OCEAN COLOUR SCENE at オンエア大阪(2002年1月25日)
『定番』という普遍性

 都会のモダンな箱、といった感じの会場のON AIR WESTは満員御礼。といってもギュウギュウ詰めじゃなく、人間ひとり最低限の空間占有率は確保できる、ちょうどいい塩梅で、後ろの方でビール片手に見ても、ちゃんとくつろげて、そんなにステージが遠いとも感じない。こういう贅沢さもまたいい。周囲を見渡すと、この日の男子のUMBRO着用率の高さと、女子のおしゃれ度とイケてる度の高さが目につく。個性的だけどコンサヴァティヴ 〜 オーシャンの音楽とも合い通じるものがある。

 そんな大阪の観客の気を知ってか知らずか、B.のデーモンはなぜかイタリア代表(もちろんサッカーの)アズーリのジャージ姿。G.のスティーヴはトレードマークだったキャスケットを最近は被っていないし、やんちゃな印象の抜けたVo.のサイモンにしろ、けっこうおっさんになったなぁ、と思ってしまう。そうか、デビューしてもう10年か、ってことはBLURとかと同期? 先日食事した店でなぜか、ちょうどその頃のヒット曲、P.M.DAWNとかEMFとかシャニースの"I Love Your Smile"とかばかり流れていて、めっちゃ懐かしく感じたのだが、十年ひと昔、ということかもしれない。

 1曲目〜2曲目、お約束の"Hundred Mile High City"と"The Circle"からお馴染みの"Profit In Peace"、"Travellers Tune"、中盤のアコースティック・セットでしっとりと歌い上げられた"Beside Yourself"、サイモンの例の手拍子のパフォーマンスで始まり、サビでスティーヴとの完璧なハモりを聴かせてくれる"Jury"、"Better Day"。『定番』と呼べる曲の数々。新作に偏ることなくファンが聴きたい曲を、惜し気もなくしっかりと聴かせてくれる構成も、そしてなによりもTHE BEATLES 〜 SMALL FACESの系譜から受け継がれるメロディの美しさを、億劫がることなく力強い武器にして、重くタイトなサウンドにのせて歌い上げる姿に、OCEAN COLOUR SCENEというバンドがこの10年をかけて得てきた『貫禄』を、十二分に示してくれたライヴだった。

 そんなライヴのクライマックスが、当然のように会場全体で「Ooh, ooh, La,la ! Ooh,ooh,La,la ! 」の大合唱になった"The Day We Caught The Train"で、そしてその後に続いた、ブルージーでスケールの大きなアンサンブルを堪能した"Get Away"。サイモンがわざと歌わずに、ちょうどコール&レスポンスのようになっていた「Ooh,ooh,La,la」の大合唱のときはまるで、熱狂的なサポーターがおらが贔屓のチー ムに大声援で応じている光景を、スタジアムの少し離れてた所から見ているような感覚だった。B.のデーモンはセットの早いうちにアズーリのジャージを脱ぎ捨て、白い日本代表のユニフォーム姿になっていた。それはこの日、UMBROを着て集結したサポーターたちへの返答なのだろう。

 そこには言葉を越えて通じる"ことば"があるみたいだった。だから逆に歌が英語じゃなくて、エイリアン語でもいいから、なにかまったくわからない言語で歌われたほうが良かったなぁと、少しないものねだりをしてしまいました。...そのほうが"ことば"がもっと通じるような気が、ふとしたからだ。

 アンコールでさりげなく織り交ぜた(あの)"Live Foever"のフレーズにしろそう。これには会場からどよめきが起こっていた。そしてサイモンの手拍子から変則拍子のリズムからギターからなにから、全部が抜群に格好いい"The Riverboat Song"。そこにある『貫禄』は生半可なものじゃなかった。この1曲だけ聴きにきたとしても、チケット代が高くないと思えるくらい。OCEAN COLOUR SCENE、なにがなんでもライヴが見逃せないバンドがまた増えてしまったなぁ。嬉しい悲鳴である。

report by kentaro.


無断転載を禁じます。The copyright of the text belongs to Kentaro Kodama. They may not be reproduced in any form whatsoever.
To The Top.