button朝霧ジャム - イッツ・ア・ビューティフル・デイ -
@ 朝霧アリーナ (7th to 8th Oct '06)

ナイト・ジャングル - アマゾンよかマングローブの方
Night Jungle
 近頃テレビを観る機会もめっきり減ってきた都市生活の渦中にあり、ふとしたとき目にする広告やCMが強く訴えかけてくることがある。このまえテレビにスイッチを入れたときたまたま目にしたマングローブの姿を映したCM、あれがなぜか頭を離れない。そこにつけ、最近やたらと名の挙がるナイト・ジャングルという言葉とそのイメージ、そしてゴマ、ディジュリドゥ。それらは自分のなかで緑と褐色のイコンとして期間限定で盛り上がりをみせていた。

Night Jungle ゴマといえばアボリジニ文化を象徴する楽器ディジュリドゥで認知度の高いひと。その活動は日本における実験的なセッションから本家オーストラリアにおいて権威のある大会で準優勝してしまうところまで、振れ幅が実に大きい。今回のバンドももはや彼の経歴のなかでどの位置にあたるプロジェクトなのかはかりねる。ただ、彼の一種神的なソロ活動に比べると多少力の抜けたものなのかと思い、朝霧高原という柔らかい空間で観れることを楽しみにしていた。天気も見事に晴れ。

 早速、というか足取り軽く、というかのんびり向かうムーン・シャイン・ステージ。朝霧を体験したことのあるひとなら推し量って欲しい、気負いも無くステージへ向かったのだった。そして、そこを流れる音楽になにひとつ疑わなかった。まだ演奏始まってないな、と。だが実際そうでは無く、自分のステレオタイプに反省しつつ、このバンドが"ゴマ with 愉快な仲間達"では無いのだと確信させられる。つまりこのバンド、ディジュリドゥが俺々と肩で風を切り裂くタイプと違くて、それこそそれは影を潜めエゴレスなジャムを聴かせるバンドだったのだ。

Night Jungle それもそのはず、脇を固めるメンバーのリトル・テンポ、リクル・マイという肩書きから明らかなようにダブ・レゲエのテンポで演奏は進行し、波風のようにギター音が折り重なりユルい風を巻くディジュリドゥ、視覚的に入ってくるディジュの存在は大きくやはり目を引くものの根幹はそこに無い。3年ほど前に今とは別のメンバーで種を撒いたというナイト・ジャングルはそれぞれの楽器が立ち、ジャム的に広がるレゲエを聴かせていた。

 そのとき、水面から根を剥きそよかな風を受けるマングローブの姿が、緑と褐色の、都市生活の男達の... イメージが期せずして訪れる。ジャングルというよりかマングローブの。ナイトというよりか爽やかなモーニングの。地球人ゴマのはじめた新しいエゲエ・ジャムは初々しく緑。次回も外で観たいな、って思うバンド!
Night Jungle



photos by terumi

Cool Wise Men (review) <- | Night Jungle (review) | ->1945 a.k.a kuranaka

Asagiri Jam : It's a beautiful day - intro - (JAP / ENG)

over all view : 幸せな2日間
over all photo document : over all photo documentary - ikesan's version


7th (sat) Oct
Rainbow Stage

Clammbon (review)
Ron Sexsmith
Chitose Hajime (review)
Quruli (review)
Michael Franti and Spearhead (part1 / 2) (review)
The Pogues (review)

Moonshine Stage

Gina & Chris
Hands Of Creation (review)
Special Others (review)
Individual Orchestra
RKD1 / 2 (Ryukyudisko)
Justice (review)
Erol Alkan (review)
Mirror System(review)
8th (sun) Oct
Rainbow Stage

Honmonji Moonshine Stage (review)
Hocus Pocus(review)
Dachambo (review)
Soil & "Pimp" Sessions (review)
Warrior Charge
Mojave3 (review)
V∞Rredoms (review)


Moonshine Stage

Chris Pierce
Cool Wise Men (review)
Night Jungle (review)
1945 a.k.a. Kuranaka
Zion Train
Brinsley Forde (review)
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Asagiri Jam

buttonJam Special '05 : JAP / ENG (05/10/01 - 02) : photos by hanasan, hiroqui, saya38, keco, ikesan, sam & yusuke
buttonJam Special '04 : JAP / ENG (04/10/02 - 03) : photos by hanasan, ryota, sama & yusuke
buttonreview (02/09/28 - 29) : review by akira noguchi, photos by hanasan & maki
button今年は雨 (02/09/28 - 29) : review by nob, photos by ikesan
buttonphoto report (02/09/28 - 29) : , photos by ikesan

