buttonHundred Reason @ Shinsaibashi Quattro (17th Jan '03)

Reasons to return 〜100の理由はこの汗の中!

Hundred Reason

 昨夏のフジロック2日目。前日、師匠パティ・スミスのヘヴンでの夢から覚めやらぬ頭で向かったレッド・マーキーで、ガツンと一発!喰らわせてくれたのがハンドレッド・リーズンズだった。曲も何も知らずに行ったが、ヴォーカル君を始め、とにかく皆ステージで跳びまくる。そのエネルギッシュなステージに前方は大暴れエリアと化した。次に控えるザ・ミュージックの「壮絶マーキー札止め伝説」の興奮も、実はこの時既に始まっていたのかもしれない。

Hundred Reason
Hundred Reason
 あれから半年、初の単独公演での再来日だ。後になって聴いたアルバム[IDEAS ABOVE OUR STATION]は、とりわけ新しくはないが、爆音疾走の中に一瞬光るメロディにやられた。ロンドン郊外の出身だから、一応はUKロックだが、今時パンク、エモコア…。う〜ん、呼び方はとにかくあのパワーだ。今日はカウンター避難が無難かも、と思って行くと、これがびっくりするほど人が少ない。おいおい、あの時マーキーで盛り上がった皆はどこ行ったんだ??

 それでもこれ幸いと最前左端でスタンバイしていると、定刻を15分程過ぎ、懐かしの大ヒット、ヨーロッパの"The Final Countdown"が。まるでプロレスの選手入場なオープニングに場内大ウケ。コンニチワ〜!の絶叫と共に"I'LL FIND YOU" でスタートするやいなや、ヴォーカルのコリンを筆頭にドラム以外のメンバーが前後左右に入り乱れて跳ぶ、跳ぶ、跳ぶ。金髪崩れアフロなイメージが強かったコリンの頭は、さらに崩れてバサバサ・カーリーになってもうユサユサ。フジでも強烈だったあの走り跳びアクションの連打だ。カメラさん、今だっ!この瞬間だよっ!とこの夜何回思ったことやら。

 残る4人の叩き出すドカドカ音にも負けないぶっといヴォーカルと、そこに時折重なるコーラスの爽快さ。こっちも歌詞なんて知らなくても、拳振り上げて叫びまくる。"DISSOLVE"ではその合間に右端にあるキーボードもしっかり弾いてと大忙しだ。新曲も交えながらビシバシ突っ走るセットはどんどん過熱し、いつのまにかダイバーも出て、スタッフが大慌て柵前に走る。かと思うと、「THE ROCK ROCK バーの人、いる? 昨日はホントにごめんね」と突然の謝罪が。ん?店で何をやらかしたのやら。それでも「今日この後も行くからみんな来てね」と懲りてない様子。終盤、彼ら一番の泣き曲、"FALTER"では皆も手を上げて揺れている。シンプルかつドラマティックでコーラスのハモりも印象的な1曲、ああ、生だとやっぱりグッと来るよ。

 コリンとラリーの二人だけで披露した裏"FALTER"とも言うべきスロー・ナンバー"AVALANCHE"でもそうだが、暴れ曲の谷間だけにふと見せるメロディが何より際立つ。ライヴでのこの持ち味は「歌ごころ」と骨太ロックの「パワー」を併せ持つステレオフォニックスにも通じる気がするな。再度メンバー全員で"WHAT THOUGHT DID"に突入する頃にはまたまたダイヴ続出!アンコールなしでラスト"IF I COULD"まで1時間きっかりの疾走ライヴは本当にすがすがしいものだった。直球エネルギー全開、その圧倒的パワーと、隙間にキラキラ光るメロディの素晴らしさ。両者が紡ぎ出す彼らの魅力「100の理由」。それはどんな言葉よりも確実に、この汗だくの身体が知っている。

Hundred ReasonHundred Reason
Hundred Reason
--- set list (原文のまま) ---

1.I'LL FIND YOU
2.ANSWERS
3.DISSOLVE
4.DROWNING
5.LULLABY
6.SILVER
7.SOAP BOX
8.MY SYMPATHY
9.F1
10.ORATORIO
11.SHINE
12.FALTER
13.REMMUS
14.AVALANCHE
15.WHAT THOUGHT DID
16.IF I COULD

report by ikuyo and photo by ikesan

関連サイト(情報をお寄せください)

Hundred Reason
official site :
http://www.hundredreasons.com/

アルバムのチェックする?
最大30%OFFのCD&DVD「BOXセットセール」実施中!

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

無断転載を禁じます。The copyright of the text belongs to Ikuyo Kotani and the same of the photos
belongs to Tsuyoshi "ikesan" Ikegami. They may not be reproduced in any form whatsoever.
To The Top.