button朝霧ジャム - イッツ・ア・ビューティフル・デイ -
@ 朝霧アリーナ (7th to 8th Oct '06)

- モハーヴィ・スリー - 地中に張り巡らされた根


Mojave3
 UKでは今もとどまるところを知らないほどのスピードで勢いのあるピチピチとしたバンドが登場してきていて、脱皮をするかのように新しい音楽シーンを塗り替えている。それとは別に今、実にUKが面白い。ストレンジ・フォーク…これがキー・ワードなのだ。急激に変動する地表の世界からは見えないけれども、一度地表を削ると地中深く、そして広く張り巡らされている無数の根のような揺ぎない基盤が築かれている。地中に張り巡らされた根は時として異種類の根と交じり合いポップやカントリーの根と交じり合いまた新しい根を張り巡らせていく。その延長線上にいるのが2日目の雲ひとつない夕方、メインステージに登場したモハービ・スリーなのだろう。

Mojave3「こんなキレイな場所でライヴができるなんて……」

 少しだけ荒げながら目を輝かせる二ールの言葉は本物に違いない。だって目の前には間もなく赤富士へと姿を変える頂上に雪化粧をした富士山と、真っ青な秋空が見事なコントラストを描いていたのだから! まさに某ビール会社の「グリーンだよ〜」というCMを思い浮かべずにはいられないステージからの絶景と空気感がモハービ・スリーの音楽に絶妙にマッチしすぎていた。

パズルズ・ライク・ユー』から"キル・ザ・ライツ"、"トラック・ドライヴィング・マン"、"ブレイキング・ジ・アイス"といきなり心躍る選曲でくるものだから、軽快なリズムに合わせニコニコしながら思わず足も最前列へと向かってしまうじゃない! 決して多いとは言えない数だったかもしれないけれど、ステージ前にいる人をふと見ると小さな女の子がお父さんに音に合わせてクルクルって社交ダンスのように回してもらっているし、空を仰ぐとしゃぼん玉がステージに流されていく。ステージ前にいなくてもテントの方向を見ればステージに顔を向ける人だっている。こういう時間の流れがまさに朝霧Jamというフェスの醍醐味で最大の魅力だ。

 シューゲイザーの名残を感じさせるギターの音が振動と化しスピーカーからビリビリと肌に伝わってくる瞬間にはもう全身の毛穴が広がってしまうような心地よさとムズかゆさが襲った。ステージにはレイチェルの姿はなく、浮遊感のあるコーラスを聴くことができなかったことはすごく残念だったけれど、このステージではこのバンドにおけるキーボードのアランのバランスと存在感に気づかされた。音色の違う2台のキーボードの上に、さらに小さな鍵盤が載せられていてピアノの和音が、オルガンとピアノ、そして色彩を放つビームサウンドが放たれていった。ステージ上のほんの一角にすぎいスペースでこの楽器を操る姿をほんの数メート先から見入ってしまっていた。今年の朝霧Jamの出演者の中では少しだけ異色な存在だったのかもしれないけれど、日本では遠くUKのほんの地表の大騒ぎしかなかなか伝わってこない事情の中で、こうやってちょっと地表を掘り返すと、どんな風にも吹き飛ばされない根を持ったバンドがいることを再認識させてくれる時間となった。
Mojave3

report by kuniko and photos by yoshiki
==>top page : JPN / ENG

Warrior Charge <- | Mojave3 (review) |->V∞Rredoms (review)

Asagiri Jam : It's a beautiful day - intro - (JAP / ENG)

over all view : 幸せな2日間
over all photo document : over all photo documentary - ikesan's version


7th (sat) Oct
Rainbow Stage

Clammbon (review)
Ron Sexsmith
Chitose Hajime (review)
Quruli (review)
Michael Franti and Spearhead (part1 / 2) (review)
The Pogues (review)

Moonshine Stage

Gina & Chris
Hands Of Creation (review)
Special Others (review)
Individual Orchestra
RKD1 / 2 (Ryukyudisko)
Justice (review)
Erol Alkan (review)
Mirror System(review)
8th (sun) Oct
Rainbow Stage

Honmonji Moonshine Stage (review)
Hocus Pocus(review)
Dachambo (review)
Soil & "Pimp" Sessions (review)
Warrior Charge
Mojave3 (review)
V∞Rredoms (review)