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Night Jungle

buttonphoto report (06/10/08 @ Asagiri Arena) : photos by terumi


The official site

Night Jungle

www.nightjungle.jp

check 'em?-->NIGHT JUNGLE

http://www.gomadadidgeridoo.com/

GOMA


The latest album

Night Jungle
"JUNGLE CRUISE"
(国内盤 / NIGHT JUNGLE - JUNGLE CRUISE)


GOMA's works

Goma

"Soul of Rite"
(国内盤)


check the albums?


button2006

buttonDJ BAKUにエモーショナルを期待する記しとして : DJバク (7th Jul. @ クラブ・ピーズ)
buttonInterview : 関西で静かに燃える聖火の火種 : 森眠る(from neco眠る) (6th May)
buttonSXSW特集 : 編集後記, アメリカの空、鳥が観たライヴ : あふりらんぽ, オースチンで「愛・恐竜博」が開催され... : DMBQ,鮭はそれでも登るのだ : ピー・ランダーZ, Preview ...And You Will Know Us by the Trail of Dead (15th to 19th Mar.)
buttonInterview with エレクトリック・イール・ショック 犬小屋でユニゾン!? 世界ウナギ登り最前線 (15th Feb)
buttonライヴ超える、越える壁は言葉 : あるりらんぽ (15th Jan. @ 渋谷スクランブル交差点前、原宿竹下通り入り口)

button2005

buttonライヴ超える、越える壁は言葉 : あるりらんぽ (19th-21st Dec. @ 代官山ユニット)
button転げていくのなら : ハッピー・ディスパッチ in gRamouRous vol.9 (3rd Dec. @ 月見ル君想フ)
button夢は叶うなんて大袈裟な!! : 邂逅 vol.2 "マッド・レイヴァーズ・ダンス・フロア"feat. DJバク、ケンセイ&クワイエットストーム、ゴストラッド、DJソデヤマ、シンク・タンク、ズーム、マキ、ゲスト・ダンサーズ : カツ&タイチ and more (2nd Dec. @ 代官山ユニット)
buttonズイノシン集中教室 〜ほんとは祭り〜」 : ズイノシン (4 - 6th Nov. @ 多摩美術大学,大阪市立大学,鰻谷サンスイ,新世界ブリッヂ)
buttonIntro : 「サウンド・システム / 台場に強磁場」 : マウント・システム 2005 feat アブラハム・クロス 「アブラハム・クロスです」,ザ・デット・パン・スピーカーズ 「枝葉つける一本の...」 (23rd Oct. @ Tokyo Odaiba Open Court)
button簡単にお隣フェスとはいかないぞ / 韓国ロックの黎明期を体験: Gwang Myeong Music Valley Festival (7th to 9th Oct. @ Gwang Myeong City, Korea)
button溢れる想い: サン・パウロ (1st Oct. @ Asagiri Arena)
buttonなにもかもほかして : ブリーチ(26th Oct. @ 渋谷AX)
buttonCD review : 『極楽都市 / 好物』 : Rumi(ルミ) (26th Oct.)
button流れるものは留められない : サウンド・トライブ・セクター・ナイン (1st Oct. @ Asagiri Arena)
button溢れる想い: サン・パウロ (1st Oct. @ Asagiri Arena)
button黒は終わった、白くぬれ!: シアター・ブルック (30th Sept. @ Liquidroom Ebisu)
buttonその日は近い: 二階堂和美 + 渋谷毅、外山明 (18th Sept. @ Kichijoji Star Pine's Cafe)
buttonインディーの手鏡: タイム・ボム・レコーズ 15周年記念イヴェント feat. タミオ・イノウエ, ルインズ, ジ・イーヴンズ, ブラインド・ビースト (18th Sept. @ Shibuya Quattro)
buttonのび太くらいほっとけない: 危ダビ中年院 feat. ドラびでお、マキタ学級 with グレート義太夫、mr. natural(ミスター・ナチュラル) (17th Sept. @ Roppongi Super Delux)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Ryota "toddy" Toda and the same of the photos belongs to Terumi Fukano. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.