-updated : 12th Jun. '10- : 編集長の更新日記. - LastFm
非戦音楽人会議
Geeks
ギークス (06/03 @ 心斎橋クラブドロップ)-->My Space
洗脳集団キミとロック
洗脳集団キミとロック (06/03 @ 心斎橋クラブドロップ)-->My Space
NaLas(ナラズ)
NaLas(ナラズ) : 化学反応の予感(05/31 @ 新宿マーズ)-->My Space
Boredoms
ボアダムス (05/28 @ 渋谷オーイースト)-->iTunes
The 50Kaitenz
ザ50回転ズ (05/25 @ 大阪ビッグキャット) / 新しい季節への助走 (05/20 @ リキッドルーム恵比寿)-->MySpace / iTunes
髭 - HiGE
髭 - HiGE (05/23 @ 赤坂ブリッツ)-->My Space / iTunes
Ogre You Asshole
オウガユーアースホール (05/23 @ 赤坂ブリッツ)-->MySpace / iTunes
Comeback My Daughters
カムバック・マイ・ドーターズ (05/16 @ 海の中道海浜公園、福岡)-->Myspace / iTunes
Hawaiian6
ハワイアン6 (05/15 @ 海の中道海浜公園、福岡)-->MySpace / iTunes
The Back Horn
ザ・バックホーン (05/15 @ 海の中道海浜公園、福岡)-->MySpace / iTunes
Jay Kabira
川平慈英 (05/14 @ 渋谷ビーワイジー)
The XX
ザ・エックス・エックス : 恐るべき、すき間たち(05/14 @ 代官山ユニット)-->MySpace / iTunes
65 Days Of Static
65デイズ・オブ・スタティック : 踊らすバンドになりました(05/11 @ ホワイト・ラビット、プリマス)-->MySpace / iTunes
Tortoise
トータス (05/10 @ 心斎橋クラブクアトロ)-->My Space / iTunes
Humbert Humbert
ハンバートハンバート (05/09 @ 神戸クラブ月世界 / 05/02 @ 服部緑地野外音楽堂) / 本音の言葉があふれた音楽 : (04/04 @ 日比谷公園大音楽堂)-->iTunes
Bill Laswell
ビル・ラズウェル・プレゼンツ・トーキョー・ローテイション feat. DJ クラッシュ近藤等則 & 山木秀夫(05/08 @ 新宿ピットイン)-->My Space / iTunes
崔健 (Cui Jian)
崔健(ツイ・ジェン) (05/07 @ 川口リリアホール)-->iTunes
痩人 (Shouren - Thin Man)
痩人 (05/07 @ 川口リリアホール)-->iTunes
The Sun Paulo
サン・パウロ (05/05 @ 吉祥寺クラブシータ)-->MySpace / iTunes
Head Speaker
ヘッド・スピーカー (05/03 @ 石山ユーストン)-->MySpace
Goodbye My Love
グッバイマイラブ (05/01 @ 服部緑地野外音楽堂)-->iTunes
New Rote'ka
ニューロティカ (05/02 @ 神戸夙川学園大学)-->MySpace / iTunes
Theatre Brook
シアターブルック (04/29 @ リキッドルーム恵比寿)-->iTunes
Dachambo
ダチャンボ (04/29 @ リキッドルーム恵比寿)-->MySpace / iTunes
S.R.S
S.R.S (エス・アール・エス) (04/24 @ 福岡ドラムロゴス)-->iTunes
detroit 7
デトロイト7 (04/24 @ 下北沢ガーデン)-->MySpace / iTunes
Wilco
ウイルコ : Being There(04/23 @ ゼップ東京 / 04/22 @ 大阪ビッグキャット)"-->MySpace / iTunes
Shibusa Shirazu
