Joe Strummer & The Mescaleros
@ Shiuya Quattro (1st Nove '01)

パワー健在!
 

Joe Strummer

Joe Strummer

Joe Strummer

Joe Strummer

Joe Strummer

Joe Strummer

Joe Strummer

Joe Strummer

Joe Strummer

 ジョー・ストラマーで鮮明に思い出すのが99年のフジロックのことだ。ジョーがグリーンステージに登場して2曲目あたりに「ロンドン・コーリング」を演奏し始めた時、自分の周りの30代はダッシュで斜面を駆け下りてステージ前に突入したのであった。もう、これは体が反応するとしか言いようのないことで、そのとき、ジョー・ストラマーにそんな問答無用のパワーがあるなんて思いもしなかった。

 もちろん、自分が洋楽に興味を持ったときにはクラッシュは既に終わっていて、さかのぼるようにクラッシュの曲を聴いていったのだけど、クラッシュの曲の持つパワーには魅了されていた。風邪をひいて寝ている時には必ずクラッシュの『ロンドン・コーリング』を聴くという習慣が自分にはあった。

 渋谷クアトロは超満員。会社帰りから革ジャン・リーゼントのロッカーなどいろんな格好をした人たちがフロアを埋め尽くしていた。よくネタにされることだけど、開演前から口々に「ジョー!!」と叫ぶ丹下段平状態のやつがあちこちにいた。

 そして登場したJOE STRUMMER & THE MESCALEROSがまず演奏したのは、アイリッ シュトラッド風のインストの曲。ポーグスからコアーズまでアイルランドの血(ジョーに入っているかどうか知らないけど)がつながっているのだと思わせる。3曲目には早くもクラッシュのナンバー「RUDIE CAN'T FAIL」。当然大いにフロアは沸く。5曲目には「ARMAGIDEON TIME」。7曲目には「POLICE&THIEVES」。クラッシュの中でもレゲエに影響されている曲がチョイスされているような感じである。ジョーのレゲエとかアイリッシュミュージックとか要するに土地に根ざした音楽への愛情が伝わってくる構成である。演奏中に最前列の方で倒れたお客さんがいると間奏を長くして(決して音楽を止めない!)ローディーにステージ前に詰め掛けているお客さんへ水を配らせたりするという、対処の仕方もベテランらしいし、ジョーのいい人ぶりを見ることが出来た。

 本編の終わりの方は「POLICE ON MY BACK」、ジミー・クリフのカヴァー「HARDER THEY COME」、「PRESSURE DROP」、そして「I FOUGHT THE LAW」! この4曲でフロアの盛り上がりは最高潮に達する。

 本編終わるとすぐにアンコールを要求する声が沸いて、あまりインターバルをおかずにメンバーが再登場。3曲目にスペシャルズのカヴァー「A MESSAGE TO YOU RUDY」。しかし、この演奏はヘロヘロ。スペシャルズのヴァージョンをふやけさせたような感じ。普通、これと同じことをそこいらのバンドがやったら完全にアウトだろう。だけども、見るからに中肉中背というか、腹がかなりヤバイくらいに出ていて往年の格好よさがどこかへ行っても、ジョーにはまだ伝えたいことがあるのではないだろうか。それが感動を生み出す。まさにA MESSAGE TO YOU。こんな演奏でお客さんを沸かせるジョー・ストラマーの底知れぬパワーを老人力と呼びたいくらいである。

 そして「LONDON'S BURNING」! もう、素晴らしすぎる。そしてラストはなんと「BLITZKRIEG BOP」!! ある意味、今年のフジロックのオープニングを飾った「Hey ho, let's go」でおなじみのラモーンズのカヴァーである。ジミー・クリフもスペシャルズもラモーンズもミックがヴォーカルだったはずのクラッシュ時代の曲もパンクもアイリッシュトラッドもレゲエもすべて、ジョー・ストラマーによって彼が何十年も前に作ったオリジナル曲ではないかという錯覚さえ抱かせるくらい、彼の曲になっていた。彼の中ではもう、区別がつかずに溶け合っているのだろう。そのパワーを「老人力」と呼んだとしても、とにかくジョー・ストラマーのパワーは健在だと知らしめたライヴであった。それは聴き手に限りない力を勇気を与えてくれる。

