button グラストンバリー・フェスティヴァル
@ ワージー・ファーム、ピルトン、サマーセット (22nd - 24th Jun. '07)

ゴーゴル・ボールデーロ @ ピラミッド・ステージ (22nd Jun. '07)

フェスを渡り歩くジプシー・パンクス

Gogol Bordello
 SXSW'06(@イモウズ)で見つけた自称ジプシーパンクス、ゴーゴル・ボーデロは、フロッギング・モリーにリヴィング・エンドといった日本でも数千人を集めるバンドを前座に追いやって、堂々のトリをつとめたバンドだった。そのライブはとんでもないもので、音がどうとかいう前にまず振動あり。様々な文化と主張が詰まったバンドの力に飲み込まれ、パスポートと全財産を持ったままダイブしてしまった。今でも、体の痛みからホテルへと帰る道すがらに感じた虚脱にいたるまでしっかりと覚えている。無理くり誘ったカメラマンにしても「こんなの見たら他のバンド撮れない…ふぁあ」と気の抜けた息を吐いていた。

Gogol Bordello だんだんと暖かくなってくる時期に彼らのスケジュールを見れば、世界各国のありとあらゆるフェスティバルの名前がズラリと並んでいる。おそらくその裏には、バンドというファミリーを率いてツアーという放浪を続けなければ「ジプシー」の名前を冠にできない、との思いもあるはずだ。思えば、マヌ・チャオ目当てで立ち寄った、グラスト一週間前のボナルー・フェスティヴァルにも出演していた。ひと時も隙を見せない圧倒的テンションでたたみかけたライブは見る者にストンプをさせて、足元から立ちのぼる土埃はレッド・マーキーほどの巨大テントをまっ黄色に染めていた。引く手あまたのフェスティヴァル・バンドである彼らは、ボナルーの後も休みなくライブと移動を繰り返していた。そんな話を小耳に挟めば自然と浮かんでくるのが、疲れは抜けているのだろうか……という思い。しかし、流浪のバンドはそんな心配を軽やかなステップで蹴散らしてくれた。グラストンバリーのピラミッド・ステージにただれた絶叫をともなって現れたのだ。

 とあるデザイナーがプロデュースしている奇抜な衣装は、過去/現在/未来、ヨーロッパからアジア、民族的な色から三本線のスポーツブランドまでがごちゃ混ぜになっていて、あらゆる文化を吸収してきたジプシーの代表、ゴーゴル・ボーデロの世界をうまく投影している。ステージ上では老若男女が血流で赤く染まった体で飛び跳ね、受け手に有無を言わさず「感じさせて」しまうバンドであるからこそ、まんま、と言い切れる衣装ができ上がったのだろう。

Gogol Bordello しかし、ゴーゴル・ボーデロの真骨頂は見た目の鮮やかさではなく、訛りっ放しでろれつのまわらない叫びだ。訛りはアコーディオンとフィドルが奏でるメロディラインという道であり、もちろんチェルノブイリ難民としてウクライナからニューヨークへ渡った過去を持つユージン・ハッツ(Vo.)が使う言葉そのものでもある。流浪の民としての生き方が投影されたバンドであるために、連日連夜ライブに移動にと戦い続けているのだ。

 フィドル弾きのじいさん、セルゲイはきっかけをみつけてはステージのきわまで飛び出て、額に血管を浮かべながら腕を震わせ、パメラとエリザベスの二人はステージを縦横無尽に走り回り、ウオッシュボードにダンスにコーラスにと手をかえ品をかえオイタする。やがてエリザベスがマーチングバンドで使うような大太鼓に勢いよくマレットを振り下ろし、相方のパメラはシンバルをガシガシ打ち鳴らす。挟まれたハッツはマイクスタンドに火消し用の「FIRE」と書かれたバケツを被せて乱打する。たしか、昔はカウベルを叩いていたはずだ。ありきたりでちんまりしたカウベルでは敵わないと思ったかは定かでないけれど、三つ巴に絡まる粗雑な衝突音をぶつけて強烈な縦揺れを生み出していた。

 いつもならばオーディエンスの上に大太鼓、そのまた上にハッツが鎮座するというとんでもない光景が広がるはずだった。しかし、ピラミッドステージはフォトピットがあまりにも広く、残念ながら実現していない。それでもゴーゴル・ボーデロという海のものとも山のものともつかない旅一座は、飾るつけられた幌馬車から爆音を垂れ流し、五万を越えるネオ・ヒッピーを狂喜乱舞させていたのだ。
Gogol Bordello

report by taiki and photos by keco

==> Feature Special Glastonbury Festival 2007
Intro (JPN | ENG)
==> Smashing Mag
top pageJPN / ENG

buttonmag files : Gogol Bordello

buttonフェスを渡り歩くジプシー・パンクス (07/06/22 @ Glastonbury Festival, Pilton) : review by taiki, photos by keco
buttonphoto report (07/06/22 @ Glastonbury Festival, Pilton) : photos by keco
buttoncolumn : 祭り囃子あれこれ (06/12/24) : review by taiki
buttonphoto report (06/03/16 @ Emo's Main Room) : photo by sam
buttonSXSW 2006 Bulletin (06/03/16 @ Emo's Main Room) : review by taiki and photo by sam

