button朝霧ジャム - イッツ・ア・ビューティフル・デイ!
@ 朝霧アリーナ (5th Oct '08)

- キティー、デイジー & ルイス - 家族で紡がれる風景
Kitty, Daisy & Lewis
 家族でバンドを結成したとすれば、日常の会話から口論まで全て音楽のことなのだろうか。キティー、デイジー&ルイスの存在を知った時、真っ先に思い浮かべてしまったことは、そんな一日の風景である。それに思春期でもある彼らは、これから多くの恋愛も経験するだろう。だが、ほとんど一緒に居るのだから、隠したいことも筒抜けなのかもしれないと余計な心配ばかりを巡らせていたように思う。

Kitty, Daisy & Lewis 彼らのことは、朝霧へ向かう車内の中でも話題になっていたのだが、自分自身が明確に理解していた事柄は、マルチ・インストゥルメンタリストでもある3人の兄弟をメインとしたファミリー・バンドであるということぐらいだ。ほんの少し付け加えるとすれば、デビュー・アルバムとなる"キティー、デイジー&ルイス"の評判が楽曲だけではなく、50年代前後の匂いを感じてならないモノクロのジャケットに好印象を抱いている人達が、知る限りでは大勢いるといったところ。それもそのはずで、姿を写している彼らは、平均年齢がまだ17歳というのに、すっかり時代に調和しているのだから。

Kitty, Daisy & Lewis 2日目となるこの日、正午を回った頃に、まずは最年少でもある15歳のキティーと赤いドレスを身にまとった20歳のデイジーが、ひとつのマイクに互いの頬を近づけながら声だけを合わせていく。2人とも本当にこの年齢なのだろうかと疑ってしまうほどに色っぽくて魅力的だ。次に登場した18歳のルイスは、ギターの弦にタバコを挟んでいるのだが、若さ故にそれがどうもしっくりこない。幼き表情が見え隠れしているからなのだろう。しかし、終始外すことのない彼が愛らしくも思えた。アコースティック・ギターを手にし、見るからに優しさを帯びて座っているのは、父のグリーム・ダラム。以前はマスタリング・エンジニアだったとのこと。そして、見守るかのようにウッド・ベースを構えているのは母なのだが、レインコーツというバンドに在籍していたイングリッド・ウェイスである。終演後に小耳にした話しになるが、彼らの音に対するこだわりから、日本には持ってこなかった機材の手配が大変だったそう。

Kitty, Daisy & Lewis はじめて彼らの音源に触れたのは、60年代を代表するブルース・バンドのキャンド・ヒートのカヴァーで"ゴーイング・アップ・ザ・カントリー"であった。両親の影響もあり、同世代が知らないような音楽が常に溢れている環境だったのだろう。確か9曲目あたりに聴かせてくれだのだが、その時には、スネアをセンターに移動し、ブラシを使いながらも力強さを魅せてくれるデイジーとハーモニカを口にしたキティーがヴォーカルとなり、ルイスはキーボードを弾いていく。やはり同じ血が流れているだけあって、強弱の付け方は違うものの声質は似ているのだ。

 最初に述べたように、複数の楽器を演奏できる3人は、1曲ごとに動き回り何度もポジションを交代していく。例えば、後半に披露された"ヒルビリー・ミュージック"では、キティーがバンジョーとハーモニカ。姉のデイジーはアコーディオンを肩に掛け、ルイスはギターやバンジョーの他にヴォーカルをこなしてしまう。正直、観客のこちら側でさえも戸惑ってしまう立ち代わりぶりなのだ。

 居合わせた人の中には、手を繋ぎながら社交ダンスのように回転していくカップルや、目が点になりながらも拍手を送っている姿があったのだが、筆者自体は後者のひとりである。だから、じっくり彼らを体験したいと思ってしまう。

 一度は袖に引っ込んでしまった彼らだが、スタートの合図を発してくれたギャズ・メイオールが、ステージに現れてアンコールを煽ってくれる。ただ、それでも再び望んでしまうほど、一瞬にして過ぎてしまったひと時であった。

 これほどパワフルになりたいものだ。そんなことまで考えてしまう彼らのライヴ。次に来日する時は、一段と大人っぽくなっているのだろうかと想像だけが膨らんでしまっている。
Kitty, Daisy & Lewis



report by ai and photos by hanasan

buttonmag files : Kitty, Daisy & Lewis

button家族で紡がれる風景 (08/10/05 @ Asagiri Arena) : review by ai, photos by hansan
buttonphoto report (08/10/05 @ Asagiri Arena) : photos by hansan
buttonphoto report (08/03/14 @ Ninety Proof Lounge, Austin TX) : photos by hansan


The official site

Kitty, Daisy & Lewis

http://www.myspace.com/kittydaisyandlewis

check 'em? --> My Space / iTunes



The latest album

Kitty, Daisy & Lewis

"Kitty, Daisy & Lewis"
(国内盤 / UK import / iTunes)

The latest single

Kitty, Daisy & Lewis

"Going Up the Country [Single]"
(UK import / UK import - '10analog / iTunes)


previous works

"Sunday Best: Increase the Peace, Vol. 1"(iTunes)
"Sunday Best's Spring Cleaning"(iTunes)
"Tape That, Vol. 1"(iTunes)
"A to Z [compilation]"(UK import / iTunes)
"Mean Sun of a Gun [Single]" (UK import / UK import - '7analog / UK import - '10analog / iTunes)
"Rock N Roll" (UK import - '7analog)
...and more
check the albums?



Intro (JPN)

REVIEWS &PHOTOS

overall photo document

      [Vol.1 by hiroshi]
      [Vol.2 by ikesan]
      [Vol.3 by keco]


overall review

      [JPN by ai]
      [JPN by nob]
      [ENG by seb]


photo reports &reviews

4th Oct. @ Rainbow Stage

4th Oct. @ Moonshine Stage

5th Oct. @ Rainbow Stage

5th Oct. @ Moonshine Stage



Staff database

[ai] [hanasan] [hiroshi] [ikesan] [keco] [mimi] [nob] [seb] [taiki]

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever without the author's approval.counter
==>BackTo The Top Page : JPN / ENG.