--ライヴ後の声--

「バンドサウンドになってましたね。今ひとつばらつきがあった」つよし

「是非シャーウッドにMIXを頼んでほしい。日本では内田先生。ハイホーに泣けた」ゼッツ

「生きてて良かったよ、おれもジョーも。おれも久々にめちゃめちゃ楽しめた。死ぬまでジョーについて行く」SID

「ラモーンズはみんな好きなんだな。パンクよりパブロックをだな」ヤンニー

「最初から最後まで飽きさせない構成が良かった。クラッシュの曲もメスカトロスのものになっていた」マーブル

「体を張って観たので、体中が痛い」HARU

---セットリスト---

(原文はすべてこのような略称で書いてありました)

COOL 'N' OUT
GLOBAL
RUDIE
BHINDI
ARMA
SHAKTAR
POLICE
MEGA
TONY
JUNKO
JOHNNY
BUNMMED
POL/BACK
HARDER
PRESS
LAW

---ENCORE---

BANKROBBER
YALLA
MESSAGE
BURNIN
BLITZ

report by nob and photos by nishioka
==>top page : JPN / ENG

The official site

Joe Strummer

http://www.strummersite.com/

strummerville

http://www.strummerville.com/



The latest album

Joe Strummer

"Global a Go-Go " : (US import / UK import / 国内盤)


"Rock Art and the X-Ray Style " : (US import / UK import / 国内盤)

DVD

"Straight To Hell" : (国内盤
"Rude Boy" : (国内盤
"Essential Clash" : (US import - region free / 国内盤
"Westway to the World" : (US import / 国内盤
check this

The Clash

The Clash London Calling
The 25th Anniversary Edition
(国内盤 / US import)