渋さ知らズ : やっぱり、渋さはライヴだった (04/22 @ 渋谷クラブクアトロ) / CD Review : "渋夜旅(しぶよたび)"-->MySpace / iTunes
Efterklang
エフタークラング (04/21 @ シェファーズ・ブッシュ・エンパイア、ロンドン)-->Myspace / iTunes
The Fans
ザ・ファンズ (04/17 @ 福岡ビートステーション)-->iTunes
Manafest
マナフェスト (04/14 @ 心斎橋クラブクアトロ)-->MySpace / iTunes
buttonこれがこのスマッシング・マグでの最後の更新となります。前田博史の超速攻フォト・レポートで昨晩のミーカ (06/11 @ なんばハッチ)をアップ。また、ミーカ (06/08 @ ゼップ東京)について、池田信之が「目の前にあった夢の国」とまとめています。今日、この時点でリニューアルされたサイトを見られていないようでしたら、キャッシュを読み込んでいる可能性があります。リロードしてくださいませ。(06/12)
buttonリニューアル寸前でひょっとしたら、この作業が無駄に終わるかもしれないんですが、なにはともあれ、例によって名古屋の古川喜隆がやってくれました。超速攻フォト・レポートで昨晩のミーカ (06/10 @ ゼップ名古屋)をアップしています。明日は大阪ですが、よっとして完売なんですかね。(06/11)
button再び、超速攻フォト・レポートで昨晩のミーカ (06/08 @ ゼップ東京)をアップ。今回の撮影は佐俣sam美幸なんですが、今回もいい写真ばかり。これを見ているとライヴの楽しさがよ〜く伝わってきます。行けばよかったと思っている人も多いかも。東京は終わりましたが、名古屋と大阪はこれからです。(06/09)
button熊沢泉の超速攻フォト・レポートで昨晩のミーカ (06/07 @ ゼップ東京)をアップ。今晩も同じ会場ゼップ東京でライヴの後、10日にゼップ名古屋、11日になんばハッチとツアーが続きます。また、CD Reviewで松坂愛が新譜、『ユー・アイ・ウィンド・ランド・アンド・シー』を取り上げたアコースティック・ソウル、ジャスティン・ノヅカの1回限りのライヴが明日、渋谷デュオにて。お見逃しなく。(06/08)
buttonCD Reviewに、おなじみ、轟音好きの伊藤卓也からゴッド・イズ・アン・アストロノウトのアルバム、『エイジ・オブ・ザ・フィフス・サン』についてのレヴュー、「いなる轟音神話から、耽美な世界への回帰」が届いています。このアルバムは彼らのマイスペで試聴可能となっています。聴いてみると、確かに轟音というよりは... って感じですね。(06/07)
button昨日アップした中島たくみによる洗脳集団キミとロックですが、このとき同じステージに立ったギークス (06/03 @ 心斎橋クラブドロップ)のフォト・レポートも加えています。マグでは昨年のSXSWでのレポが残されています。(06/06)
buttonおなじみ、中島たくみの超速攻フォト・レポートで洗脳集団キミとロック (06/03 @ 心斎橋クラブドロップ)と呼ばれるバンドをアップ。大阪中心で活動しているとのことですが、写真の迫力は満点。ヴォーカルの女性が毎回服を脱ぐというのがきわどいなぁ。昨晩、下北沢ガーデンにてドーベルマンが韓国のクライング・ナットを招いて行っている「エイジアン・バス・ツアー」の撮影をしているんですが、明日は梅田アカソで、マグでもおなじみのクール・ワイズ・マンなどをゲストにこのライヴが開催されるとか。詳細はドーベルマンの公式サイトでご確認を。なお、クライング・ナットは韓国では最も影響力のあるパンク・バンドのひとつで、マグでは昨年9月のフェスティヴァルでのライヴをレポートしています。 (06/05)
buttonなんと4年ぶりとなる東京公演となったボアダムス (05/28 @ 渋谷オーイースト)を北村勇祐が撮影。そのフォト・レポートをアップしています。なんとドラマーが7人だったとか。(06/04)
button森リョータのフォト・レポートで、ザ50回転ズ (05/25 @ 大阪ビッグキャット& 05/20 @ リキッドルーム恵比寿)が同時に到着。双方共にアップしています。(06/03)