The official site

Gogol Bordello

www.gogolbordello.com

check 'em? ->My Space / iTunes



the latest album

Gogol Bordello

"Super Taranta!"
(US import / UK import / iTunes)

previous works

"Gypsy Punks Underdog World Strike"(US import / iTunes)
"East Infection"(US import)
"Voi-La Intruder"(US import / iTunes)
"Multi Kontra Cult Vs Irony"(US import / iTunes)
"When the Sun Goes Down"(US import)
"East Infection - EP" (iTunes)
"Not a Crime - EP" (iTunes)
"J.U.F." Gogol Bordello vs. Tamir Muskat (iTunes)

check the albums?

Feature Special

Glastonbury Festival



intro (JPN | ENG)

REVIEWS & PHOTOS

Overall Review (JPN)

      [Vol.1 by aco]
      [Vol.2 by emi]
      [Vol.3 by hanasan]
      [Vol.4 by kaori]
      [Vol.5 by keco]
      [Vol.6 by morissie]
      [Vol.7 by philine]
      [Vol.8 by q_ta]
      [Vol.9 by ryota]
      [Vol.10 by taiki]
      [Vol.11 by yusuke]


photo reports & reviews

on the 21st

button Captain @ The Queen's Head


photo reports & reviews

on the 22nd

button Alterkicks @ Late'n'Live
button Arcade Fire (review) @ Other
button Automatic, The (review) @ Other
button Bjork (yusuke's version / ryota's version / review) @ Other
button Bloc Party (review) @ Pyramid
button Bright Eyes (review) @ Other
button Cribs, The (review) @ Other
button Damien RIce @ Acoustic
button Fratellis, The @ Pyramid
button Gogol Bordello (review) @ Pyramid
button Kasabian (emi's version / ryota's version) @ Pyramid
button Klaxons @ Dance East
button Modest Mouse (review) @ Other
button Soil & "Pimp" Sessions @ Jazz Lounge
button Super Furry Animals @ Other
button Tokyo Police Club, The @ John Peel
button View, The (review) @ Pyramid
button Rufus Wainwright (review) @ Other
button Amy Winehouse @ Pyramid


on the 23rd

button Babyshambles @ Other
button Bat For Lashes (review) @ John Peel
button Brakes @ Other
button !!!(chk chk chk) @ The Glade
button CSS (review) @ Other
button Dirty Pretty Things @ Pyramid
button Dirty Pretty Things (review) @ Strummervill
button Disculpas De Otilia (review ) @ Lost Vagueness
button Editors @ Other
button John Fogerty @ Jazz World
button Get Cape. Wear Cape. Fly. @ John Peel
button Hiromi's Sonic Bloom (review) @ Jazz World
button Iggy and The Stooges (yusuke's version / morissie's version / review) @ Other
button Klaxons (emi's version / ryota's version / (review) @ Other
button Kooks, The (review) @ Pyramid
button Long Blondes, The @ Other
button Madness (review)@ Lost Vagueness
button Maximo Park @ Other
button Mika @ Dance East
button Pama International (review) @ Dance West
button Rodrigo Y Gabriela @ Jazz World
button Soil & "Pimp" Sessions @ Jazz World
button Paul Weller @ Pyramid
button Patrick Wolf (emi's version / morissie's version / review) @ John Peel


on the 24th

button Keith Allen @ Strummervill
button Aqualung @ John Peel
button Billy Bragg @ Left Field
button Liam Frost @ Late'n'Live
button Gossip, The (review) @ John Peel
button Go! Team, The (review) @ Other
button Horrors, The (emi's version / ryota's version / review) @ John Peel
button Husky Rescue @ The Glade
buttonJamie T (review) @ Left Field
button La Kinky Beat (review) @ The Glade
button Manic Street Preachers @ Pyramid
button Mahala Rai Banda - Electric Gypsyland (review) @ Jazz World
button Mika (emi's version / ryota's version / review) @ Other
button Noisettes (review) @ John Peel
button Polytechnic @ Late'n'Live
button Rumble Strips, The (review) @ John Peel
button Tinariwen (hanasan's version / yusuke's version) @ Jazz World
button View, The @ Other
button Who, The (review)@ Pyramid
button Young Knives, The @ John Peel


outro (JPN | ENG)

mag files : Glastonbury Festival


[2004]
[2002]
[2000]
[1998]



Staff data base


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.