アルバムのチェックする?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト


button2001

button大晦日ライヴはしご記録 : オレンジ, buG, GYOGUN LEND'S, POTSHOT, PENPALS, ルグンバー・タスミ, ボストン・クルージング・マニア, 氣志團(01/12/31 @ Omotesando FAB, Shibuya On Air East, Shibuya Yaneura )
buttonno title : MOST/ Mo'sometone Bender (01/12/17 @ Shimokitazawa Shelter )
buttonno title : ボストン・クルージング・マニア/モーサム・トーンベンダー (01/12/16 @ Koenji 20000V )
buttonプログレ男、クリスマスの渋谷に現る : Vincent Gallo (01/12/12 @ Shibuya Orchard Hall )
buttonいつまでもズッコケ、転がっていく吉野 : eastern youth (01/12/19 @ Akasaka Blitz)
buttonアルゼンチン・ロックをのぞき見る』 : ティントレーロス (01/12/11)
button山本精一って何者? : 羅針盤 (01/12/06 @ Shibuya Quattro)
buttonno title : Regurgitator (01/12/03 @ Shibuya Quattro)
button5人の物語 : electraglide feat. Howie B, Richard Marshall, Buffalo Daugher, Plaid, Fatboy Slim, Darren Emerson, Aphex TwinLaurent Garnier, and Mouse On Mars (01/11/30 @ Makuhari Messe)
buttonステージは満員電車状態! : Dropkick Murphys with COBRA (01/11/07 @ Shibuya On Air East)
buttonだまされるのもいい... : Bell & Sebastian (01/11/14 @ Akasaka Blitz)
buttonパワー健在! : Joe Strummer & The Mescaleros (01/11/01 @ Shibuya Quattro)
buttonBJC曲に歓声と戸惑いと... : sherbets (01/10/28 @ Hibiya Yagai Ongakudo)
button朝霧はFOHの延長線か... : 朝霧ジャム (01/10/13 - 14 @ Asagiri Arena)
buttonSFAの寓話的世界にようこそ... : Super Furry Animals (01/10/19 @ Shibuya AX)
buttonno title : Mo'sometone Bender (01/10/06 @ Shimokitazawa Shelter)
buttonno title : Radiohead (01/10/03 @ Yokohama Arena)
buttonアメリカは「Imagine」を怖れている : 放送自粛ってなにだ? (01/09/26)
button音の向こうに覗く肯定的姿勢 : Ash (01/09/12 @ Akasaka Blitz)
button不思議で強い磁場を感じさせるライヴ : 頭脳警察 (01/09/06 @ Shibuya AX)
buttonno title : 高円寺阿波踊り (01/08/28 in Koenji)
buttonno title : 浅草サンバカーニバル (01/08/25 in Asakusa)
buttonno title : Mo'sometone Bender (01/08/24 @ Shimokitazawa Que)
buttonフジのリベンジは果たせたか!? : Brahman (01/08/21 @ Shibuya AX)
buttonフジロックで感じた2つのこと : Fuji Rock Festival '01 (01/07/26 - 29 in Naeba)
buttonno title : Sherbets (01/07/11 @ Akasaka Blitz)
button楽しいのが一番 : Radio4 (01/07/01 @ Ebisu Garden Room)
button極東最前線34〜ギラリズム夜明け前 : eastern youth (01/06/22 @ Shibuya AX)
buttonツェッペリン・ファンも満足! : Ben Harper & The Innocent Criminals (01/06/17 @ Shinjuku Liquidroom)
buttonゴージャスなステージ : G. Love & Special Sauce (01/06/07 @ Akasaka Blitz)
button青春とはなんだ? : The Stereo / Husking Bee (01/06/05 @ Shibya Quattro )
button一歩はまれば抜けられない? : Magma (01/05/30 @ Shibuya On Air West )
buttonno title : Thee Michelle Gun Elephant (01/05/23 @ Yoyogi Kyogijo)
button考えよう、チベット問題 : Tibetan Freedom Concert (01/05/13 @ Tokyo NK Hall )
buttonno title : Mo'sometone Bender (01/04/27 @ Shimokitazawa Shelter)
button轟音の海に身を浸せ! : Mogwai (01/04/25 @ Akasaka Blitz)
buttonなんでもありだぁ! : RADIO4 (01/04/22 @ Nishiazabu Yellow)
buttonno title : 春風 (01/04/01 in Yoyogi Park)
buttonナパーム・デスです... : Napalm Death (01/03/28 @ Shibuya Quattro)
button電子機材駆使のハードなロック : Boom Boom Satellites (01/03/23 @ Shibuya AX)
button「スカ帝国」番外編は歌謡曲のにおいがする。 :feat. hat's Love?, Crazy Ken Band, 女体盛り (01/03/22 @ Shinjuku Loft)
buttonno title : AJICO (01/03/20 @ Akasaka Blitz)
buttonno title : MARILYN MANSON (01/03/19 @ Tokyo Bay NK Hall)
buttonno title : Green Day (01/03/18 @ Makuhari Messe)
buttonLife(命、人生)から生まれた歌がある... : Eddit Reader (01/03/13 @ Shibuya Quattro)
buttonゆったりした時間の流れるフライトはいかが? : OlO (01/03/10 @ Aoyama CAY)
button歌がドラマティックなメロディを伴い、塊となってぶつかってくる... : JJ72 (01/03/07 @ Shibuya Quattro)
buttonアコースティック・ギターの妙と届く声... : Richard Thompson (01/02/21 @ Shibuya Quattro)
buttonBlack List : Pealout / AIR / スネイル・ランプ (01/02/18 @ Zepp Tokyo)
button極東最前線33〜新世紀上等!〜 : eastern youth with 怒髪天 (01/02/17 @ Shibuya Quattro)
button炎と水の夕べ... : Rammstein (01/02/15 @ Shibuya AX)
buttonno title : Pealout (01/02/03 @ Shimokitazawa Shelter)
buttonno title : Teenage Fanclub (01/01/28 @ Shibuya On Air East)
button極めつけのカルト・スター、ついに来日! : Sparks (01/01/24 @ Shibuya Quattro)
button孤高を貫くブラフマンと明るくサービス精神旺盛なSHELTER : Shelter with Brahman (01/01/23 @ Shiubya Quattro)
buttonno title : Placebo (01/01/15 @ Shibuya On Air East)
button何よりもリスナーを信じている! : Limp Bizkit (01/01/13 @ Shibuya Quattro)
buttonno title : ロマンポルシェ、BACK DROP BOMB (01/01/10 @ Shinjuku Liquidroom)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to Hiroki Nishioka. It may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.