Moonshine Stage

Chris Pierce
Cool Wise Men (review)
Night Jungle (review)
1945 a.k.a. Kuranaka
Zion Train
Brinsley Forde (review)
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Asagiri Jam

buttonJam Special '05 : JAP / ENG (05/10/01 - 02) : photos by hanasan, hiroqui, saya38, keco, ikesan, sam & yusuke
buttonJam Special '04 : JAP / ENG (04/10/02 - 03) : photos by hanasan, ryota, sama & yusuke
buttonreview (02/09/28 - 29) : review by akira noguchi, photos by hanasan & maki
button今年は雨 (02/09/28 - 29) : review by nob, photos by ikesan
buttonphoto report (02/09/28 - 29) : , photos by ikesan

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Mojave3

button地中に張り巡らされた根 (06/10/08 @ Asagiri Arena) : review by kuniko, photos by yoshiki
buttonphoto report (06/10/08 @ Asagiri Arena) : photos by yoshiki


The official site

Mojave3

http://www.mojave3online.com/

The latest album

Mojave3

"Puzzles Like You"
(US import)
previous works

Mojave3

"Breaking the Ice"
(US import)

"Spoon and Rafter" (US import)
"Out of Tune" (US import)
"Return to Sender" (US import)
"Excuses for Travellers" (US import)
"Any Day Will Be Fine" (US import)
"Ask Me Tomorrow" (US import)
... and more

check the albums?


button2006

buttonCD review : ザ・ハッピー・ソング : ジ・エイリアンズ (30th May)
buttonザ・グリーンマン・フェスティヴァル特集 : サーキュラスジ・エイリアンズグリフ・リースキング・クレオソートバート・ヤンシュキャレキシコ洞窟でのスペシャル・ライヴ - グリフ・リース (18th to 20th Aug. @ グラヌスク・パーク、クリックホウウェル、ブレコン・ビーコンズ国立公園)
button再び輝きを : ジ・エイリアンズ(25th Aug. @ ナイト & デイ、マンチェスター)
buttonイッツ・ア・ショウ・タイム : コールドプレイ(15th July @ インテックス大阪)
buttonCD review : ブラック・ゴールド : キング・ビスケット・タイム (30th May)
buttonCD review : エリアノイド・スターモニカ EP : ジ・エイリアンズ (8th May)
button裸の王様はだあれ? : アークティック・モンキーズ (2nd Apr. @ ゼップ大阪)
button間と呼吸感、そして全てが確信犯 : ザ・ホワイト・ストライプス (9th Mar. @ ゼップ大阪)

button2005

buttonThe Coralは男の約束を果たしに帰って来たのか? : ザ・コーラル (5th Dec. @ 難波ハッチ)
button新しいスタンダード、新しい10年の始まり : オアシス (17th Nov. @ 大阪城ホール)
button生命在るモノのチカラ : Super Furry Animals (20th Oct. @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonCD review "Best of the Beta Band" : ザ・ベータ・バンド (16th Oct.)
button五月蝿いとはこういうことをいう : Scissor Sisters (26th Feb. @ 心斎橋クラブクアトロ)


button2004

button同じ血の温度を感じたい : 22-20s (2nd Dec. @ 心斎橋クラブクアトロ)
button乗せ上手に乗せられ上手 : Franz Ferdinand (27th Nov. @ 大阪マザーホールhall)
buttonキャプテンズの正体 : Captains (27th AUg. @ 京都拾得)
button「ダッシュに短し助走に長し」 : The Vines (21st May @ 心斎橋クラブクアトロ)
button- 声に出したい日本語 - : THA BLUE HERB (15th May @ 大阪ドームスカイホール)
button- 環、輪、和 - : BUFFALO DAUGHTER (15th May @ 大阪ドームスカイホール)
button憧れという名の願望 : The Jeevas (4th Apr @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonのるか、そるか : JET (7th Feb @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonいいものはいい、それでいいのだ! : Bell & Sebastian(25th Jan @ ゼップ大阪)


button2003

button珍獣、超多毛動物、大阪に現る : Super Furry Animals (20th Nov. @ 大阪ビッグキャット)
button今という時間 : The Cooper Temple Clause (11th Oct. @ 大阪ビッグキャット)
button叩けば出てくる無数の誇り : The Coral (17th Apr. @ 大阪ビッグキャット)
button静かなる再出発 : John Squire (19th Feb. @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonやっと、Kula Shakerにケリをつけられた : The Jeevas (11th Feb. @ 広島クラブクアトロ)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Kuniko Yoshikawa and the same of the photos belongs to Yoshiki Suzuki. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.