buttonこれまでブリーチからザ50回転ズ、そして、ボウディーズと、早い時期から注目して紹介し続けてきた池田信之がこのところ惚れ込んでレポートを続けていたNaLas(ナラズ) (05/31 @ 新宿マーズ)を深野輝美が撮影。フォト・レポートをアップしているんだが、やっと彼らがどんなバンドかスマッシング・マグでも「見る」ことができた。その信之からこのときのレポート、「化学反応の予感」が到着。さて、サウンドではなく、彼らがなにを歌っているのかが気になる。(06/02)
button福岡で毎年開催されている恒例の野外音楽フェスティヴァル、F-X 2010(エフ・エックス2010)に姿を見せたカムバック・マイ・ドーターズ (05/16 @ 海の中道海浜公園、福岡)のフォト・レポートが直田亨から到着。アップしています。(06/01)
button髭 (HiGE)が主催して3個月連続で開催される対バン・イヴェント、『9ミリの髭とニコのアースホール』(05/23 @ 赤坂ブリッツ)を岡村直昭が撮影。対バンとして出演したオウガユーアースホール髭 (HiGE)のフォト・レポートをアップしています。(05/31)
buttonCD Reviewで吉川邦子がザ・ベータ・バンドのフロントに立っていたスティーヴ・メイソンのアルバム、『ボーイズ・アウトサイド』を取り上げ、「さらば、ベータ・バンド。さらば、キング・ビスケット・タイム。さらば、ブラック・アフェア。そして、ようこそ、スティーヴ・メイソン」と書いています。(05/30)
button轟音、爆音好きの伊藤卓也からアンアース&ザ・ブラック・ダリア・マーダー(05/20 @ 名古屋クラブクアトロ)のレポート、「まばゆく燃えたメタルコア」が到着。残念ながら写真はありません。また、古川喜隆からはサカナクション(04/09 @ 名古屋名古屋ダイアモンドホール)のフォト・レポートが届いています。いつも翌日には届けてくれるのになんでこんなに時間がかかったのか? それがレポートを御一読いただければと思います。(05/29)
buttonこれで完結ですが、ザ・グレート・エスケープ・フェスティバル(05/13 - 15 in ブライトン)特集に若槻エミの撮影したザ・レジャー・ソサエティーザ・クルックスのフォト・レポートをアップ。前者のザ・レジャー・ソサエティーはブライアン・イーノが絶賛したロンドン・ベースのフォーキーでポップなバンド、そして、後者のザ・クルックスは80年代ネオアコを想起させるシェフィールドのバンドだとか。(05/28)
buttonザ・グレート・エスケープ・フェスティバル(05/13 - 15 in ブライトン)特集にフランスでかなり人気があるというリヴォルヴァーのフォト・レポートをアップ。撮影した若槻エミのレポートに詳しいんだが、フランスではかなりの人気だとか。そのあたりMySpaceでチェックしてみるといいかも。(05/27)
buttonCD Reviewで松坂愛が、6月9日に一晩限りのショーケース・ライヴを予定しているシンガー&ソングライター、ジャスティン・ノヅカの新作、『ユー・アイ・ウィンド・ランド・アンド・シー』を取り上げて、「より誠実な音楽愛が注ぎ込まれた1枚」と紹介しています。なお、松坂は前作、『ホーリー』もこちらでレヴュー。さらに、08年の来日公演のレポートをこちらに残しています。(05/26)
button若槻エミの単独取材によるザ・グレート・エスケープ・フェスティバル(05/13 - 15 in ブライトン)特集にフォト・レポートの追加です。といっても、写真だけではなく、きちんとレポートされているので、実に面白い。すでに地元、デンマークで取材したことがあるというクアイアー・オブ・ヤング・ビリーヴァーズはチェロが加わったバンド。フィンランドのヤーッコ・アンド・ジェイは「3分以上の曲はプログレだ」というフォーク・パンクで、これは見たいと思わせる。シガー・ロスのサポートをやったというアイスランドのポスト・ロック、フォー・ア・マイナー・リフレクションのエネルギーも強力で、NME取材のショーでヘッドライナーをつとめたのが、昨年のサマーソニックで来日して日本でも人気のデルフィック。ということで、今回は4アクトのレポートをアップしています。(05/25)
