buttonウォッチング・ザ・スカイ 2010
@ 日比谷公園大音楽堂 (4th Apr '10)

- ジェシー・ハリス - 確固たる力を見せたシンガー
Jesse Harris
 すっかり日が暮れた頃。このイベントに今年で2度目の出演となる、ジェシー・ハリスがステージに姿を見せる。繊細なメロディラインが耳に残る彼の曲からは、時間の流れをも美しく変容させるような歌のチカラを感じられた。まさに、ずっとその場にいたいと思わせられるライヴである。

Jesse Harris  カントリーやフォークといったジャンルの匂いを残しつつ、都会的な音楽も取り入れるシンガー・ソングライター。今回の春フェスのタイトル名は、彼のアルバム、『ウォッチング・ザ・スカイ』から名付けられたとのこと。昨年の同イベントで、初めて日本の野外フェスを体感した彼。きっとこのフェスには、思い入れも深いことだろう。

 ギターを手にしたジェシー・ハリスと、パーカッションのビル・ドブロとの2人編成での出演となるライヴ。彼のステージは、一見とても穏やかなムードで進められていく。けれどシンガー・ソングライターとして、確固たる信念が内側からジワジワと沸き上がってくるのだ。初盤に披露された、「ライト・アズ・ア・フェザー」などでも、余計な小細工は一切ないストレートな演奏が印象的。揺るぎない実力を持ち合わせているのがビシビシと伝わってくる。

 中盤には、「ウォッチング・ザ・スカイ」や、「ホワット・ユー・ウオンテッド」などの楽曲を。心落ち着く曲から妖艶さを放つものまでと、様々な曲調を織り交ぜたセットを展開していく。ただどの時間も、彼の歌声があるだけで胸の奥に安心感があるのは確かだ。これもまた魅力のひとつなのだろう。

Jesse Harris  終盤には、なんとおおはた雄一がゲストとして登場。ジェシー・ハリスは彼の最新アルバム、『光を描く人』のプロデュースを手がけている。互いの信頼関係が築かれているからか、すべての音が調和しているように感じられてならない。冷え込んだ野外会場の寒さが鈍くなるほど、彼らの奏でる音楽にウットリしてしまった。

 そして本編の演奏終わりには、アンコールまでも行なってくれるというサービス精神旺盛な彼。思う存分といえるほどに、ニューヨーク代表と呼ばれる演奏を堪能することができた。このイベントの2日後、彼は横浜のサムズアップにておおはた雄一とのコラボ・ライヴを行なったとか。今後は、どのようなライヴを見せてくれるのだろうか。プロデューサーとしても、活躍の幅を広げる彼にしっかり注目していきたいと思う。
Jesse Harris
-->-->Joe Henry

report by ai and photos by funabashi
==>top page : JPN / ENG

Watching The Sky : intro (JPN) & overall review (JPN)
feat. Emi Meyer (review) | Ann Sally (review) | Yuichi Ohata (review)
Humbert Humbert (review) | Jesse Harris (review) | Joe Henry (review)

buttonmag files : Jesse Harris

button確固たる力を見せたシンガー (10/04/04 @ Hibiya Yagai Ongakudo) : review by ai, photos by funabashi
buttonphoto report (10/04/04 @ Hibiya Yagai Ongakudo) : photos by funabashi


The official site

Jesse Harris

http://www.jesseharrismusic.com

check 'em? -->My Space / iTunes



The latest album

Jesse Harris

"Watching The Sky"
(国内盤 / US Import / iTunes + Special Mix)
The latest work

Jesse Harris

"The Hottest State [Soundtrack]"
(US Import)


Previous works

"Feel"(UK Import / iTunes)
"Mineral"(US Import / iTunes)
"While the Music Lasts"(US Import)
"The Secret Sun"(国内盤 / US Import / iTunes)
"Crooked Line"(UK Import)
"The Artists Den, Vol. 1 (Digital Version)"(iTunes)
"The Living Room - Live In NY"(Tunes)



check the albums?

Feature Special

Watching The Sky


Intro (JAP)

REVIEWS &PHOTOS

overall review

[ ai ]


The latest album

Jesse Harris

"Watching The Sky"
(国内盤 / US Import / iTunes + Special Mix)

ai's works & twitter

mail to

button2010

buttonCD review : パスポート : エミ・マイヤー (10th Mar.)
buttonCD review : kotobuki 2010 : 寿[kotobuki] (1st Mar.)
buttonDVD review : アクション! : サンタラ (1st Feb.)

button2009

button1日目 - 海と木々に囲まれた会場を目の前に -, 2日目 - 今なおイベントが親しまれる理由 -, 3日目 - 興奮の渦に包まれた1日 -, - アウトロ - 取材後記 : サンセット・ライヴ2009 (4th - 6th Sept. @ 芥屋海岸)
buttonCD review : イッツ・ソー・イージー : サンタラ (26th Jun.)
button包容力のある世界観 : トラヴィス (27th Feb. @ 東京国際フォーラム)
button音を身近に感じる瞬間 : サンタラ (6th Feb. @ 渋谷BYG)
button語り継がれてほしいもの : 寿 [kotobuki] (31st Jan. @ 新大久保アールズコート)
button見えない繋がり : スターズ (10th Jan. @ 渋谷クラブクアトロ)

button2008

button心に散らばっていく光 : ジャスティン・ノヅカ (27th Oct. @ 原宿アストロホール)
button言葉よりも前に広がる想いを : te'(テ) (25th Oct. @ 渋谷クラブクアトロ)
button幸せな顔の連鎖 : 朝霧ジャム - イッツ・ア・ビューティフル・デイ! (4th & 5th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button小さな世界を彩る : タフ・セッション (5th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button羽が舞い上がるまでの成長を描写する : ピューパ (5th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button家族で紡がれる風景 : キティー、デイジー & ルイス (5th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonあなたが笑うから私も笑う : カミーユ (4th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button声の行く先は触れることのない場所へ : カミーユ (4th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonつま先から沸き上がる音 : スカ・クバーノ (24th Sept. @ 赤坂ブリッツ)
buttonCD review : color(カラー) : Lo(ロー) (13th Sept.)
buttonCD review : おやぢいらんかぇ~ : ペーソス (21st Aug.)
buttonCD review : ホーリー : ジャスティン・ノヅカ (15th Aug.)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to .They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.