Dropkick Murphys @ 渋谷On AIR EAST(2001年11月7日)

cobra 

 

-------- 

Dropkick Murphys

 

Dropkick Murphys

 

Dropkick Murphys

 

Dropkick Murphys

 

Dropkick Murphys

 

Dropkick Murphys

 

Dropkick Murphys

 

Dropkick Murphys
*この日もサポート・アクトとしてCOBRAが演奏。

cobra

 

--------

ステージは満員電車状態!
 

 アンコールの時に、ベースのCaseyがずっとステージ袖で観ていた女の子(多分ロリータ18号のメンバー)を通訳にして「Caseyは女の子が好きだから、女の子はステージに上がってきて」と呼びかけ、ステージはあっという間に女の子たちに埋め尽くされた。多分40人くらいは乗っかっていたんじゃないかな。壮観である。「ドキッ!女だらけのモッシュ大会」とかくだらん言葉が浮かんできた。最後の方は男どもも登ってきたのでステージの上は満員電車状態でCasey がスピーカーから飛んでその上へダイヴできるくらいだった。とにかくドロップキック・マーフィーズは凄く盛り上がって、楽しかった。

--------

 ON AIRは日本最大?のラブホテル街の中にある。道路を挟んだ両側にEASTとWESTがあって、そこだけが周りのエッチな感じとは違った雰囲気を醸し出す。そして、道を挟んだこの二つのライヴハウスのお客さんの違いが面白い。この日、向こう側はカジュアルな女の子が多かったけど、こちらEASTは、革ジャン、モヒカン、Tシャツ(寒いのに)に首タオルなどなど気合いの入った連中が多い。

 フジロックの前夜祭で観て気に入ったという日本のコブラが前座で、30分ほどで演奏が終わると、フロアは「Let's go murphys」の大合唱。会場が暗くなり、大きな垂れ幕が降りる。ドロップキック・マーフィーズの紋章で、真ん中はハンマーを持った腕。まさに労働者階級のバントである。そして、アイルランド民謡風の女性ヴォーカルの歌が流れると、早くもダイヴする奴も出てくる。

 それからメンバーが登場してフロアはモッシュ、ダイヴ、ステージダイヴの嵐(ローディまでやっていた)、サビで大合唱、みんなで手拍子。バンドもそんなお客さんを引っ張るように次々とド迫力、そしてスピード感のあるパンクナンバーを繰り出してくる。時々ローディーがコーラスに参加したり、一人ずつメンバーが休みを取ったりしてステージにいるメンバーが一定しない。新たに入ったというモヒカンのメンバーはモヒカンのくせしてマンドリンとかTin Whistle(教えてくれてありがとう、ちゃどさん)みたいなチマチマした楽器を操ったりしてアイルランドぽさを加えたりしている。他にもバクパイプなども上手く取り入れたり、アイルランドのメロディをパンクヴァージョンにしている。「アメージング・グレイス」なんかもやった。それは、ポーグスや音楽性違うけどシン・リジィやコアーズまでつながるアイルランドの血がアメリカはボストンまでつながっているのだと感じさせられた。

 それと彼らにとってのパンクというのは決して社会に唾を吐くとか、何かをブッ壊すのではなく、パンクによってみんなとつながるものなのだ。グリーンデイとかオフスプリングもそうだけど、パンクが生まれて約30年、実はパンクの最大の功績は、同じ精神を持つ世界中の人たちの絆を感じさせることなのであった。飲んで、歌って、手を叩いて、踊ろう。

ライウ後の感想

「フジより良かった」マーブルさん

「面白かった。ダイバーが凄かった。最後ステージに登ろうとしたら髪の毛が短かったので女の子と思われなかった」げちさん

「体力あるバンドだよね」ラックさん

「いちばん前にいたので痛かった」かよーんさん

「ダイバーに蹴られた。面白いからメジャーな人気が出てほしい。もっと人が集まるところでやってもいい。(狭いところでは)もったいないと思う」カメラマンmorissieさん。

---setlist---

(原文表記通り)
BOSTON
BOYS
WHICH SIDE
GAUNTLET
ROCKY
UPSTARTS
HERDES
GRACE
DEVILS(RING)
DO OR DIE(END DEAD)
PIPEBOMB
FEW GOOD
CURSE
ROVER
GANGS
TORCH
69TH
FOREVER
STRANGER
B+W
RATS
SPICY
BAR
SKIN
report by nob and photos by morissie
==>top page : JPN / ENG