buttonなにやら二ヶ月も見なかったら「久々」だと思ってしまうほどのインパクトを持っていると言うことかもしれないんですが、ザ50回転ズ(05/20 @ リキッドルーム恵比寿)を、彼らを昔から追いかけ続ける池田信之がレヴュー。「新しい季節への助走」という原稿にまとめています。ちなみに、久しく登場しなかったフォト・レポートが森リョータから届くという連絡が入っているので、お楽しみに。また、彼らが故西岡恭蔵の名曲、「プカプカ」(ソロ・デビュー・アルバムで、編集長がその昔たむろしていたフォーク喫茶の名を取った『ディランにて』収録)をカバーしたというのが実に嬉しい。福岡は海の中道海浜公園のデイキャンプ場で毎年開催されている恒例の野外音楽フェスティヴァル、F-X 2010(エフ・エックス2010)に出演したハワイアン6ザ・バックホーンのフォト・レポートを直田亨(すぐたとおる)が届けてくれました。まだ、他にも撮影しているらしく、続編が楽しみです。(05/24)
button若槻エミの単独取材によるザ・グレート・エスケープ・フェスティバル(05/13 - 15 in ブライトン)特集に、サンフランシスコのフォーク・ロック、ザ・ドードーズとロンドン・ベースのギターポップ系、ゴールドハート・アセンブリーのフォト・レポートを加えています。日本ではあまり知られていなくても、これからの才能で溢れているんだろうなというのが伝わってきますな。ぜひチェックを。なお、この週末、全国各地でフェスティヴァルが開催されているようですが、天候のせいでみなさん苦戦を強いられているとか。昨年の(取材記録)が残るロック・オン・ザ・ロックは荒天及び強風のため中止になったとか。みなさんのご無事を祈っています。(05/23)
buttonCD Reviewで西野太生輝がエル・スカンク・ディ・ヤーディの『プルガー』を取り上げて、「原点回帰の三十路プシー」という原稿に仕上げています。残念なことに、このアルバムは彼らのライヴでしか入手できないとか。ごく最近仕上がったというビデオはここで見ることができます。また、広島のせとだサンセットビーチで7月31日と8月1日に開催される今年のフェスタデラマへの出演が決まっているとか。次回のライヴは6月4日の仙台のよう。(05/22)
buttonオースティンのSXSWに対抗するように英国は南部のブライトンで毎年5月中旬に開催されているのがザ・グレート・エスケープ・フェスティバル(05/13 - 15 in ブライトン)と呼ばれているフェスティヴァル。この町の至る所でライヴが同時進行するというもので、例年、ロンドンをベースに活動する若槻エミがここで新しい発見を繰り返しているようにも思える。まずは今年のフェスティヴァルを紹介するイントロに加えて、ニューカッスル出身のバンド、なんでも今年のグラストンバリーでジョン・ピール・ステージへの出演が決まっているというレッツ・バイ・ハピネスのフォト・レポートを届けてくれている。(05/21)
button大阪をホームグランドに活動するカニナが主催するライヴ・シリーズ、テン・ミニッツ・アフター(04/27 @ 北堀江クラブビジョン)を前田博史が取材。この日出演したバンド、カニナを皮切りに、カルメラオーリオール、そして、アーバンソールのフォト・レポートをアップしています。(05/20)
button再び伊藤卓也からCD Reviewが届いています。今年のフジロックへの出演が決まっているフォールズの新作、『トータル・ライフ・フォーエヴァー』で、「お約束を破り、新機軸を打ち出す」という原稿にまとめています。なお、最近ありがちなんですが、このアルバム、数種類発表されていて、ボーナス・トラックやビデオ付きの国内盤が5/26発売で、すでに12日に出ているUS盤や2枚組らしいUS限定盤などがみつかります。(05/19)
buttonCD Reviewで、伊藤卓也がモノが昨年9月ニューヨークで24人編成のオーケストラをバックに演奏したときのライヴを収めたDVD付きのアルバム、『ホーリー・グラウンド』を取り上げ、「結成10年目での到達点、そして新次元へ」という原稿にまとめています。(05/18)

-->最近の更新記録.
