buttonウォッチング・ザ・スカイ 2010
@ 日比谷公園大音楽堂 (4th Apr '10)

- アン・サリー - 柔らかな陽光を感じるステージ
Ann Sally
 歌手と医師、そして2児の母という3つの顔を持つ女性シンガー。それがアン・サリーだ。彼女の澄んだ歌声は、どこまでも広がる高い空にすーっと染み渡っていくようだった。

 2009年の12月末以降、ライヴ活動を行なっていなかった彼女。東京では今年初めてのステージになるとのこと。久しぶりに生演奏で声が聴けるとあって、多くの人達が出番を待ちわびたのではないだろうか。寒空の下で、じっと登場を待つオーディエンスの姿が印象に残っている。

 ライヴはカバー曲、「週末のハイウェイ」からスタート。春の暖かさを感じるようなアレンジで、ゆったり奏でられていく。するといつの間にか、彼女の周りに光が集まっているような錯覚に。歌から伝わる温度を、しっかり感じられている証しだろう。そしてなんと、この曲のオリジナル・シンガーの佐藤奈々子(『スウィート・スウィンギン』に収録)も会場に来ていたとか。写真家として活躍していることもあり、アン・サリーのライヴ撮影を担当していたようだ。

 次いで春をイメージした、「はなのような人」や「そよかぜ」など、この時期にちなんだナンバーを。始めのMCでは、「ハラハラと桜が舞う中、午後を過ごしてほしかった」と、天候のことを気にしていた彼女。けれど会場には、充分すぎるほどの温もりが取りまとっていたように思う。まさに柔らかな陽光を、浴びているような感覚だ。

 なかでも深く記憶に残っているのは、子守り唄のようなゆったりしたメロディで歌われる、「のびろのびろ大好きな木」。言葉を発することなく、人々を見守っている木のことを描いたこの曲。聴いているだけで、優しい気持ちと生きる活力が湧いてくる。彼女自身も改めて歌詞に感動し、涙ぐむ場面も。幅広い年代から愛されるナンバーなだけに、子連れで来ていた人はきっと親子で楽しめたはずだ。

 終始、和やかなムードで進められた彼女のライヴ。歌そのものを、じっくり楽しむことができる時間だった。そして医者や母として多忙な日々を送る彼女のステージに、運良く居合わせたことを嬉しく思う。いつの日か、春風を感じながら彼女の歌を聴きたいものだ。
Ann Sally

report by ai and photos by funabashi
==>top page : JPN / ENG

Watching The Sky : intro (JPN) & overall review (JPN)
feat. Emi Meyer (review) | Ann Sally (review) | Yuichi Ohata (review)
Humbert Humbert (review) | Jesse Harris (review) | Joe Henry (review)

アン・サリー ライヴスケジュール

10/04/17 @ 向島 洋らんセンター屋内展示棟
10/05/01 @ 京都 円山公園音楽堂
10/06/27 @ 福島 FOR 座 REST

詳細はこちらでご確認ください。

buttonmag files : Ann Sally

button柔らかな陽光を感じるステージ (10/04/04 @ Hibiya Yagai Ongakudo) : review by ai, photos by funabashi
buttonphoto report (10/04/04 @ Hibiya Yagai Ongakudo) : photos by funabashi


The official site

Ann Sally

http://www.annsally.org

check 'em? -->My Space / iTunes



The latest album

Ann Sally

"kokorouta"
(国内盤 / iTunes)
The latest single

Humbert Humbert

"時間旅行 [Maxi] " (国内盤 / iTunes)


Previous works

"Best of Best~Selected by 黒田恭一"(国内盤)
"Brand New Orleans"(通常盤 / 初回限定生産盤 / iTunes)
"hallelujah"(通常盤 / US import)
"moon dance"(通常盤 / 限定盤 / iTunes)
"day dream"(国内盤)
"Voyage"(通常盤 / 限定盤 / iTunes)
"Each Smile"(iTunes)
"Love <from Apple of Our Eye リンゴの子守唄(白盤) - Single"(iTunes)



check the albums?

Feature Special

Watching The Sky


Intro (JAP)

REVIEWS &PHOTOS

overall review

[ ai ]


The latest album

Ann Sally

"kokorouta"
(国内盤)

ai's works & twitter

mail to

button2010

buttonCD review : パスポート : エミ・マイヤー (10th Mar.)
buttonCD review : kotobuki 2010 : 寿[kotobuki] (1st Mar.)
buttonDVD review : アクション! : サンタラ (1st Feb.)

button2009

button1日目 - 海と木々に囲まれた会場を目の前に -, 2日目 - 今なおイベントが親しまれる理由 -, 3日目 - 興奮の渦に包まれた1日 -, - アウトロ - 取材後記 : サンセット・ライヴ2009 (4th - 6th Sept. @ 芥屋海岸)
buttonCD review : イッツ・ソー・イージー : サンタラ (26th Jun.)
button包容力のある世界観 : トラヴィス (27th Feb. @ 東京国際フォーラム)
button音を身近に感じる瞬間 : サンタラ (6th Feb. @ 渋谷BYG)
button語り継がれてほしいもの : 寿 [kotobuki] (31st Jan. @ 新大久保アールズコート)
button見えない繋がり : スターズ (10th Jan. @ 渋谷クラブクアトロ)

button2008

button心に散らばっていく光 : ジャスティン・ノヅカ (27th Oct. @ 原宿アストロホール)
button言葉よりも前に広がる想いを : te'(テ) (25th Oct. @ 渋谷クラブクアトロ)
button幸せな顔の連鎖 : 朝霧ジャム - イッツ・ア・ビューティフル・デイ! (4th & 5th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button小さな世界を彩る : タフ・セッション (5th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button羽が舞い上がるまでの成長を描写する : ピューパ (5th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button家族で紡がれる風景 : キティー、デイジー & ルイス (5th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonあなたが笑うから私も笑う : カミーユ (4th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button声の行く先は触れることのない場所へ : カミーユ (4th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonつま先から沸き上がる音 : スカ・クバーノ (24th Sept. @ 赤坂ブリッツ)
buttonCD review : color(カラー) : Lo(ロー) (13th Sept.)
buttonCD review : おやぢいらんかぇ~ : ペーソス (21st Aug.)
buttonCD review : ホーリー : ジャスティン・ノヅカ (15th Aug.)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to .They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.