buttonピース・ミュージック・フェスタ!辺野古2007
@ 辺野古ビーチ、名護 (24th to 25th Feb '07)

- イントロ -


Henoko Peace Music Festa
 まるでデコレーションのように見えるのが辺野古(へのこ)の浜を分断する有刺鉄線だ。その鉄線にからみつけられているのが、基地をなくせ、海を守れという願いの込められた無数のメッセージ。それが寒々とした「壁」を覆い隠してはいるのだが、この向こうは巨大な米軍基地であり、とてつもない量の弾薬が置かれている倉庫があると聞いた。昨年に続いて開催された「ピース・ミュージック・フェスタ!辺野古2007」の会場となったのはその有刺鉄線のこちら側だ。

Henoko Peace Music Festa 約一ヶ月にわたって開催の準備に向けてこの浜あたりで寝泊まりしていたスタッフが書き続けたブログを見ればわかるんだが、この有刺鉄線の向こうに戦車が並べられ、その戦車の大砲がこちら側に向けられたとき、彼らがどんな思いを抱いたか... それは体験した人でなければわからないだろう。情報として沖縄のことを「知った」かのように思えていても、実際にこの地にやってきて、現実を体験すると、ここに生きる人たちの気持ちの一端を確実に実感することができる。

 この近所のバーは「アメリカ」であり、まるでハリウッド映画に描かれたヴェトナム戦争時代のハノイだった。兵士たちが我が物顔で「アメリカを謳歌」し、なにやらこちらは植民地のように感じるといえば大げさか? 高速道路を走っていると「流れ弾に注意」なんて看板が出てくる。そんなものに注意のしようがないのは当然のこと。それで事故にあったらどうなるのか? 沖縄国際大学に軍用ヘリコプターが落ちた04年8月、周辺が米軍に封鎖されて、大学関係者も日本の警察も政府の職員さえも中に入れなかったことを覚えている人もいるだろう。

Henoko Peace Music Festa きわめて冷静な目でこの現実を見つめたとき、ここはアメリカの植民地であり、同時に、日本に奪われ、捨てられた島なんじゃないかという結論に至らざるを得ないのだ。日本中にある90弱の米軍専用施設と区域に関していえば、その75%を押しつけられ、沖縄本島の20%近くが米軍のために奪われた島。辺野古の海岸に来てわかったんだが、ほどんとがキャンプ・シュワブに飲み込まれているというのに、わずかに残された浜と海がさらに奪われようとしていたのだ。

「これ、見た方がいいよ。これを見てから取材した方がいいよ」

 と、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬から受け取ったのは琉球朝日放送が制作したドキュメンタリーだった。ジュゴンが住み、ここでしか見つからない生物もいる、地元の人たちとって「命の海」を潰して、海上基地を建設するという動きを阻止したのはそこに住むじぃちゃんやばぁちゃんやおじちゃん、おばちゃんたち。彼らが命をかけて座り込みをして、この動きに対して闘っていたことを知った。彼らが限界に達しようとしているとき、日本中から若い世代の人がその戦いの渦に飛び込んでいったという話も伝えられている。幾年にも及ぶその戦いの結果、ここでの基地建設はなくなったらしいが、そこで出てきたのが代替え案。今度はその近く、キャンプ・シュワブ沖の大浦湾を埋め立てて基地建設に向かうということで、再び島の人たちが脅かされているのだ。

「ホントは、こんなこと、したくないし、せんでもええようにならなあかんねん」

Henoko Peace Music Festa 今回のフェスティヴァルの主催者のひとりとして名を連ねている伊丹英子がこんな言葉を口にしていたのが印象的だ。基地をなくせ、軍隊は出て行けと叫ばなければいけない現実がある。そのことを話すことさえもがはばかられ、沖縄の人たちや家族でさえをも分断しているという悲しさもある。それもこれもここに基地があるから。そんなことをなにも考えないで「生きていることを感じる」フェスティヴァルを開催できればいいんだろうが、今回のこれはそれではない。ただ楽しむにはあまりにも重たい現実があり、だからこそ、厳しい言葉がステージかあら投げかけられるのだ。

