button朝霧ジャム - イッツ・ア・ビューティフル・デイ -
@ 朝霧アリーナ (7th to 8th Oct '06)

- くるり - 富士の裾野で電車は走る
Quruli
 フェスティバルはメンツが全てではない。あらゆる要素を考慮してはじめて「楽しい!」と言えるものである。例えばそれは混雑しているか否か、うまい飯を出してくれるお店が並んでいるか否か、雨が降らないか否かといったものだが、強欲な我々はそういった選択を才気溢れるアーティストたちにまで要求する。歌唱力・演奏力だけを待ち焦がれ評価するのはあくまで単独公演、フェスティバルは環境に合ったものこそ望ましい。97年のフジロックにて、嵐の中でねばっこいバラードで凍えさせたザ・イエローモンキーへの罵声を集約すれば「空気読め!」と、まあそんな話である。

 少なくとも私はくるりに、同様の疑問符を投げていた。国内でもトップクラスのポップセンス、ライブの評判も並々ならない彼ら。だが、会場は富士山を背景としたユルユルの大自然、朝霧。友人との語らいとアルコールで骨までこんにゃくみたいな我々に、果たして彼らへ応対する体力はあるのだろうか?元ちとせに劣らずの混雑となったステージ前に立っても、まだそんな考えが消えないままだった。

Quruli こうした私の失礼な考えが杞憂に終わることに、さほど時間はかからなかった。"ロックンロール"のサビを開始前のサウンドチェックで歌ったかと思えば、さらに本編は"ワンダーフォーゲル""ハイウェイ""東京"という代表曲の畳み込みでもってくるりはスタートした。卑怯な盛り上げ方どころではない、こんな満塁ホームラン三連打の猛虎打線には、グデグデに酔っ払って寝ていた体もサッと立ち上がるというものだろう。「ああ、ステージってこんなに輝いていたんだ」と、彼らの演奏を観ながらライヴを観ている自分の姿に気付く。

 そんな爆発的盛り上がりを終えた次は、イエスの"Round About"をつま弾きながらの"惑星づくり"で会場の一体化を図る。久しぶりに聴かされたこの曲だが、揺らぎの曲調が実にこの場所にマッチしている。直前までやっていたツアーでも披露されていたようだが、ここで演奏するためにあつらえたのかと思ってしまうほど気持ちよく聴ける。漆黒の富士山、無口だけど煌々と輝いた月、そしてくるり。なるほど、悪くない。

 「まだまだねばっこい曲やんで」と岸田のMC。続く"ARMY"もまた同様に、夜の闇に似合って仕方無い。冒頭三連発のような火力こそないものの、オーディエンスには困惑の色もなく、素直にその音に揺らいでいた。

 演奏力のみに耳を傾けても退屈をさせない朝霧のステージ、その源になっているのは矢野顕子の後ろでも叩いているサポートドラマー、クリフ・アーモンドなのではなかろうか。インプロヴィゼーションを楽しむような雰囲気は、手数が多く、かといって自己主張も強くしないという絶妙なバランスを保ったそのドラミングのあるがゆえであり、朝霧を場違いとさせない所以なのかも……。

Quruli いやまさかまさか、くるりの魅力はそれだけのはずが無かろう。「早くホットワイン呑んでポーグス観たい」とリラックスムードの岸田、力強く「お祭りわっしょい!」と声を張り上げるかたわらで、ギターを遊ばせつつの即興ブルースにて「野外フェスの(放送禁止的女性部位)が(侮蔑的表現)い〜」などと歌い上げるなど、バリエーションに富んだ「刺激的」パフォーマンスで楽しませた。

 終盤は"街"、"HOW TO GO"というこれまたシングル曲の連打。ダイナミックで叙情的、改めて彼らの楽曲群に珠玉たるものの多さを気付かされた次第だ。

 「朝霧なんだしもっとまったりとしたもの聴きたいにゃあ」なんつってた自分が、いつのまにやら魅せられた。それは名曲における圧倒的な説得力と、熟したプレーヤーこそがもつ適応能力が主たる原因だ。ああ、「公房筆を選ばず」というが、その筆で描く紙だって選ばずとも良作に違いない。とにもかくにも、私は彼らに対する見方を改めて変えようと強く思った。こうなったら、もっととんでもないところでもライブを見せちゃあくれないだろうか。


