button Glastonbury Festival
of Contemporary Performing Arts
@ Worthy Farm, Pilton, Somerset
(26th to 28th Jun. '09)

Bat For Lashes @ Other Stage (28th Jun. '09)


Bat For Lashes Bat For Lashes
Bat For Lashes Bat For Lashes
Bat For Lashes Bat For Lashes
Bat For Lashes Bat For Lashes
 デビュー以来ものすごい勢いで人気が上昇しているバット・フォー・ラッシーズ。彼らはバンドというよりも、シンガー・ソングライターであるナターシャ・カーンによるプロジェクトのようなもの。彼女の作り出す世界は美しくも異様なものがある。ファースト・アルバム及び今回のニュー・アルバム共々マーキュリー・プライズにノミネートされている。契約しているレーベルも、リリースごとに更に大きなレーベルへと移籍。それだけ期待がかけられ、注目されているアーティストなのだ。

 私は今回で彼らを3回見たことになる。初めて見たのは数年前。まだファースト・アルバムが出ていない頃で、名前もあまり知られていなかった。演奏に使っていたのはキーボードが主で、あとはマーチング・バンドが使用するような太鼓、オルガン、アコーディオン、バイオリン、数々のアンティーク風な打楽器だった。かなり異質な雰囲気をかもし出していた。とにかく不思議で、繊細で、デリケートな音楽だった。普通のバンドにはないものがあり、かなりオルタナティヴな性質があった。そしてナターシャはステージ上でかなり緊張していたらしく、手が震えていた。

 2度目に見たのは一昨年のグラスト。初めて見た頃に比べると、あの異質な感じは多少薄れてだいぶ通常のバンドっぽい感じにはなっていたが、相変わらず不思議で美しく、繊細でデリケートな音だった。おまけに相変わらずナターシャはナーバスな笑みを浮かべていた。たぶん緊張していたに違いない。

 そして今回の3度目。マーチング・バンドの太鼓、アンティークな打楽器が消え、まるっきり普通のバンドが使う楽器を使用でステージに登場したのには驚いた。音もほぼ完璧な「バンド」の音になり、繊細でデリケートな感じはかなり薄れていた。今までバックで演奏していたメンバー達は全員いなくなってしまい、その代わりに違うメンバーが参加となったのだが、そのうちの一人が今までアッシュのギタリストとして活躍していたシャーロット・ハザレイだった。音が根本的に変わっただけでなく、ナターシャ自身もナーバスな表情をぜんぜん出さなくなっていた。それどころか、ステージ上で右へ左へと動き回り、踊るかのようなポーズで歌っていた。

 まるで別のバンドだった。あの異質な世界は消え、美しいながらもコマーシャルな音へと変化していた。確かに以前のあれだけ変わった音だったら、その系統が好きなオルタナティヴ・ミュージックのファンにしか受けなかったかもしれない。今回の変化によって、より広いオーディエンスを得ることができるようになったとは思われるが、個人的にはがっかりだった。それでも、オルタナティヴでそこそこしか売れず、気がついたらレーベルから契約破棄されて解散なんてことになってるよりかはマシかもしれないが。


comment and photos by emi

==> Feature Special Glastonbury Festival 2009
Intro (JPN)
==> Smashing Mag
top pageJPN / ENG

buttonmag files : Bat For Lashes

buttonphoto report (09/06/28 @ Glastonbury Festival, Pilton) : photos by emi
button不思議少女のラビリンス (07/06/23 @ Glastonbury Festival, Pilton) : review by kaori, photos by emi
buttonphoto report (07/06/23 @ Glastonbury Festival, Pilton) : photos by emi

The official site

Bat For Lashes

www.batforlashes.co.uk

check 'em? --> Myspace / iTunes



The latest album

Bat For Lashes - Two Suns

"Two Suns"
(US import / US import: 12 inch analog)


The latest single

Bat For Lashes - Pearl's Dream

"Pearl's Dream"
(US import: 7 inch analog)


Previous works

"Perfect As Cats: A Tribute to the Cure" (iTunes)
"Live Session - EP" (iTunes)
"Fur and Gold" (UK import / US import / US import: 12 inch analog / UK import: 12 inch analog / iTunes)
"Daniel [Single]" (US import: 7 inch analog)
"What's A Girl To Do [Single]" (UK import / iTunes)
"Prescilla [Single}" (UK import)


check the albums?

Feature Special

Glastonbury Festival



REVIEWS & PHOTOS

Overall Review (JPN)

      [Vol.1 by emi]
      [Vol.2 by keco]


photo reports & reviews

on the 26th

button Lily Allen @ Pyramid Stage
button Dan Black @ John Peel Stage
button British Sea Power @ Avalon Stage
button Doves @ John Peel Stage
button Fleet Foxes @ Pyramid Stage
button Friendly Fires @ Other Stage
button Lady Gaga @ Other Stage
button Specials, The (emi's version / hanasan's version @ Pyramid Stage
button Virgins, The @ John Peel Stage
button Neil Young (emi's version / hanasan's version @ Pyramid Stage


on the 27th

button Kasabian @ Pyramid Stage
button Bombay Bicycle Club @ The Park Stage
button Crosby, Stills & Nash @ Pyramid Stage
button Jarvis Cocker @ John Peel Stage
button Pete Doherty @ Other Stage
button Maximo Park @ Other Stage
button Passion Pit @ John Peel Stage
button The Temper Trap @ John Peel Stage
button Dizzee Rascal @ Pyramid Stage
button White Lies @ John Peel Stage

on the 28th

button Bat For Lashes @ Other Stage
button Black Eyed Peas (hanasan's version / keco's version @ Jazz World Stage
button Blur @ Pyramid Stage
button Jesca Hoop @ The Rabbit Hole
button Khaled @ Jazz World Stage
button Roger McGuinn @ Acoustic Stage
button Soft Pack, The @ John Peel Stage
button Wombats, The @ John Peel Stage

mag files : Glastonbury Festival


[2009]
[2008]
[2007]
[2004]
[2002]
[2000]
[1998]



Staff data base

[emi] [hanasan] [keco]

無断転載を禁じます。The copyright of the article and photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.