button Glastonbury Festival
of Contemporary Performing Arts
@ Worthy Farm, Pilton, Somerset
(26th to 28th Jun. '09)

Jesca Hoop @ The Rabbit Hole (28th Jun. '09)


Jesca Hoop
Jesca Hoop Jesca Hoop
Jesca Hoop
Jesca Hoop Jesca Hoop
Jesca Hoop Jesca Hoop
 ジェスカ・フープはカリフォルニア南部出身のソロ・アーティスト。アリゾナの山奥で社会性障害児のリハビリをする仕事をしたり、トム・ウェイツの元でナニーとして働いていたこともあるという変わった経歴の持ち主。彼女の曲は基本的にフォーク系ポップソングなのだが、子供の無邪気さと大人の難しさ、輝く太陽と忍び寄る影のようなものといった両面性があり、そして何ともいえないレトロで妙な不思議さがあるのだ。とにかくユニークでアートな音楽である。

 この日彼女はザ・パークというエリア内にある、ザ・ラビット・ホールという小さなバーの中にあるステージでの出演だった。このバーは不思議の国のアリスがテーマになっていて、中にはベッドやソファーがおいてあり、壁にはチェシャー・キャットとマッド・ハッターの絵がトランプの絵とともに飾ってある。そして司会者のお兄さんはピンクのうさぎの着ぐるみ(顔はでているが)を着て登場。何気にかわいいんだか怪しいんだかわからない場所。このバーでのラインアップはオフィシャルの時間割表には載っておらず、バーの前の看板で確かめるようになっていた。

 彼女はエルボーのヴォーカリスト、ガイ・ガーヴェイとデュエットした曲を1曲リリースしていて、彼女がエルボーのツアーでサポートした際はガイも参加でその曲を演奏した。まさかこの日はそれはないだろうと思っていたのだが、ガイがステージに登場。エルボーの出演予定はなかったが、どうやらガイだけ遊びで来ていた模様。ちょっとしたサプライズだった。

 しかし、見ていた観客は多く見ても15人。そのうち大半がジェスカとガイの仲間関係の人たち。ガイもデュエットで登場したあとは観客の中で見ていた。まるで身内のパーティ状態だったので、ジェスカはリラックスしていたらしく、なかなか良い雰囲気。始終笑顔を浮かべ、曲の合間にジョークも言っていた。ところが最後の曲が始まる直前に、同バー内でいきなり音楽を流し始め、それがやたらうるさい状況に。まだ演奏が終わってないんだからやめればいいのに、音は大きくなる一方。ジェスカは「あ〜、すごい邪魔な音なんですけど、これ」と、困惑した表情をしていた。彼女はアコギ一本での演奏だったので、どんなにがんばってもバーのスピーカーからがんがん流れてくる大音量には勝てる見込みはなかった。結局諦めて演奏を始めてたが、なんだかちょっとかわいそうだったかな。

 この巨大なフェスティバルの一角の、こんな小さなステージで見たジェスカのライブ。なんだか巨大なステージと大群衆な観客にすっかり頭が麻痺していて、こんな近くで聴く、こんな親密なライブはなんだか躊躇してしまうほどダイレクトに音楽が自分の前にやってくるのを感じた。それにちょと怪しいながらも不思議のアリスがテーマだったこのバーは、ジェスカの雰囲気にぴったりだったんじゃないだろうか。3日間いろんなアーティストを見たが、このライブは中でも一番心に残るものとなった。


comment and photos by emi

==> Feature Special Glastonbury Festival 2009
Intro (JPN)
==> Smashing Mag
top pageJPN / ENG

buttonmag files : Jesca Hoop

buttonphoto report (09/06/28 @ Glastonbury Festival, Pilton) : photos by emi

The official site

Jesca Hoop

www.jescahoop.com

check 'em? --> MySpace / iTunes



The latest album

Jesca Hoop - Kismet

"Kismet"
(US import / iTunes)

The latest EP

Jesca Hoop - Kismet Acoustic EP

"Kismet Acoustic EP"
(US import / iTunes)



previous works

"Silverscreen Demos - EP"(iTunes)

check the albums?

Feature Special

Glastonbury Festival



REVIEWS & PHOTOS

Overall Review (JPN)

      [Vol.1 by emi]
      [Vol.2 by keco]


photo reports & reviews

on the 26th

button Lily Allen @ Pyramid Stage
button Dan Black @ John Peel Stage
button British Sea Power @ Avalon Stage
button Doves @ John Peel Stage
button Fleet Foxes @ Pyramid Stage
button Friendly Fires @ Other Stage
button Lady Gaga @ Other Stage
button Specials, The (emi's version / hanasan's version @ Pyramid Stage
button Virgins, The @ John Peel Stage
button Neil Young (emi's version / hanasan's version @ Pyramid Stage


on the 27th

button Kasabian @ Pyramid Stage
button Bombay Bicycle Club @ The Park Stage
button Crosby, Stills & Nash @ Pyramid Stage
button Jarvis Cocker @ John Peel Stage
button Pete Doherty @ Other Stage
button Maximo Park @ Other Stage
button Passion Pit @ John Peel Stage
button The Temper Trap @ John Peel Stage
button Dizzee Rascal @ Pyramid Stage
button White Lies @ John Peel Stage

on the 28th

button Bat For Lashes @ Other Stage
button Black Eyed Peas (hanasan's version / keco's version @ Jazz World Stage
button Blur @ Pyramid Stage
button Jesca Hoop @ The Rabbit Hole
button Khaled @ Jazz World Stage
button Roger McGuinn @ Acoustic Stage
button Soft Pack, The @ John Peel Stage
button Wombats, The @ John Peel Stage

mag files : Glastonbury Festival


[2009]
[2008]
[2007]
[2004]
[2002]
[2000]
[1998]



Staff data base

[emi] [hanasan] [keco]

無断転載を禁じます。The copyright of the article and photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.