button Glastonbury Festival of Contemporary Performing Arts
@ Worthy Farm, Pilton, Somerset (22nd - 24th Jun. '07)

- Intro -

Welcome to a Wonderland of Alternative Culture

ようこそ、不思議の国、グラストへ
Glastonbury Festival
 イギリス南西部にあるグラストンバリー市(正確には反対側のシェプトン・マレット市)のはずれにある村、ピルトンのワージー農場で開催されるグラストンバリー・フェスティヴァルを初めて訪ねたのは、今からさかのぼること25年前の1982年だった。当時、会場を包囲するようにも見える塀もなければ、セキュリティ・ガードもいないこれは、牧歌的な表情に包まれた、知る人ぞ知る「祭り」のように思えたものだ。集まってきていたのも2〜3万人程度で、ヒッピーといってしまえば、失礼かもしれないが、そういったイメージでとらえられるだろうという人たちが中心で、日本人は誰ひとりとしていなかった。しかも、ピラミッドの頂上には巨大なピース・マークが輝き、収益は全てCND (Campaign For Nuclear Disarmament)という反核団体に寄付。ヴォランティア・スタッフの多くがCNDのメンバーで、会場には静かながらも、どこかに前向きなエネルギーを感じさせる空気に溢れていたと言っていいだろう。

 あれから数年後、主催者で会場となるワージー農場の主である、マイケル・イーヴィスとインタヴューした時、彼が語っていた言葉が見事に形になっていたように思えたものだ。

Glastonbury Festival「ちょうど、ディランとか、あの頃のミュージシャンが歌っていたようなことを現実にしたかったんだ。オルタナティヴな考え方を持った人たちが年に一度でいいから集まってこられるような楽園を作りたかったんだ」

 CNDへ最大の寄付を繰り返していた、通称、グラストが変化し始めたのは90年代頭だったろうか。ベルリンの壁が崩壊し、東西の緊張が緩和され始めた頃、CNDに代わって、寄付する対象がグリーンピース、ウォーター・エイド、オックスファムへと変化。急速にフェスティヴァルが肥大化し、集まってくる人も増えていった。14歳以下の子供は無料で、フェンスもたいしたものではなかった当時、数多くの人たちがただで会場に忍び込んでいたという話は有名だ。おかげで、地方政府から開催許可を得るのに大きな問題が浮上し、開催が危ぶまれるどころか、マイケル・イーヴィスが訴えられるといった事態にも直面したこともある。

 そんな流れのなかでさまざまな事件も増えていった。開催期間中に会場で二人の赤ちゃんが生まれたという逸話もあれば、ショットガンを持った強盗に襲われた店を助けるために、急遽、ビリー・ブラッグが会場内チャリティをしたり... いずれにせよ、あまりの肥大化が「都市がそのまま田舎に流れ込む」という状況を作り出したんだろう。そんな事態を受けて、いつの頃からか会場内に警察が入るようになり、運営の一部に大きなプロモーターが関わってくるようになっていった。巨大な壁が会場を包み込むようになったのは、その頃からではなかっただろうか。

 80年代には、わずか200エーカーほどだった敷地も、現在は1000エーカーになったと聞く。84年に取材した時点で会場の敷地面積が、当時の後楽園球場40個分ほどだったことを考えると、その巨大さが想像できようというものだ。ヒッピー・フェスティヴァルから、ロック・フェスティヴァル、そして、ロックも音楽も遙かに越えて、まるで不思議の国のようにも見えるのが21世紀のグラストだ。といっても、すでに巨大なビジネスになってしまったかのような様相を見せる一方で、会場のどこにも企業の宣伝は見あたらないし、企業看板だらけの日本の「フェスティヴァル」とは明らかに一線を画している。加えて、まるでフェスティヴァルがオルタナティヴな街になったかのようなもので、ここに集まってくる人たちの年齢層も国籍も多様を極めている。フェスティヴァルがまるで「若者の」もののように思われている日本とは全く違った光景がここで繰り広げられていると言っていいだろう。

 今年はマグの写真家、ライターなど11名がこのオルタナティヴな「不思議の国」を体験している。彼らの目にグラストがどう映ったのか? マグでは、彼らが独自に取材したライヴのレポートの他に、彼らにとってグラスト体験とはなにだったのか... そのあたりにスポットを当てて、まとめていこうと思っている。


--> それぞれの体験記 : aco's version
comment and photo by hanasan

==> Feature Special Glastonbury Festival 2007
Intro (JPN | ENG)
==> Smashing Mag
top pageJPN / ENG


buttonGlastoで思ったこと (04/06/25 - 27 @ Pilton, Somerset) : review by rad, photos by keco
buttonGlastonburyあれやこれや (04/06/25 - 27 @ Pilton, Somerset) : review by joe, photos by keco
buttonphoto report (04/06/25 - 27 @ Pilton, Somerset) : photos by keco
buttonShibusa Shirazu Orchestra in Glastonbury (02/06 @ Pilton, Somerset) : photos by hanasan
buttonGlastonbury Festival '02 (02/06 @ Pilton, Somerset) : photos by,hanasan
buttonGlastonbury 2000 (00/06/28-30 @ Pilton, Somerset) : review & photos by hanasan
button再び泥まみれのグラストンバリーに15万人! (98/06/26-28 @ Pilton, Somerset) : review & photos by hanasan

==>top page : JPN / ENG

The official site

Glastonbury Festival

http://www.glastonburyfestivals.co.uk/

the latest DVD

Glastonbury

"Glastonbury"
(US import)

