Sloan at 心斎橋クアトロ(2002年1月14日)

隙間だらけの手作りライヴがいい!


 まずはゲストのママスタジヲがピコピコと何やら楽しいイントロに乗って登場。歯切れのいい手作りポップはスローンの前座も納得だ。紅一点のベース嬢が歌うザ・フーのカバー"ハッピージャック"もとってもかわいいヴァージョンに変身。あっという間に30分ほどが過ぎ、午後7時前、いよいよスローンの登場だ。

 最新作「プリティ・トゥゲザー」と同じくThis song is dedicated to you――の、クリスのMCに続いて、オープニングは思いきりロックン・ロールな"IF IT FEELS GOOD DO IT"。ドラムのビートの合間に皆でさっそくスローン・コール応酬。よしよし、相変わらずいいノリでスタートだ。と、「手の骨折っちゃったよ」というクリスの右手をよく見ると白いギブスが。だいじょうぶなの?と思っていると、今度は右端に立っていたジェイがそのかぼそい声でヴォーカルを取る"THE LINES YOU AMEND"へ。

 曲によってヴォーカルが代わったりするのはティーン・エイジ・ファンクラブも同じだが、スローンの場合はあれほど完璧ではなくて、おまけにせわしないぐらい各自の楽器パートも入れ替わる。もう6枚もアルバムを出してる10年選手、来日も3回目なのに、いつ見ても「じゃ、今度は俺がギターでおまえはドラムな」とばかりに席替えしつつ、まるで放課後のクラブ活動ムードで進めていくのだ。で、さっきまではドラムのアンドルーが奥から出てきて、ギターとヴォーカルにチェンジして"THE GREAT WALL"へ。

 ギターのイントロ、ほんのワン・フレーズのだけでわっと歓声が上がったのは"COAX ME"。このキュンと来るメロディとハーモニー、今でも私の大好きな1曲だ。「プリティ・トゥゲザー」をベースにそれぞれのアルバムからメリハリつけた選曲のはずが、突如聞き覚えのないナンバーが。何とセックス・ピストルズの"NEW YORK"!忘れもしない「勝手にしやがれ!」のアルバムに収録の1曲だ。とは言え、やはり怒っていないスローンがやると、一瞬それとはわからないパワー・ポップにまとまってしまうところがすごい。「誰かピストルズ見たことある?」って聞いてるのに、いまいち反応がないのは知らない人が多かったのか。ちなみに私は再結成来日のピストルズを見たぞ。

 今日「スローン・コール」のリードを取っていたのは、最前に陣取るモントリオール出身のファン。途中、モントリオールでのライヴでモッシュ・ピットのファンと押し合いになってマイクが倒れて...とクリスが怪我をした経緯を日本語で懸命に説明してくれた。すっかりなごんだ後、夢は叶うよ――と"YOUR DREAMS HAVE COME TRUE"の美しいハーモニーが続き、いつものノリノリ・ナンバー"MONEY CITY MANIACS"でいったん終了後、またまたスローン・コールが始まる。アンコールではパトリックが初めてドラムに挑戦、アンドルーはキーボードに。CANNED HEAT の "ON THE ROAD AGAIN"も交え、ラストはハードなギターとコーラスがせめぎあう"UNDERWHELMED"。

 また来るよと言って4人がステージを去った後、ふと思った。相変わらず上達しない隙間だらけの手作りライヴ。初来日から欠かさず通えば、もうアルバムでの完璧なまでのメロディやハーモニーとの落差もよく知っているのに、ライヴの度に失望もせずまた行きたいと思うのは何故だろう? 文句のつけようのない音で圧倒したり、息をもつかせぬエンタテインメントを披露するバンドは数知れない。それでもいつまでも変わらずいい歌を作っていてと応援したくなるスローン。本当に人の心を捉え続けるものとは、必ずしも完成度の高いものや美しいものばかりではなく、むしろその隙間や、それを楽しむ気持ちにこそ息づいているのかもしれない。

--- SET LIST ---

1.IF IT FEELS GOOD DO IT
2.THE OTHER MAN
3.THE LINES YOU AMEND
4.EVERYTHING YOU'VE DONE WRONG
5.I LOVE A LONG GOODBYE
6.THE GREAT WALL
7.HELEN
8.IT'S IN YOUR EYES
9.TAKE GOOD CARE OF THE POOR BOY
10.COAX ME
11.WHO YOU TALKIN' TO?
12.THE GOOD IN EVERYONE
13.NEW YORK
14.NEVER SEEING THE GROUND FOR THE SKY
15.YOUR DREAMS HAVE COME TRUE
16.KEEP ON THINKIN'
17.DREAMING OF YOU
18.PICK IT UP AND DIAL IT
19.MONEY CITY MANIACS

---ENCORE---

20.HAD ENOUGH
21.ON THE ROAD AGAIN 〜UNDERWHELMED

report by ikuyo.
ikuyo's works

button2002

button聴け、真の轟音を! RAGING SPEEDHORN : (6th Dec @ Shinsaibashi Quattro)
buttonガラージ・マハール、その美しさの証し Taxiride : (22nd Oct @ Shinsaibashi Quattro)
button炸裂! 揺るぎなきパンクへの信念 BAD RELIGION / The Bouncing Souls : (4th Oct @ Osaka Mother Hall)
button音楽という名の星たちが揺れた夜 〜ディスコ・ザ・モービー02 潜入記〜 Moby : (12th Sept @ Namba Hatch)
buttonその力、忘れるべからず!- part 2 - Patti Smith : (27th Jul @ Fuji Rock Festival)
buttonその力、忘れるべからず!- part 1 - Patti Smith : (26th Jul @ Fuji Rock Festival)
button歌の四次元ポケット、無限大の魔法は続く Elvis Costello : (4th Jul. @ Osaka Festival Hall)
button-その名は "ロックン・ロール" エクスプロージョン!- JON SPENCER BLUES EXPLOSION : (31st May @ On Air Osaka and 1st Jun @ Zepp Osaka)
buttonYES! THIS IS HOW I REMIND YOU Nickelback : (25th May. @ Shinjuku Liquidroom)
button美なる響きは果てしなく Haven : (30th Apr. @ Shinsaibashi Quattro)
button叫べ!踊れ!「音楽」の名のもとに The Music : (24th Apr. @ Shinsaibashi Quattro)
button笑顔にクラクラ、ハートときめく春ロック! THE CALLING : (30th Mar. @ Osaka Bayside Jenny)
button未知なる期待、大爆発! The cooper temple clause : (25th Mar. @ Shinsaibashi Quattro)
button明日何が起ころうとも Incubus : (25th Mar. @ Zepp Osaka)
button新しいのや古いの、いろいろやるよ DAVID BYRNE : (6th Feb. @ Shibuya Quattro)
button鳴らせ、王道ロック! OCEAN COLOUR SCENE : (25th Jan. @ Osaka On Air)
button心意気に惚れ直したぜ! Stereophonics : (15th Jan. @ Osaka Mother Hall)
button隙間だらけの手作りライヴがいい! Sloan : (14th Jan. @ Shinsaibashi Quattro)
button緊密度いっぱいの宇宙体験 SPIRITUALIZED : (11th Jan. @ Shinsaibashi Quattro)




無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Ikuyo Kotani. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.