ボタン Music Journey of Morgan Fisher for a minute...

-- part4 --

Mott The Hoople  実は、そういったアーティストが集まってモット・ザ・フープルへのトリビュート・・アルバムが発表されている。これがそのアルバム(『MOTH POET HOTEL』COCA-13627)。宮沢和史、ヒートウェイヴ、ザ・ハイロウズ、イエロー・モンキーからブライアン・メイにモーガン自身も加わっているというもの。関心のある人にはぜひチェックしていただきたい。

 さて、話は前後するのだが、モット・ザ・フープルと今のモーガンを比べたときに、誰もがその違いに驚かされるはずだ。方やグラマラスでハードなロックがその看板であり、ソロとして活動を続けるモーガンにはヒーリングとかアンビアント的なニュアンスを感じる。なぜそうなったのか... そのあたりを訪ねてみた。

「実は、昔から好きだったんだよ、そういったのが。というか、音楽だったら、どんなものでも好きだったんだけどね。ああいった有名なバンドって、たまたまバンドに誘われて、入ったというだけで... でも、なにも悪いことはないだろ? みんないい連中だし、成功していたしね。実際、モット・ザ・フープルに加わったときだって、すでに彼らは成功を収めていたし、アメリカに行くチャンスもあった。いずれにしろ、もうありとあらゆる音楽を聴いてきたからね。

 ただ、家ではいつもピアノを弾いているんだ。静かなタッチのもので、それを具体的に形にするとかは考えたことがなかったけどね、あの頃は。それに日本に来てギグを始めた頃、たったのひとりじゃロックはできなかったからね。だから、ちょうど家でやっているようにやればいいじゃないかって感じだったんだ。ただ、それをイギリスでするのは不可能だったろうね。だって、僕の名前でライヴに来たら「ロックンロールやれぇ!」って叫ばれるだろうから。(笑)あの国じゃ、そんなシニカルなヤツが多いからね。でも、日本じゃ、みんな静かに耳を傾けてくれるし、礼儀正しい。だから、それに励まされて自由なことができるようになったといってもいいかもしれない。こういった音楽はいつも心の奥にあったんだよ。いずれにせよ、家に帰ってきて、『さぁて、ロックンロールだぁ!』ってなことはないからね。(笑)それよりは、やっぱりリラックスすることでしょ? だから、自然なことだと思うんだよ。

 それに、スタジオにいるって、一種、画家のようなものだと思うんだよ。テクノロジーが進歩してそれが可能になったというか... といって、そればかりじゃなくて、時にはステージに立って騒ぎたいし... これからまた始めるかもしれないけど、本当にそうなるべき時にはそれが起こるというか... 自然にね。だから、誰かのドアの叩いて、『契約してくれぇ』ってがなり立てるとかどうのこうのってのはやったことがないんだ。いつもそうだったよ。過去30年間、まるで川が流れるように自然にこうなっていったんだよ。それがお金になるときもあれば、めちゃくちゃ貧乏なときもあるし、それは全然気にならないよ。それよりもこんな自由を満喫しているというのか....



interview and photo by hanasan

vol.1 Intro / part1 / 2 / 3 / 4 / 5
vol.2 Intro / part1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6

The official site of

Morgan Fisher

http://www.morgan-fisher.com/

the latest album
Morgan Fisher
"Miniatures. Vol.2"
"Miniatures"

previous works;

Hybirds Kids, Vol
Ivories
Water Music
Peace In The Heart Of The City
フロー・オーヴァー・フロー
気まぐれなサティ
Echoes of a Cit
Claws
他多数



アルバムのチェックする?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by hanasan

ボタン2000

ボタンFishbone : (29th Oct @ Shinjuku Liquid Room)
ボタンAsian Dub Foundation : (3rd Oct @ Akasaka Blitz)
ボタンエンケンは...永遠に不滅です! : Kenji Endo (14th Dec @ Shibuya DeSeO)
ボタン超弩級の重低音波状攻撃に昇天! : Fanfare Ciocarlia (14th May @ Barbican Centre, London)
ボタンFemi Kuti : (14th Apr @ Shinjuku Liquid Room)
ボタンJoe Strummer & The Mescaleros : (18th Jan @ Akasaka Blitz)

ボタン1999

ボタンまったりヴァイブ : Mishka (6th Aug @ Shibuya Quattro)
ボタンロンドン初のジャズ・レゲエ・ライヴ、好調な滑り出し! : Sandra Cross (6th Jun in London)
ボタンWilko Johnson and Sheena & The Rokkets : (24th May @ Shibuya Quattro)
ボタン歌心と魂のこもった感激のライヴ : Glen Scott (19th May @ Shibuya Quattro)

ボタン1998

ボタンアコースティックでもソウルフルなフラワーズに感動です : Hothouse Flowers (21st Oct @ Shinsaibashi Quattro)
ボタンKEMURI帰国第一弾ライヴ・レポート : KEMURI (24th Jun @ Osaka Bayside Jenny)
ボタン3年ぶりに実現したSka Explosion大盛り上がり大会! : (17th May @ Hibiya Yagai Ongakudo / 19th May @ Shinsaibashi Quattro)
ボタンBen Harper & The Innocent Criminals : (3rd Feb @ Shinjuku Liquid Room)

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page.