- setlist -

1. ワンダーフォーゲル / 2. ハイウェイ / 3. 東京 / 4. イエスのラウンドアバウト惑星づくり / 5. Army / 6. Morning Paper / 7. お祭わっしょい / 8. RIng! RIng! RIng! / 9. 街 / 10. How To Go
Quruli



report by ryoji and photos by terumi

Chitose Hajime (review)<- | Quruli (review) | ->Michael Franti and Spearhead (part1 / 2)

Asagiri Jam : It's a beautiful day - intro - (JAP / ENG)

over all view : 幸せな2日間
over all photo document : over all photo documentary - ikesan's version


7th (sat) Oct
Rainbow Stage

Clammbon (review)
Ron Sexsmith
Chitose Hajime (review)
Quruli (review)
Michael Franti and Spearhead (part1 / 2) (review)
The Pogues (review)

Moonshine Stage

Gina & Chris
Hands Of Creation (review)
Special Others (review)
Individual Orchestra
RKD1 / 2 (Ryukyudisko)
Justice (review)
Erol Alkan (review)
Mirror System(review)
8th (sun) Oct
Rainbow Stage

Honmonji Moonshine Stage (review)
Hocus Pocus(review)
Dachambo (review)
Soil & "Pimp" Sessions (review)
Warrior Charge
Mojave3 (review)
V∞Rredoms (review)


Moonshine Stage

Chris Pierce
Cool Wise Men (review)
Night Jungle (review)
1945 a.k.a. Kuranaka
Zion Train
Brinsley Forde (review)
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Asagiri Jam

buttonJam Special '05 : JAP / ENG (05/10/01 - 02) : photos by hanasan, hiroqui, saya38, keco, ikesan, sam & yusuke
buttonJam Special '04 : JAP / ENG (04/10/02 - 03) : photos by hanasan, ryota, sama & yusuke
buttonreview (02/09/28 - 29) : review by akira noguchi, photos by hanasan & maki
button今年は雨 (02/09/28 - 29) : review by nob, photos by ikesan
buttonphoto report (02/09/28 - 29) : , photos by ikesan

==>top page : JPN / ENG

buttonMag files : Quruli

button富士の裾野で電車は走る (06/10/07 @ Asagiri Arena) : review by ryoji, photos by terumi
buttonphoto report (06/10/07 @ Asagiri Arena) : photos by terumi
buttonphoto report (06/08/18 @ Rising Sun Rock Festival, Ishikari Bay) : photos by ikesan
button淡々としたリアリティー (05/12/21 @ Kanagawa Kenmin Hall) : review by joe,photos by ryota
buttonphoto report (05/12/21 @ Kanagawa Kenmin Hall) : photos by ryota
buttonphoto report (05/11/23 @ Zepp Fukuoka) : comment and photos by suguta
buttonphoto report (05/04/05 @ Shinsaibashi Quattro) : review and photos by ken


The official site

Quruli

http://www.quruli.net/

check 'em? -->Quruli

The latest album


Quruli
"ベストオブくるり"
(/ TOWER OF MUSIC LOVER (初回限定盤))



The latest single

くるり

"Juice"
(国内盤)


previous works



Quruli

"NIKKI"
(初回限定盤DVD付 / 通常盤)