「爆弾が落ちるかもしれんところに、誰が観光に来るかぁ!」

 と、同じく主催者のひとり、デューディ・フリー・ショップの知花竜海がステージから言い放った言葉が頭にこびりついているのだが、その通りだと思う。それなのに、まだ、基地を作ろうとする米軍、日本政府、政治家たちに対して、我々はどう向かえばいいんだろう... いろんなことを考えさせられた辺野古の数日間。今回は写真レポートを中心にこれから少しずつでもアップしていこうと考えている。

 なお、出演順に右側にリンクを準備はしていますが、この時点ではまだ全くアップされてはいません。用意ができ次第、順次、トップページでご報告していきます。
Henoko Peace Music Festa

comment and photos by hanasan
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Peace Music Festa

buttonPeace Music Festa! Henoko 2007 : Intro (JPN / ENG ) feat. Duty Free Shopp. , Soul Flower Union, Misako Oshiro... anre more (07/02/24 to 25 @ Henoko Beach) : photos by hanasan
button僕達の唄が歌われた時 feat. Soul Flower Mononome Summit, Duty Free Shopp. + Kakumakushaka + Sayokotonara (07/01/20 @ Kichijoji Star Pine's Cafe) : review by sakamoto, photos by hanasan
buttonColumn : 定例 : これを見逃すな! : つづら折りの宴 〜 Peace Music Festa! 辺野古 '07 (07/01/10) : preview by sakamoto


The official site

Peace Music Festa! Henoko

http://www.peace-music.org/

Peace Music Blog


check the albums?


buttonIntro (JPN / ENG )

button23rd Feb.

buttonphoto document



button24th Feb.

buttonphoto document
buttonJicchaku Orchestra
buttonCyclub
buttonYoko Utsumi
buttonTrinity Club Band
buttonAkiko Noma (Go!Go!7188)
buttonCocotabo
buttonYoul & Amina
buttonShaolong To The Sky
buttonKotobuki
buttonMasao Taruya + Koji Nakamoto
buttonDonal Lunny + Kazutoki Umezu + Hiromi Kondo
buttonDuty Free Shopp.
buttonSoul Flower Mononoke Summit
buttonMisako Oshiro



button25th Feb.

buttonphoto document
buttonHana Band
buttonYambaru Reggae Brothers
buttonKing Jam Session
buttonKZ [G.A.C]
buttonKakumakushaka
buttonPapa U-Gee with Zion High Playaz
buttonYukihito Ara
buttonKachimba 1551
buttonShibusa Shirazu Orchestra
buttonSoul Flower Union
buttonRyukyu Lion
buttonNanjaman
buttonU-Dou & Platy


button26th Feb.

buttonover all review



buttonrelated web sites
Henoko &


buttonシンさんの辺野古日記
buttonちゅら海をまもれ!・沖縄・辺野古で座り込み中!
button沖縄辺野古想いをつなげる
button明日も晴れ-大木晴子さん
buttonじゅごんの里
button宝の海
button京都 沖縄の会
buttonジュゴンの家
buttonNo Base Henoko Tokyo
button大阪行動ホームページ
button京都行動 Kyoto Action
buttonNO BASE 辺野古☆名古屋
button辺野古から那覇へ
buttonくまのみの会(大分)
button沖縄・辺野古海上基地の問題を中心に maxi's_page
button辺野古アクション
buttonヘリ基地いらない 二見以北十区の会
button辺野古への基地建設を許さない実行委員会
buttonNatsume Taira.のホームページ
button辺野古と共に!! 国会前座り込み
button夏至南風
buttonきよこの沖縄日誌
buttonまよなかしんや ウルマ通信
button沖縄ジュゴン 環境アセスメント監視団
button石川真生写真館
button平和市民連絡会 うまんちゅぬ部屋へ
buttonジュゴンネットワーク沖縄
button日本環境法律家連盟
buttonWWFジャパン
button日本自然保護協会(NACS-J)
buttonIUCN日本委員会
button北限のジュゴンを見守る会
button自然の権利

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever without the author's approval.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.