB (5th Oct @ ZEPP Tokyo)
button白装束集団 : MONGHANG (21st Sep. @ Aoyama CAY)
button愛と笑いの夜: 千葉レーダ、ゲビル、漁港(15 Sep @ Akihabara Goodman)
buttonもう一度ブラフマンを信じようと思う : BRAHMAN (12th Sep. @ Shinkiba Studio Coast)
buttonロックで街おこし : 氣志團万博 (30th Aug. @ Kazusa Glover park)
button雲の上、星空の下のレイヴパーティー : METAMORPHOSE (23rd Aug. @ Nihon Land Now Yuenchi)
button眠りのうた/夜明けの歌 : eastern youth / Misako Odani (7th Sep. @ Fukuoka Drum Logos)
buttonI wish you were here with me : Radiohead (3rd Aug. @ Chiba Marine Stadium)
buttonひとりのおばさんとして : Patti Smith (16th July. @ Akasaka Blitz)
buttonアがりつづける男: Theatre Brook (22nd June. @ Shinjuku Liquid Room)
buttonEverything's gonna be alright : Thee Michelle Gun Elephant (14th June. @ Zepp Tokyo)
buttonまた暑い夏が来る... : eastern youth (5th June. @ Akasaka Blitz)
button歯を磨けよ〜: MURDERDOLLS (25th May. @ Shibuya AX)
button楽器を抱けるプレーヤー: 勝手にしやがれ (16th May. @ Shimokitazawa Club Que)
buttonNさんの話: Salsa Gum Tape, Banda Bassotti & 忌野清志郎 (13th May. @ Shyibuya Club Asia)
buttonう〜ん、Heaven is a place on earth! : String Cheese Incident(12th Apr. @ Shibuya AX)
button4時間ノンストップ : Asia Dub Foundation (2nd Apr. @ Akasaka Blitz)
buttonsinger, rapper, rocker & entertainer! :BECK (1st Apr. @ Nihon Budokan)
button「伝える」ということ : Massive Attack (25th mar. @ Tokyo Bay NK Hall)
button祝!チベタン出演決定、まだまだ行けるぞ!: MO'SOME TONEBENDER (28th Mar. @ Shibuya Club Quattro)
buttonお前はどうなんだ : eastern youth (20th Mar. @ Shibuya Club Quattro)
buttonやっぱ、プロだぁ : Andrew WK (18th Mar. @ Akazaka Blitz)
button空気を和ませるギターノイズ: The Breeders (7th Mar. @ Shibuya Club Quattro)
buttonジョニーは何故、スミスから逃れられないか : Johnny Marr & The Healers (1st Mar. @ Shinjuku Liquid Room)
buttonストーン・ローゼスをカヴァーするブルースマン : John Squire (20th Feb. @ Shibuya Club Quattro)
buttonソニックユースをめぐる断章 : Sonic Youth (17th Feb. @ Akasaka Blitz)
buttonこんな楽しいパンクがあるなんて! : THE PARKINSONS etc (20th Jan. @ Shinjuku Loft)
buttonこれから始まるんだ : The Jeevas (14th Jan. @ Shibuya QX)
buttonシルベットは夢を見る : JUDE (8th Jan. @ Shibuya Kokaido)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to Makiko "maki" Endo. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.