ボタン Music Journey of Morgan Fisher for a minute...

-- part3 --

Morgan Fisher  そんな生活がしばらく続いていったのだが、全てがうまくいくわけではない。

「要するに、誰にも僕を止められることができないから.... 完全にワーカホリックになっちゃったんだよ。ミュージシャンであり、プロデューサーであり、エンジニアであり... それを全て自分でやっているわけさ。そりゃぁ、疲れるよ、いくらそれを楽しんでいてもね。特に最初の『ミニチュアーズ』だね。あれを制作するにはほぼ1年間がかかったし... それがきっかけで、ちょっと一休みしようってことになったんだよ」

 実際、日本にたどり着いたときには、楽器も持っていなかったということだ。そして、ピアノを弾きつつ少しずつライヴを繰り返していきながら、楽器をそろえていったということだ。それからインディ・レーベルで作品を作り出したり... そのあたりは彼自身のホームページに飛んでもらえれば、全てが網羅されているはずだ。

 その一方で数々の日本のミュージシャンとの活動も繰り返している。おそらく、そんなバンドを通じて彼の存在を知った人たちも少なくはないはずだ。

「最初にやった日本のバンドはEP4でね。何本がギグを一緒にやって... 最初に演奏をして録音したのは... コンピレーションで、誰にも知られていないって感じのインディだったんだ。それからずっと、5年ほどなんだけど、ソロでアルバムを作っていんだ。で、そろそろバンドとやってもいいかなぁと思って始めたのがブームだったんだ。あの当時、最も興味深いバンドだったと思うんだ。ラテンからレゲエ、バリの音楽... そういったものがごっちゃにブレンドされていてね。アレンジとかをやって大規模なツアーもやったし、ブラジルにも一緒に行ったし、アルバムも数枚一緒に録音しているな。それに、ヒートウェーヴ。僕にとって、日本で最も面白いバンドで... このバンドももう20年ぐらいだからね。ずっとやっているのは山口君だけだけど、いずれにしろ、彼が曲を書いているからね。本当にいいバンドだと思うよ。それに、おおたか静とか... 彼女もう本当に素晴らしいミュージシャンだと思うし、彼女こそ、リアル・ワールド(ピーター・ゲイブリエルのレーベル)で録音すべきアーティストだね。エスニック的な深さを持っているというのか... ただ、レーベルのおかげで、ポップの世界に押し込めれているのが残念だけど、彼女自身が書く曲って、本当に素晴らしいから」



interview and photo by hanasan

vol.1 Intro / part1 / 2 / 3 / 4 / 5
vol.2 Intro / part1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6

The official site of

Morgan Fisher

http://www.morgan-fisher.com/

the latest album
Morgan Fisher
"Miniatures. Vol.2"
"Miniatures"

previous works;

Hybirds Kids, Vol
Ivories
Water Music
Peace In The Heart Of The City
フロー・オーヴァー・フロー
気まぐれなサティ
Echoes of a Cit
Claws
他多数



アルバムのチェックする?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by hanasan

ボタン2000

ボタンFishbone : (29th Oct @ Shinjuku Liquid Room)
ボタンAsian Dub Foundation : (3rd Oct @ Akasaka Blitz)
ボタンエンケンは...永遠に不滅です! : Kenji Endo (14th Dec @ Shibuya DeSeO)
ボタン超弩級の重低音波状攻撃に昇天! : Fanfare Ciocarlia (14th May @ Barbican Centre, London)
ボタンFemi Kuti : (14th Apr @ Shinjuku Liquid Room)
ボタンJoe Strummer & The Mescaleros : (18th Jan @ Akasaka Blitz)

ボタン1999

ボタンまったりヴァイブ : Mishka (6th Aug @ Shibuya Quattro)
ボタンロンドン初のジャズ・レゲエ・ライヴ、好調な滑り出し! : Sandra Cross (6th Jun in London)
ボタンWilko Johnson and Sheena & The Rokkets : (24th May @ Shibuya Quattro)
ボタン歌心と魂のこもった感激のライヴ : Glen Scott (19th May @ Shibuya Quattro)

ボタン1998

ボタンアコースティックでもソウルフルなフラワーズに感動です : Hothouse Flowers (21st Oct @ Shinsaibashi Quattro)
ボタンKEMURI帰国第一弾ライヴ・レポート : KEMURI (24th Jun @ Osaka Bayside Jenny)
ボタン3年ぶりに実現したSka Explosion大盛り上がり大会! : (17th May @ Hibiya Yagai Ongakudo / 19th May @ Shinsaibashi Quattro)
ボタンBen Harper & The Innocent Criminals : (3rd Feb @ Shinjuku Liquid Room)

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page.