buttonMo'some Tonebender
@ Shinjuku Liquid Room (20th Dec '02)

やり取りのあるライヴ


Mo'some Tonebender
 やり取りのあるライヴを観たい。一方から音やメッセージを受けとるのでなくて、メンバー同士やバンドとお客さんと、音やエネルギー――大げさな言い方だと魂をやりとりしているライヴを観たい。

 今まで、モーサムトーンベンダーのライヴはバンドのエネルギーがすご過ぎて、お客さんが呆然として立ち尽くすのだった。それはそれで良かったし、去年から今年にかけてバンドが猛烈に変化していく様子に立ち会えて感謝なのだが、この日のライヴは、とうとうそのエネルギーが循環し始めたと感じた。今年1年、充実した彼らのライヴの東京での締めくくりがこうなったのは、お客さんたちがエネルギーを返すようになったからだろう。
Mo'some Tonebender
Mo'some TonebenderMo'some Tonebender
Mo'some Tonebender


 彼らは観るたびに新たな「ネタ」を仕込んでくるのだけど、この日の武井はリーゼントにサングラスで登場して、横浜銀蝿を思い出させた。ツッパリハイスクール・ロックンロール。それから"DRUM & NOISE"で武井は突然スティックを持って太鼓を乱れ打ち。変なポジションに太鼓があるなぁと思ったら、このためだった。その曲からモーサム風人力トランスの"LAKE SIDE"へのなだれ込みも良かった。
 いつもならラストに持ってくる"未来は今"〜"HigH"〜"echo"が中盤で演奏されるし、激しい曲で終わると思いきや、"ONE STAR"でめちゃくちゃスローでディープ、かつサイケデリックな世界で余韻が残るようなラストだった。

Mo'some Tonebender
Mo'some Tonebender
Mo'some Tonebender
Mo'some Tonebender
 狂っていてヘヴィな演奏から綺麗なハーモニーの中間部をはさんで、元のヘヴィに戻る"DUMDUM PARTY"みたいに遊んでるところと真剣なところ、ハードでヘヴィなとこ ろとサイケでフワフワしたところが混ざりあって、このバンドはまたひとつ段階を上 がった。以前このバンドのことを「さなぎが蝶になる瞬間」と書いたけど、それから 1年たって、その蝶がとてつもなく高いところで飛び回っているようになった。その ジャンプのきっかけになった曲の"未来は今"〜"HigH"や"見知らぬところ"のときの バーーンと視界が開けた感じは強烈だ。
Mo'some Tonebender
 下北沢シェルターから2度のフジを経てリキッドルームへとライヴを重ねて大きくなってきて、それにつれて立ちすくんでいたお客さんも"冷たいコード"での「オイッ!」のように、どのように返したらいいのか出来上がってきたかに見える。でも、このバンドはまだこれからなのだ。このような変化の過程をリアルタイムで見ることができるのはとてつもない幸福でなのある。
---setlist---

1.凡人のロックンロール
2.DAWN ROCK
3.ウッ!!
4.カム
5.ジョニー・ボーイの話
6.カリフォルニアガール
7.革命のうた
8.DRUM & NOISE
9.LAKE SIDE
10.idiot
11.FREEZE
12.未来は今
13.HigH
14.echo
15.PHASE 807
16.見知らぬところ
17.壊れているよ
18.モダンラヴァーズボレロ
19.冷たいコード
20.DUMDUM PARTY
21.ONE STAR
Mo'some Tonebender
report by nob and photo by saya38
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files :

buttonやり取りのあるライヴ (02/12/20 @ Shinjuku Liquidroom) : review by nob, photo by saya38
buttonこの2つのバンドの組み合わせは最高! (02/08/29 @ Shibuya Quattro) : review by nob
button迫力の都 (02/03/17 @ Shibuya Quattro) : review by nob
button激しさに聞き入る (02/03/05 @ Yokohama FAD) : review by dak
buttonphoto report (02/02/25 @ Shinjuku Liquidroom) : photo by hanasan

==>top page : JPN / ENG

The official site

MO'SOME TONEBENDER

http://www.mosome.com/

The latest album

MO'SOME TONEBENDER

"HELLO"


previous works


check the albums?

search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト
nob's works-->2003

button2002

button自由・平等・博愛 : KMUEI (27th Dec @ Akasaka Blitz)
buttonやり取りのあるライヴ : Mo'some Tonebender (20th Dec @ Shinjuku Liquid Room)
buttonエレクトラグライドでの4人の話 : Electraglide 2002 (13th Dec @ Makuhari Messe)
buttonno title : bleach (6th Dec @ Hamamatsucho Junk Box)
buttonラウドなだけじゃない、メロディも聴け : Back Drop Bomb (2nd Dec @ Shibuya Quattro)
buttonWhite Noise Vol.4 : ボストン・クルージング・マニア, GROUP (1st Dec @ Shibuya Nest)
buttonno title : 漁港 (29th Nov @ Shimokitazawa Shelter)
button初期ロキシー?ノイズ?GS? : Invisiblemansdeathhead (23rd Nov @ Shimokitazawa Shelter)
buttonまさにロックンロール : Primal Scream with Boom Boom Satelites (16th Nov @ ZEPP Tokyo)
button光と影/カリフォルニアの橋の下で : Red Hot Chili Peppers (2nd Nov @ Makuhari Messe)
button君が光を運んでくる : Underworld (25th Oct @ Makuhari Messe)
button日常を共に歩むバンド : PEALOUT (24th Sept @ Shibuya Quattro)
button今年は雨 : Asagiri Jam "It's A Beautiful Day" (28th 29th Sept @ Asagiri Arena)
buttonどーする、オアシス〜 : OASIS (26th Sept @ Yoyogi Daiichi Taiikukan)
buttonあの事件の後で... : MOBY (9th Sept. @ Akasaka Blitz)
buttonこの2つのバンドの組み合わせは最高! : 54-71/Mo'some Tonebender (29th Aug @ Shibuya Quattro)
button高円寺阿波踊り : (28th Aug in Koenji)
button bossston cruising mania : (27th Aug @Akihabara Goodman)
button bleach : (23rd Aug @ Shimokitazawa Shelter)
buttonイースタンユースは老舗の料理店である : eastern youth (15th Jul. @ Shibuya AX)
buttonテクノ・ワールドカップ!? : Fatboy Slim etc... (1st Jun. @ Makuhari Messe)
button音楽好きが集まってバカやっている感じ : weekend lovers (11th May. @ Akasaka Blitz)
buttonこの老人力を見よ! : ホルガー・シューカイ/ROVO (29th Apr. @ Aoyama CAY)
button二宮さんについて : eastern youth (16th Apr. @ Shibuya Quattro)
button迫力の都 : モーサム・トーンベンダー (17th Mar. @ Shibuya Quattro)
buttonオゾマトリの行くところに祭りあり : OZOMATLI (14th Mar. @ Shinjuku Liquid Room)
button1時間30分の愉楽 : Brahman (24th Feb. @ Akasaka Blitz)
button音楽の果て、至上の時 : The Chemical Brothers (22nd Feb. @ Akasaka Blitz)
button失われたディスコを求めて! : Basement Jaxx (1st Feb. @ ZEPP Tokyo)
buttonいつも軽やかに、心を伝うメロディー : OCEAN COLOUR SCENE (28th Jan. @ Shinjuku Liquid Room)
button捨てた後に残ったものの美 : Ron Sexsmith (13th Jan. @ Shibuya Quattro)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to saya38" Takahashi. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.