*ジュリアン・テンプル監督による作品で、現在公開中の"Glastonbury The Film"と同一内容。リージョン1のため日本向けのDVDプレイヤーでは再生できません。


DVD

Glastonbury

"グラストンベリー・アンセムズ ~ザ・ベスト・オブ・グラストンベリー~ 1994-2004"
(国内盤)


*1994-2004までの演奏をピックアップして構成されたライヴ中心の作品。なお、ボーナスで70年代初期のドキュメンタリーの映像も収録。



DVD

Glastonbury

"Glastonbury the Movie"
(UK import)

DVD

Glastonbury

"グラストンベリー・フェア"
(国内盤)


*71年に開催された2回目となるグラストのドキュメンタリー映画。ワイト島のフェスティヴァルを記録した"Message to Love: Isle of Wight Festival " (US import)や"ウドストック" (国内盤)、あるいは、"Festival Express" (国内盤 / US import)に重なる「ロックの時代」が垣間見える。


Glastonbury related works
Glastonbury

"Music from Glastonbury: The Film "
(US import)


"Live at Glastonbury 1994-2004 " (UK import)
"Glastonbury Fayre... " (UK import)
"Glastonbury Unsigned 2005" (UK import)
"Glastonbury Unsigned 2004"(UK import)
"Hawkwind : Live at Glastonbury 1990"(UK import)
"Banco de Gaja : Live at Glastonbury"(US import)
"Q Presents...Glastonbury 2003"(UK impport)
"Ruby Turner : Live in Concert : Glastonbury 1986"(US import)
"Glastonbury 1993 - in a Field of Their Own"(UK import)
"Glastonbury 25th Anniv."(UK import)
"Gong Maison : Glastonbury '89"(UK import)
"Glastonbury Festival 1989"(UK import)

check the albums?

Feature Special

Glastonbury Festival



intro (JPN | ENG)

REVIEWS & PHOTOS

Overall Review (JPN)

      [Vol.1 by aco]
      [Vol.2 by emi]
      [Vol.3 by hanasan]
      [Vol.4 by kaori]
      [Vol.5 by keco]
      [Vol.6 by morissie]
      [Vol.7 by philine]
      [Vol.8 by q_ta]
      [Vol.9 by ryota]
      [Vol.10 by taiki]
      [Vol.11 by yusuke]


photo reports & reviews

on the 21st

button Captain @ The Queen's Head


photo reports & reviews

on the 22nd

button Alterkicks @ Late'n'Live
button Arcade Fire (review) @ Other
button Automatic, The (review) @ Other
button Bjork (yusuke's version / ryota's version / review) @ Other
button Bloc Party (review) @ Pyramid
button Bright Eyes (review) @ Other
button Cribs, The (review) @ Other
button Damien RIce @ Acoustic
button Fratellis, The @ Pyramid
button Gogol Bordello (review) @ Pyramid
button Kasabian (emi's version / ryota's version) @ Pyramid
button Klaxons @ Dance East
button Modest Mouse (review) @ Other
button Soil & "Pimp" Sessions @ Jazz Lounge
button Super Furry Animals @ Other
button Tokyo Police Club, The @ John Peel
button View, The (review) @ Pyramid
button Rufus Wainwright (review) @ Other
button Amy Winehouse @ Pyramid


on the 23rd

button Babyshambles @ Other
button Bat For Lashes (review) @ John Peel
button Brakes @ Other
button !!!(chk chk chk) @ The Glade
button CSS (review) @ Other
button Dirty Pretty Things @ Pyramid
button Dirty Pretty Things (review) @ Strummervill
button Disculpas De Otilia (review ) @ Lost Vagueness
button Editors @ Other
button John Fogerty @ Jazz World
button Get Cape. Wear Cape. Fly. @ John Peel
button Hiromi's Sonic Bloom (review) @ Jazz World
button Iggy and The Stooges (yusuke's version / morissie's version / review) @ Other
button Klaxons (emi's version / ryota's version / (review) @ Other
button Kooks, The (review) @ Pyramid
button Long Blondes, The @ Other
button Madness (review)@ Lost Vagueness
button Maximo Park @ Other
button Mika @ Dance East
button Pama International (review) @ Dance West
button Rodrigo Y Gabriela @ Jazz World
button Soil & "Pimp" Sessions @ Jazz World
button Paul Weller @ Pyramid
button Patrick Wolf (emi's version / morissie's version / review) @ John Peel


on the 24th

button Keith Allen @ Strummervill
button Aqualung @ John Peel
button Billy Bragg @ Left Field
button Liam Frost @ Late'n'Live
button Gossip, The (review) @ John Peel
button Go! Team, The (review) @ Other
button Horrors, The (emi's version / ryota's version / review) @ John Peel
button Husky Rescue @ The Glade
buttonJamie T (review) @ Left Field
button La Kinky Beat (review) @ The Glade
button Manic Street Preachers @ Pyramid
button Mahala Rai Banda - Electric Gypsyland (review) @ Jazz World
button Mika (emi's version / ryota's version / review) @ Other
button Noisettes (review) @ John Peel
button Polytechnic @ Late'n'Live
button Rumble Strips, The (review) @ John Peel
button Tinariwen (hanasan's version / yusuke's version) @ Jazz World
button View, The @ Other
button Who, The (review)@ Pyramid
button Young Knives, The @ John Peel


outro (JPN | ENG)

mag files : Glastonbury Festival


[2004]
[2002]
[2000]
[1998]



Staff data base


無断転載を禁じます。The copyright of the article and photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.