button朝霧ジャム - イッツ・ア・ビューティフル・デイ -
@ 朝霧アリーナ (7th to 8th Oct '06)

ソイル・アンド・ピンプ・セッションズ


Soil & "Pimp" Sessions
 ライブの開始時刻が近づいているというのに、ステージ前には人がまばらにしかいない。他のアーティストのライブを観ていて思ったのだが、朝霧JAMでは何がなんでも前の方で観たいという観客が少ないようだ。レインボーステージの上ではサウンドチェック用に鳴らされた演奏が、早くもいい雰囲気。期待が高まる。ほどなくしてピアノ、ベース、ドラムスの3人のメンバーが入場してきた。まずは、Soil & "Pimp" Sessionsとは別に結成された、3人ユニットJ.A.Mの演奏からライブはスタートした。のっけから連打されるピアノの音が、あたり一面に撒き散らされる。その音に引きずられて、ステージに観客が集まってくる。

Soil & "Pimp" Sessions そして、ようやく社長とあと二人のホーン部隊が登場。社長はいつもの黒スーツに白シャツの胸をはだけ、サングラスでキメた、渋いいでたち。ここからが6人揃ってのショウの始まり。さっそくホーンがフロントに出てきて、ステージを右に左に駆け回りながら大音量で加速する。それに先ほどの3人も、全力疾走で絡んでいく。その間、社長は私たちが思いっきり暴れられるように、拡声器で客席をあおりまくる。号令に従って観客が飛び跳ねる光景は、やたら体育会系で熱いのだが、演奏はそれとは逆にスタイリッシュでクールというギャップ。ジャズのしきたりを取っぱらって思いのまま踊れるこのライブこそ、Soil & "Pimp" Sessionsの専売特許だろう。中盤のScoop outでは社長のジョウセイ!と呼ぶ声がCUEとなりショルダーキーボードをギターのようにかき鳴らす。続くWaltz for Goddessになると、社長が生ナレーションをイントロで披露。会場から沸く手拍子が演奏と混ざった頃、曲は美しく完成した。

Soil & "Pimp" Sessions 終始、吹き抜ける向かい風で、メンバーの着ているシャツはハタハタとたなびき、社長も飛ばされそうになる帽子を押さえながらのステージング。朝霧で感じる、涼しい風や美しい青の空やまぶしい日差しのすべてが、強くて色濃く、Soilの爆音にちょうどピッタリ調和していた。

 そしてあっというまに終盤。観客は振り上げた手をこぶしに握りかえて叫び続ける。「Soil!Soil!Soil!」。コールが一帯にこだまする。「もっと声をくれ」という社長の呼びかけに、客席からもあらん限りのレスポンス。休む暇なく最後まで一気に突っ走ったライブは終わってしまい、残された会場の観客は、みんなスポーツの後のように爽快な顔をしていた
Soil & "Pimp" Sessions



report by yoshiki and photos by yoshiki
==>top page : JPN / ENG

Dachambo (review) <- | Soil & "Pimp" Sessions (review) |->Warrior Charge

Asagiri Jam : It's a beautiful day - intro - (JAP / ENG)

over all view : 幸せな2日間
over all photo document : over all photo documentary - ikesan's version


7th (sat) Oct
Rainbow Stage

Clammbon (review)
Ron Sexsmith
Chitose Hajime (review)
Quruli (review)
Michael Franti and Spearhead (part1 / 2) (review)
The Pogues (review)

Moonshine Stage

Gina & Chris
Hands Of Creation (review)
Special Others (review)
Individual Orchestra
RKD1 / 2 (Ryukyudisko)
Justice (review)
Erol Alkan (review)
Mirror System(review)
8th (sun) Oct
Rainbow Stage

Honmonji Moonshine Stage (review)
Hocus Pocus(review)
Dachambo (review)
Soil & "Pimp" Sessions (review)
Warrior Charge
Mojave3 (review)
V∞Rredoms (review)


Moonshine Stage

Chris Pierce
Cool Wise Men (review)
Night Jungle (review)
1945 a.k.a. Kuranaka
Zion Train
Brinsley Forde (review)
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Asagiri Jam

buttonJam Special '05 : JAP / ENG (05/10/01 - 02) : photos by hanasan, hiroqui, saya38, keco, ikesan, sam & yusuke
buttonJam Special '04 : JAP / ENG (04/10/02 - 03) : photos by hanasan, ryota, sama & yusuke
buttonreview (02/09/28 - 29) : review by akira noguchi, photos by hanasan & maki
button今年は雨 (02/09/28 - 29) : review by nob, photos by ikesan
buttonphoto report (02/09/28 - 29) : , photos by ikesan

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Soil& "Pimp" Sessions

buttonreview with no title (06/10/08 @ Asagiri Arena) : review by aska, photos by yoshiki
buttonphoto report (06/10/08 @ Asagiri Arena) : photos by yoshiki
buttonphoto report (05/10/19 @ Shibuya Quattro) : photos by yusuke
buttonphoto report (05/09/23 @ Liquidroom Ebisu) : photos by yusuke
buttonphoto report (05/06/10 @Maebashi Club Fleez) : photos by yusuke
buttonphoto report (04/12/05 @ club asia shibuya ) : photos by yusuke
buttonphoto report (04/10/03 @ Asagiri Arena) : photos by yusuke
buttonphoto report (04/09/11 @ Shibuya Boxx) : photos by yusuke


The official site

Soil& "Pimp" Sessions

http://www.soilpimp.com/

The latest album

Soil& "Pimp" Sessions

"Pimp of the Year"
(国内限定盤 / 国内通常盤)
previous works

Soil& "Pimp" Sessions
"Crush [MAXI]"(国内盤)
previous works

"Summer Goddess"(国内盤)
"PIMP MASTER"(国内盤)
"Suffocation"(国内盤)
"PIMPIN'"(国内盤)
"Tokyo Nu-School Of Jazz"(国内盤)
...and more

check the albums?

Asuka's works

mail to

button2006

buttonreview with no title : ソイル・アンド・ピンプ・セッションズ (8th Oct. @ Asagiri Arena)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to Yoshiki Suzuki. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.