Google
06/11 @ なんばハッチ / 06/10 @ ゼップ名古屋 / 目の前にあった夢の国 (06/08 @ ゼップ東京 / 06/07 @ ゼップ東京)-->MySpace / iTunes
God Is An Astronaut'CD Review : 「いなる轟音神話から、耽美な世界への回帰」 : "エイジ・オブ・ザ・フィフス・サン" : ゴッド・イズ・アン・アストロノウト
Steve Mason'CD Review : 「さらば、ベータ・バンド。さらば、キング・ビスケット・タイム。さらば、ブラック・アフェア。そして、ようこそ、スティーヴ・メイソン」 : "ボーイズ・アウトサイド" : スティーヴ・メイソン
Justin Nozuka'CD Review : 「より誠実な音楽愛が注ぎ込まれた1枚」 : "ユー・アイ・ウィンド・ランド・アンド・シー" : ジャスティン・ノヅカ

イントロ feat. レッツ・バイ・ハピネスザ・ドードーズゴールドハート・アセンブリークアイアー・オブ・ヤング・ビリーヴァーズヤーッコ・アンド・ジェイフォー・ア・マイナー・リフレクションデルフィックリヴォルヴァーザ・レジャー・ソサエティーザ・クルックス...and more (05/13 - 15 in ブライトン)-->MySpace
El Skunk Di Yawdie'CD Review : 「原点回帰の三十路プシー」 : "プルガー" : エル・スカンク・ディ・ヤーディ

feat. カニナカルメラオーリオール & アーバンソール(04/27 @ 北堀江クラブビジョン)-->iTunes
Foals'CD Review : 「お約束を破り、新機軸を打ち出す」 : "トータル・ライフ・フォーエヴァー" : フォールズ
Mono'CD Review : 「結成10年目での到達点、そして新次元へ」 : "ホーリー・グラウンド" : モノ

(05/14 @ 大阪ビッグキャット / 05/02 @ 神戸夙川学園大学 / 04/24 @ 鈴鹿スパーク)-->MySpace / iTunes
Berri Txarrak'CD Review : 「メタルの皮を被ったパンク」 : "ペイオラ" : ベリ・チャラック

05/01 @ 服部緑地野外音楽堂 / インタヴュー : 放浪する唄うたい / 放浪の意味 (10/31 @ 新宿レッドクロス) / 音楽は音を楽しむだけのものではない (10/27 @ 梅田シャングリラ)-->My Space
Peter Gabriel'CD Review : 「老いを受け入れるか」 : "スクラッチ・マイ・バック" : ピーター・ゲイブリエル
04/24 @ 堺東ゴイス / 03/21 @ ボウリー・ボールルーム、ニューヨーク / インタヴュー : その先に見えるもの / 02/27 @ 越谷イージーゴーイングス / 02/13 @ 堺東ゴイス / 01/31 @ 吉祥寺ワープ-->MySpace
ジャパンナイトUSツアー2010
Japan Nite US tour 2010
feat. チャットモンチーオモダカレッド・バクテリア・バキュームオカモトズ, ジニー・オップス(03/21 @ ボウリー・ボールルーム、ニューヨーク)
Alcest'CD Review : "エカイユ・ドゥ・リュンヌ" : アルセ / "サーフィング・ザ・ヴォルケーノ" : プレジデント・シラク
Bobby Charles'CD Review : "タイムレス" : ボビー・チャールズ / "ザ・ブライト・ミシシッピ" : アラン・トゥーサン / "エイント・ノー・グレイヴ" : ジョニー・キャッシュ
Django Django'CD Review : "ウォー" : ジャンゴ・ジャンゴ / "ターシア" : カスピアン / "シャッター・ザ・ホテル - ア・ダヴ・インスパイアド・トリビュート・トゥ・ジョー・ストラマー" : ドン・レッツ、ダン・ドノヴァン他
濃密な時間を生んだ初来日公演 (04/04 @ 日比谷野外音楽堂) / 名プロデューサー、日本のステージに立つ(04/02 @ 横浜サムズアップ)-->My Space

イントロ & 先生で兄貴で友達の30周年記念パーティ / Ska for life: Gaz's Rockin' Blues Anniversary Party Shakes the Shack feat. スカフレイムスサウンド・ディメンション feat. ストレンジャー・コールザ・スカタライツ feat. ドリーン・シェイファー & 、ジャム・セッション (04/04 @ 新木場スタジオコースト) / column : 定例 : これを見逃すな! - "全てはここから始まった - ギャズズ・ロッキン・ブルーズ30周年パーティ
Thee Michelle Gun Elephant'映画 / DVD Review : ""ジー・ムーヴィ" - ラスト・ヘヴン031011-"ミッシェル・ガン・エレファント / "アクション!"サンタラ / "デジャヴ"CSN&Y
Silver Apples'CD Review : 格安廉価盤で温故知新 - / "ソリッド・エアー" ジョン・マーティン / "シルヴァー・アップルズ / コンタクト" シルヴァー・アップルズ / "シッティン・イン" ロギンス・アンド・メッシーナ

© 1997 - 2010 : The contents may not be reproduced in any form whatsoever without written permission.