button South by Southwest Music Festival + Conference
@ Austin, Texas (12th-16th Mar '08)

Feature Special SXSW 2008

- Outro -
SXSW 2008
 初めてスマッシング・マグが... というよりは、マグをベースに活動の幅を広げている写真家、ryotaがこのフェスティヴァルを取材したのは2004年だった。おそらく、ryotaの単独取材によるあのレポートが、我々を突き動かしたんだろう。翌2005年には4人がオースティンに飛んで特集取材を敢行。しかも、速効でレポートをあげるなど、今、振り返れば、マグが海外でも脚光を浴びるようになったきっかけのひとつがこの特集ではなかったかと思えるのだ。

 以来、恒例となっていった特集のために、今年、テキサス州オースティンへ飛んだのは5人の写真家とライター。とはいっても、すでにイントロで書き残しているように、無数とも思えるライヴを全て網羅するのは不可能で、我々がここに残したのは氷山の一角にしか過ぎない。しかも、毎年発見していくことになるんだが、街中の小屋からバー、レストランに至るまでが巻き込まれるそんなライヴの他にも、一般には告知されることなく密かに開催されるプライヴェート・パーティに面白いものがいっぱいある。それについては、結局、ほとんど触れることができなかったというのが実に残念だ。

SXSW 2008  加えて、あまりにいろいろな会場でライヴが繰り広げられるからなんだろう。まともな照明や音響設備もないような環境で演奏しなければいけないミュージシャンたちには、同情を禁じ得なかった。その最たる例がキティ、デイジー & ルイス。ロンドンからはるばるやってきて、トラブルの連続に見舞われた彼らがかわいそうでならなかった。しかも、複数のバンドが次々に演奏するということもあって、アンコールもままならない。あれほどの悪条件の下で演奏しながら、アンコールを求める声が止まなかったというのは、おそらく、彼らの実力の証明なんだろうが、他の会場でのライヴを見ればよかったと悔しい思いをしたものだ。ただ、こんなアーティストと遭遇できたことに付いては、素直に喜びたいと思うのだ。

 その一方で、取材陣の最古参であるryotaの口にした言葉もちょっと気になっている。

「なんか、去年と比べてストリートでの雰囲気がちょっと変わったように思えるんですよ」

 ストリートの端っこからコーナーなどでさまざまなライヴが繰り広げられていたのは、例年通りなんだが、もっとぶっ飛んだ「祭り騒ぎ」のエンターテインメントをそれほど目にすることがなかったようにも思える。どこでなにが起こるのはわからない「楽しさ」や、祭りにはつきものの浮かれたバカ騒ぎが希薄になってきたんだろうか。また、ストリート・ライヴのなかには、単純な物乞いのようなものまで登場。去年はこんなことはなかったように思えるんだが、気のせいだろうか。

SXSW 2008  それに、より多くの国からバンドが集まるようになったということで、スペインやカナダあたりのショーケース的なライヴも覗いてはみたんだが、どこかで「アメリカ受けする音楽」ばかりが耳に付いた。当然ながら、ここはアメリカ。それも当然なんだろうが、そのアメリカでさえ、旧態依然とした「アメリカ的」音楽からの変化を求めているときにそれぞれの国や文化を正面から打ち出したバンドにはあまりお目にかかれなかったのがざ残念だ。実際に、ヨーロッパで数多くのユニークなバンドに次々と遭遇している見ている立場から言えば、このあたりに不満が残る。とはいっても、1400ものアーティストがここに来ていたんだから、そういったアクトを探し出せなかっただけかもしれない

 それでも、このフェスティヴァル時期のみならず「音楽が街の看板」と言われるオースティンの奥深さは否応なしに思い知らしらされることになる。それぞれのレポートでちらりと書いているんだが、日本じゃなかなかお目にかかれない伝説的なミュージシャン、辣腕スタジオ・ミュージシャンたちが、文字通り、そこら中で演奏しているのだ。おそらく、この街ではそれほど珍しいことでもないんだろうが、そういったミュージシャンの名前を発見する度に「マジかぁ?」と自分の目や耳を疑ったことが幾度もあった。このあたり、アメリカ音楽のファンにとってみれば、夢のような体験ができたようにも思うのだ。

 当然ながら、すでに来年もここを訪ねるだろうし、できればちょっとでも早く乗り込んで、普段のオースティンも楽しんでみたいように思う。実際、ここで毎日素晴らしい演奏が繰り広げられているという話は幾度も耳にしている。そうでなきゃ、こんなフェスティヴァルを形にすることなんて不可能に思えるのだ。
SXSW 2008
comment and photos by hanasan

==> Feature Special SXSW 2008 : Intro (JPN | ENG) ==> Smashing Mag top page : JPN / ENG


buttonSXSW 2008 (08/03/12-16 @ Austin, Texas) : report by ryota,keco,hoya,miyo,hanasan
buttonSXSW 2007 (07/03/13-18 @ Austin, Texas) : report by ryota,sam,keco,hanasan
buttonSXSW 2006 (06/03/15-19 @ Austin, Texas) : report by ryota,sam,keco,toddy,taisuke,taeko,taiki,hanasan
buttonSXSW 2005 (05/03/16-20 @ Austin, Texas) : report by ryota,sam,toddy,taisuke
buttonSXSW 2004 (04/03/17-21 @ Austin, Texas) : report by ryota

==>top page : JPN / ENG

The official site

SXSW 2008

http://2008.sxsw.com/music/
check the albums?

SXSW 2008

Feature Special
SXSW 2008

intro (JPN | ENG)

REVIEWS & PHOTOS

Overall View

[miyo]

Overall Photo Documentary


photo reports & reviews

on the 12th

on the 13th

on the 14th

on the 15th

outro (JPN | ENG)

mag files : SXSW


Staff data base

[ryota] [keco] [hoya] [miyo] [hanasan]

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to , , , & (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.