button Interview with
エレクトリック・イール・ショック (15th Feb. '06)

犬小屋でユニゾン!? 世界ウナギ登り最前線

- intro -


Electric Eel Shock

 みんなは指でやるあのピース・サインをいつ覚えるの? 写真撮られるときとか? それともお父さんお母さんにピースの意味を教えてもらってからチョキができるようになるのか。それなら親指上げるサム・アップだとか小指立ててニヤニヤしたりとか親指と人差し指で輪っか作って儲かりまっか、とかは? と、そんなきっかけなんてのはなかなか思い出せないわけだけど、コイツばかりはというポーズがある。それは、キツネみたいに可愛く見えて実はサタニックで恐怖の憎悪のバカ丸出しのロックンロールなポーズ、グワシ! じゃなくてメタラーにはお馴染みのガッて拳上げるアレだ。あれはメタルにハマっていた若かりし頃、イングヴェイ・マルムスティーンに高貴なミドル・ネームがあると知って爆笑したり、まあいろいろとヘビメタしていた頃だった。しかし、時は流れあのポーズに恥じらいを感じる時期も経て今に至る自分であったが、その後あのくすぶった熱狂が解き放たれるチャンスがオトナになって訪れ... それが、ボクとエレクトリック・イール・ショックの邂逅だった。

 といったように導入をアルペジオ風に、中盤はリフを使った展開で魅せつつ最後大袈裟なまでに盛り上げる、というメタルの方式で文章を書いてみたのだけど、馬鹿なことしました。でも、本当に凄いのはここまでメタルな魂を解放してくれる彼らエレクトリック・イール・ショック(以下イール・ショック)の力だということを知ってもらいたい。彼らのサウンドはここまでメタルで引っぱっておきながらガレージの占める部分が多く、ロックが好きなら、と誰にだって自信満々でお勧めできるキャッチーなものも兼ね揃えていて、ステージングあれこれがメタルの、鋼鉄への愛で溢れてる素晴らしいバンドなのですよ、と伝えておかなくてはならない。つまるところ、ギター・ウルフとブラック・サバスの奇跡的出会い! とも言える数少ないビックなバンドだとボクは思っているのです。

Electric Eel Shock そんな彼らイール・ショックは、2000年も初頭から頻繁に海外へ足を運んで精力的なバンド活動を行ってきた。アメリカ、ヨーロッパ、彼らの足跡が残る地は今や数えきれない程に及び、ダウンロードロスキルドなど海外のビック・フェスにまで招待されるという加熱した状況。その反面、日本では下北沢の小さなライヴハウスなどで本国無名バンドとして活動しているという不思議な格差がある。そんな状況はやはりほっとけないわけで、日本のひとにも彼らのことを知ってもらって、みんなでライヴへ遊びに行こうよ、というのが今回のインタヴューのひとつの目的です。今回は、音楽的なところより海外のツアー生活を中心に日本でやっとリリースできるニュー・アルバムの話などいろいろ聞いてきたので、これまでのライヴ・レポートで音楽的な部分チェックしてもらって、合わせて読んでもらえると嬉しいです。

 それでは、ボクとイール・ショックのユニゾンをどうぞご堪能あれ。久しぶりに日本へ帰ってきて何度目かのライヴ直前、随所で笑いの要素ありつつのびのびと、ほんと素敵なひとたちです。
--> Part 1

Interview by toddy and photos by ryota

buttonmag files : Electoric Eel Shock

buttonphoto report (06/02/15 @ Shimokitazawa Basement Bar) : photo by saya38
button逆輸入はカッコ悪いぞジャパン (05/03/17 @ SXSW05, Bigsby's Austin TX) : review by toddy, photo by sama)
buttonphoto report (05/03/17 @ SXSW05, Bigsby's Austin TX) : photo by sama
buttonAnd to all A Good Night : review by shawn, photo by yegg (04/12/19 @ Daikanyama Unit)
buttonphoto report : photo by yegg (04/12/17 @ Osaka Juso Fandango)
button本気なロックンロール+アホと笑い : report and photo by dak (03/05/19 @ white chapel arts cafe, London)

buttoninterview :
button犬小屋でユニゾン!? 世界ウナギ登り最前線(06/02/15) : interview by toddy, photos by ryota


