buttonウォッチング・ザ・スカイ '10
@ 日比谷公園大音楽堂 (4th Apr '10)

- エミ・マイヤー - 日本語の新たな一面に出会える歌
Emi Meyer
 背筋をピンと伸ばして、まっすぐな姿勢で歌とピアノを響かせていくエミ・マイヤー。彼女のライヴは、ほどよい緊張感とオーガニックな温かい空気感に満ち溢れていた。

 この日の本編でトップバッターを務める彼女は、アメリカを拠点に活動するシンガー・ソングライター。3月に全曲日本語で歌う2ndアルバム、『パスポート』を発売し、大きな話題を集めたばかり。そして5月に行なわれるツアー、「Emi Meyer "Tour PASSPORT"(エミ・マイヤー"ツアー パスポート")」を控えている中、ここ日比谷野外音楽堂に姿を見せてくれた。今回は弾き語りではなく、3人のメンバーを加えてのバンド編成で出演となる。

Emi Meyer 風が冷たく吹く会場に、まずしっとり溶け込んできたのは、「シティ・オブ・エンジェルズ」。体を解きほぐすように、軽やかな音が全身に染み込んでくる。そして彼女の凛とした表情と時折見せる穏やかな笑顔に、なんともいえない心地よさが。早くも心に晴れ間が広がるのを、実感できる瞬間だった。

「音楽に浸りながら、日が落ちるまで楽しみましょう」。そんな一言から始まったのが、ブラジリアン・リズムの要素を含んだ「庭園」だ。日本詞で紡がれるこの曲は、何度聴いても懐かしさと新鮮さを届けてくれる。それほど独自性のある世界観を、持ち合わせている証拠だろう。群を抜いたソングライティング・センスに、改めて感服してしまった。

 後半では、「登り坂」や「パスポート」など日本詞の楽曲を中心に披露。かすかな音色までも大切にしたサウンドに、何度も意識を奪われてしまった。まるで詞の中にある感情の揺れを、正確に表現しているかのようだ。彼女のスモーキーな歌声から生まれるムードにも、ピッタリ調和した演奏である。

Emi Meyer 初めて目にした彼女のバンドでのステージ。弾き語りとはまた違った、彩りのある音模様を味わえたように思う。そして言葉の美しい響きと奥深さを、たっぷり感じさせてくれるライヴだった。今後もバイリンガル・ヴォーカルとして、さらに独特の世界観を確立してほしいものだ。

 ちなみに5月に開催のツアーも、この日と同様のバンド・メンバーで演奏するとか。幅広いアプローチを見せる曲達を、ぜひ生演奏で楽しんでほしい。まだ知らない日本語の世界に、きっと出会えるはずだ。
Emi Meyer
photos by nachi
==>top page : JPN / ENG

Watching The Sky : intro (JPN) & overall review (JPN)
feat. Emi Meyer (review) | Ann Sally (review) | Yuichi Ohata (review)
Humbert Humbert (review) | Jesse Harris (review) | Emi Meyer (review)

エミ・マイヤー ライヴスケジュール

10/05/16 @ 愛媛:城山公園ふれあい交流広場"Live Earth MATSUYAMA 2010"
10/05/22 @ 山梨:Natural High!
10/05/29 @ 熊本:SECOND SIGHT

詳細はこちらでご確認ください。

buttonmag files : Emi Meyer

button日本語の新たな一面に出会える歌 (10/04/04 @ Hibiya Yagai Ongakudo) : review by ai, photos by nachi
buttonphoto report (10/04/04 @ Hibiya Yagai Ongakudo) : photos by nachi
buttonCD review : Passport(10/03/11) : review by ai


The official site

Emi Meyer

http://emimeyer.jp/indexTop.php/

check 'em? -->My Space / Twitter / iTunes



The latest album

Emi Meyer

"パスポート"
(国内盤 / iTunes)
previous works

Emi Meyer

"Curious Creature"
(国内盤 / iTunes)

"Jamaica Song [with Cool Wise Man]"(iTunes)
"君に伝えたい - Single"(iTunes)
"庭園 - Single"(iTunes)
"登り坂 - Single"(iTunes)

check the albums?

Feature Special

Watching The Sky


Intro (JAP)

REVIEWS &PHOTOS

overall review

[ ai ]


The latest album

Emi Meyer

"パスポート"
(国内盤 / iTunes)

ai's works & twitter

mail to

button2010

buttonCD review : パスポート : エミ・マイヤー (10th Mar.)
buttonCD review : kotobuki 2010 : 寿[kotobuki] (1st Mar.)
buttonDVD review : アクション! : サンタラ (1st Feb.)

button2009

button1日目 - 海と木々に囲まれた会場を目の前に -, 2日目 - 今なおイベントが親しまれる理由 -, 3日目 - 興奮の渦に包まれた1日 -, - アウトロ - 取材後記 : サンセット・ライヴ2009 (4th - 6th Sept. @ 芥屋海岸)
buttonCD review : イッツ・ソー・イージー : サンタラ (26th Jun.)
button包容力のある世界観 : トラヴィス (27th Feb. @ 東京国際フォーラム)
button音を身近に感じる瞬間 : サンタラ (6th Feb. @ 渋谷BYG)
button語り継がれてほしいもの : 寿 [kotobuki] (31st Jan. @ 新大久保アールズコート)
button見えない繋がり : スターズ (10th Jan. @ 渋谷クラブクアトロ)

button2008

button心に散らばっていく光 : ジャスティン・ノヅカ (27th Oct. @ 原宿アストロホール)
button言葉よりも前に広がる想いを : te'(テ) (25th Oct. @ 渋谷クラブクアトロ)
button幸せな顔の連鎖 : 朝霧ジャム - イッツ・ア・ビューティフル・デイ! (4th & 5th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button小さな世界を彩る : タフ・セッション (5th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button羽が舞い上がるまでの成長を描写する : ピューパ (5th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button家族で紡がれる風景 : キティー、デイジー & ルイス (5th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonあなたが笑うから私も笑う : カミーユ (4th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button声の行く先は触れることのない場所へ : カミーユ (4th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonつま先から沸き上がる音 : スカ・クバーノ (24th Sept. @ 赤坂ブリッツ)
buttonCD review : color(カラー) : Lo(ロー) (13th Sept.)
buttonCD review : おやぢいらんかぇ~ : ペーソス (21st Aug.)
buttonCD review : ホーリー : ジャスティン・ノヅカ (15th Aug.)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.