check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
nob's works

button2001

button大晦日ライヴはしご記録 : オレンジ, buG, GYOGUN LEND'S, POTSHOT, PENPALS, ルグンバー・タスミ, ボストン・クルージング・マニア, 氣志團(01/12/31 @ Omotesando FAB, Shibuya On Air East, Shibuya Yaneura )
buttonno title : MOST/ Mo'sometone Bender (01/12/17 @ Shimokitazawa Shelter )
buttonno title : ボストン・クルージング・マニア/モーサム・トーンベンダー (01/12/16 @ Koenji 20000V )
buttonプログレ男、クリスマスの渋谷に現る : Vincent Gallo (01/12/12 @ Shibuya Orchard Hall )
buttonいつまでもズッコケ、転がっていく吉野 : eastern youth (01/12/19 @ Akasaka Blitz)
buttonアルゼンチン・ロックをのぞき見る』 : ティントレーロス (01/12/11)
button山本精一って何者? : 羅針盤 (01/12/06 @ Shibuya Quattro)
buttonno title : Regurgitator (01/12/03 @ Shibuya Quattro)
button5人の物語 : electraglide feat. Howie B, Richard Marshall, Buffalo Daugher, Plaid, Fatboy Slim, Darren Emerson, Aphex TwinLaurent Garnier, and Mouse On Mars (01/11/30 @ Makuhari Messe)
buttonステージは満員電車状態! : Dropkick Murphys with COBRA (01/11/07 @ Shibuya On Air East)
buttonだまされるのもいい... : Bell & Sebastian (01/11/14 @ Akasaka Blitz)
buttonパワー健在! : Joe Strummer & The Mescaleros (01/11/01 @ Shibuya Quattro)
buttonBJC曲に歓声と戸惑いと... : sherbets (01/10/28 @ Hibiya Yagai Ongakudo)
button朝霧はFOHの延長線か... : 朝霧ジャム (01/10/13 - 14 @ Asagiri Arena)
buttonSFAの寓話的世界にようこそ... : Super Furry Animals (01/10/19 @ Shibuya AX)
buttonno title : Mo'sometone Bender (01/10/06 @ Shimokitazawa Shelter)
buttonno title : Radiohead (01/10/03 @ Yokohama Arena)
buttonアメリカは「Imagine」を怖れている : 放送自粛ってなにだ? (01/09/26)
button音の向こうに覗く肯定的姿勢 : Ash (01/09/12 @ Akasaka Blitz)
button不思議で強い磁場を感じさせるライヴ : 頭脳警察 (01/09/06 @ Shibuya AX)
buttonno title : 高円寺阿波踊り (01/08/28 in Koenji)
buttonno title : 浅草サンバカーニバル (01/08/25 in Asakusa)
buttonno title : Mo'sometone Bender (01/08/24 @ Shimokitazawa Que)
buttonフジのリベンジは果たせたか!? : Brahman (01/08/21 @ Shibuya AX)
buttonフジロックで感じた2つのこと : Fuji Rock Festival '01 (01/07/26 - 29 in Naeba)
buttonno title : Sherbets (01/07/11 @ Akasaka Blitz)
button楽しいのが一番 : Radio4 (01/07/01 @ Ebisu Garden Room)
button極東最前線34〜ギラリズム夜明け前 : eastern youth (01/06/22 @ Shibuya AX)
buttonツェッペリン・ファンも満足! : Ben Harper & The Innocent Criminals (01/06/17 @ Shinjuku Liquidroom)
buttonゴージャスなステージ : G. Love & Special Sauce (01/06/07 @ Akasaka Blitz)
button青春とはなんだ? : The Stereo / Husking Bee (01/06/05 @ Shibya Quattro )
button一歩はまれば抜けられない? : Magma (01/05/30 @ Shibuya On Air West )
buttonno title : Thee Michelle Gun Elephant (01/05/23 @ Yoyogi Kyogijo)
button考えよう、チベット問題 : Tibetan Freedom Concert (01/05/13 @ Tokyo NK Hall )
buttonno title : Mo'sometone Bender (01/04/27 @ Shimokitazawa Shelter)
button轟音の海に身を浸せ! : Mogwai (01/04/25 @ Akasaka Blitz)
buttonなんでもありだぁ! : RADIO4 (01/04/22 @ Nishiazabu Yellow)
buttonno title : 春風 (01/04/01 in Yoyogi Park)
buttonナパーム・デスです... : Napalm Death (01/03/28 @ Shibuya Quattro)
button電子機材駆使のハードなロック : Boom Boom Satellites (01/03/23 @ Shibuya AX)
button「スカ帝国」番外編は歌謡曲のにおいがする。 :feat. hat's Love?, Crazy Ken Band, 女体盛り (01/03/22 @ Shinjuku Loft)
buttonno title : AJICO (01/03/20 @ Akasaka Blitz)
buttonno title : MARILYN MANSON (01/03/19 @ Tokyo Bay NK Hall)
buttonno title : Green Day (01/03/18 @ Makuhari Messe)
buttonLife(命、人生)から生まれた歌がある... : Eddit Reader (01/03/13 @ Shibuya Quattro)
buttonゆったりした時間の流れるフライトはいかが? : OlO (01/03/10 @ Aoyama CAY)
button歌がドラマティックなメロディを伴い、塊となってぶつかってくる... : JJ72 (01/03/07 @ Shibuya Quattro)
buttonアコースティック・ギターの妙と届く声... : Richard Thompson (01/02/21 @ Shibuya Quattro)
buttonBlack List : Pealout / AIR / スネイル・ランプ (01/02/18 @ Zepp Tokyo)
button極東最前線33〜新世紀上等!〜 : eastern youth with 怒髪天 (01/02/17 @ Shibuya Quattro)
button炎と水の夕べ... : Rammstein (01/02/15 @ Shibuya AX)
buttonno title : Pealout (01/02/03 @ Shimokitazawa Shelter)
buttonno title : Teenage Fanclub (01/01/28 @ Shibuya On Air East)
button極めつけのカルト・スター、ついに来日! : Sparks (01/01/24 @ Shibuya Quattro)
button孤高を貫くブラフマンと明るくサービス精神旺盛なSHELTER : Shelter with Brahman (01/01/23 @ Shiubya Quattro)
buttonno title : Placebo (01/01/15 @ Shibuya On Air East)
button何よりもリスナーを信じている! : Limp Bizkit (01/01/13 @ Shibuya Quattro)
buttonno title : ロマンポルシェ、BACK DROP BOMB (01/01/10 @ Shinjuku Liquidroom)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of photos belongs
to Yukari "morissie" Morishita. They may not be reproduced in any form whatsoever.

==>Back To The Top Page : JPN / ENG.