The official site

Electric Eel Shock

http://www.electriceelshock.com/


The latest album

Electric Eel Shock

"BEAT ME"

previous works

『Go Europe!』(国内盤/US import/UK import)
『GO AMERICA!』(国内盤)
『SLAYER’S BAY BLUES』(国内盤)
『Do The Metal』(UK import)




check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2006

buttonSXSW特集 : Preview ...And You Will Know Us by the Trail of Dead (10th Mar.)
buttonライヴ超える、越える壁は言葉 : あるりらんぽ (15th Jan. @ 渋谷スクランブル交差点前、原宿竹下通り入り口)

button2005

buttonライヴ超える、越える壁は言葉 : あるりらんぽ (19th-21st Dec. @ 代官山ユニット)
button転げていくのなら : ハッピー・ディスパッチ in gRamouRous vol.9 (3rd Dec. @ 月見ル君想フ)
button夢は叶うなんて大袈裟な!! : 邂逅 vol.2 "マッド・レイヴァーズ・ダンス・フロア"feat. DJバク、ケンセイ&クワイエットストーム、ゴストラッド、DJソデヤマ、シンク・タンク、ズーム、マキ、ゲスト・ダンサーズ : カツ&タイチ and more (2nd Dec. @ 代官山ユニット)
buttonズイノシン集中教室 〜ほんとは祭り〜」 : ズイノシン (4 - 6th Nov. @ 多摩美術大学,大阪市立大学,鰻谷サンスイ,新世界ブリッヂ)
buttonIntro : 「サウンド・システム / 台場に強磁場」 : マウント・システム 2005 feat アブラハム・クロス 「アブラハム・クロスです」,ザ・デット・パン・スピーカーズ 「枝葉つける一本の...」 (23rd Oct. @ Tokyo Odaiba Open Court)
button簡単にお隣フェスとはいかないぞ / 韓国ロックの黎明期を体験: Gwang Myeong Music Valley Festival (7th to 9th Oct. @ Gwang Myeong City, Korea)
button溢れる想い: サン・パウロ (1st Oct. @ Asagiri Arena)
buttonなにもかもほかして : ブリーチ(26th Oct. @ 渋谷AX)
buttonCD review : 『極楽都市 / 好物』 : Rumi(ルミ) (26th Oct.)
button流れるものは留められない : サウンド・トライブ・セクター・ナイン (1st Oct. @ Asagiri Arena)
button溢れる想い: サン・パウロ (1st Oct. @ Asagiri Arena)
button黒は終わった、白くぬれ!: シアター・ブルック (30th Sept. @ Liquidroom Ebisu)
buttonその日は近い: 二階堂和美 + 渋谷毅、外山明 (18th Sept. @ Kichijoji Star Pine's Cafe)
buttonインディーの手鏡: タイム・ボム・レコーズ 15周年記念イヴェント feat. タミオ・イノウエ, ルインズ, ジ・イーヴンズ, ブラインド・ビースト (18th Sept. @ Shibuya Quattro)
buttonのび太くらいほっとけない: 危ダビ中年院 feat. ドラびでお、マキタ学級 with グレート義太夫、mr. natural(ミスター・ナチュラル) (17th Sept. @ Roppongi Super Delux)
buttonパンドラの箱空けた: マグマ (16th Sept. @ Shibuya O-East)
button突然の贈り物: カドゥ feat. 大貫妙子 (14th Sept. @ Yokohama Motion Blue)
button厚み増す年輪、追いかけても回帰: あふりらんぽ (10th Sept. @ Tsujido Sputnik Cafe)
button誤解上等、ズイノシンはパンクだよ: ズイノシン (9th Sept. @ Shibuya O-Nest)
button危ないミライ、ヒカリは地下から: 危ダビ少年院 feat. コンチ、煙巻ヨーコ Session + 藤乃家 舞、オプトラム + カコイヨシハル(from ズイノシン)、エンジェル・オー・ディー、ノイナン、ガルペプシ、ディステスト (2nd Sept. @ 六本木スーパーデラックス)
buttonビールで酔いの宴: スペースシャワー列伝 第五十三巻 feat. カットマン・ブーチェ、サケロック、デパペペ (12th Aug. @ 新宿ロフト)
button胸いっぱいの: 二階堂和美 (21st Jul. @ 新宿マーズ)
button季節がら入り混じりまして: Metalchicks' Pre-release Party feat. メタルチックス,ASA-Chang & 巡礼,にせんねんもんだい,キー (16th Jul. @ 渋谷ラッシュ)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.