"Baby I Love You(初回限定盤)[Limited Edition][Maxi]"
"Baby I Love You(通常盤)[Maxi]"
"赤い電車[Maxi]"
"Superstar[Maxi]"
"ばらいろポップ"
"初花凛々(初回限定盤)[Limited Edition][Maxi]"
"初花凛々(通常盤)[Maxi]"
"BIRTHDAY[Limited Edition][Maxi]"
"BIRTHDAY(初回)[Limited Edition][Maxi]"
"アンテナ"
"ロックンロール[Maxi]"
"ジョゼと虎と魚たち(Original Sound Track)"
"ハイウェイ[Maxi]"
"HOW TO GO[Maxi]"
"Jam Films オリジナル・サウンドトラック"
"BEAT OFFENDERS~A TRIBUTE TO THE COLLECTORS"
"ISOLATED AUDIO PLAYERS"
"ファンデリア(おまけつき)"
"HAPPY END PARADE~tribute to はっぴいえんど~"
"男の子と女の子[Maxi]"
"どんなものでも君にかないやしない 岡村靖幸トリビュート"
"THE WORLD IS MINE"
"ワールズ・エンド・スーパーノヴァ[Maxi]"
"リバー[Maxi]"
"TEAM ROCK"
"ばらの花[Maxi]"
"ワンダーフォーゲル[Maxi]"
"春風[Maxi]"
"図鑑"
"ファンデリア"
"街[Maxi]"
"青い空[Maxi]"
"さよならストレンジャー"
"虹[Maxi]"
"東京[Maxi]"
... and more


check the albums?


button2006

buttonサンシャインビート、そしてオーガニックスマイル : ダチャンボ : (8th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button富士の裾野で電車は走る : くるり : (7th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonその30余りの人が、僕らを歓喜という楽器に変えてしまった : ア・ハンドレッド・バーズ・オーケストラ : (27th Jan. @ リキッドルーム恵比寿)
button原始回帰 : モグワイ : (25th Jan. @ 代官山ユニット)
button原始回帰 : あふりらんぽ : (25th Jan. @ 代官山ユニット)
buttonそして日本も手を叩く : クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー : (24th Jan. @ 渋谷クラブクアトロ)
buttonその先を、観たくなる : カイザー・チーフス+ザ・クリブス : (23rd Jan. @ リキッドルーム恵比寿)

button2005

button君よ、ニギヤカの色を見ろ! : 上々颱風 (10th Dec. @ 東京シネマ倶楽部)
buttonreview with no title : ロブ・スミス (2nd Oct. @ Asagiri Arena)
buttonreview with no title : ア・ハンドレッド・バーズ (1st Oct. @ Asagiri Arena)

button2004

buttonCD review : アジアが一番 復刻版 +秘蔵ライヴ録音 紅龍&ひまわりシスターズ & JIROKICHI DAYS 1988 : 上々颱風 (12th Jul.)
buttonうつつに灯る夢心地 : 上々颱風 (7th July @ Hanazono Shrine)
button「煌き」 : GAN-BAN NIGHT SPECIAL [BREAK ON THROUGH] VOL.1 SPACE COWBOY (28th May @ Nishiazabu SPACE LAB YELLOW)
button「伝説」 : THE VINES (19th May @ Shibuya Quattro)
button興奮はあった。パーティーは無かった。 : Squarepusher Japan Tour 2004 (15th May @ LAFORET MUSEUM ROPPONGI)
button書籍 Review : -P2Pという冒険- : 『ナップスター狂騒曲』 ジョセフ・メン(著)/合原 弘子(訳)/ガリレオ翻訳チーム(訳) (20th Apr)
button名レーベルが魅せたパーティーの真髄 : NINJA TUNE feat.Bonobo / Kid Koala / Coldcut / Hexstatic / Jason Swinscoe (2nd Apr @ Shibuya O-EAST)
button例外的ヒーロー : IGGY POP & the stooges (22nd Mar @ Shibuya AX )
buttonCD review : 『Somewhere Only We Know』 : Keane (2nd Mar @ Nagoya Diamond Hall)
button愛と思い出の夜 : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (2nd Mar @ Nagoya Diamond Hall)
button熱帯雨林、そして野生のUAがクアトロに : AlayaVijana (20th Feb @ Shibuya Quattro)
button「iPODロッカー」?さあ、どうでしょう : JET (2rd Feb @ Shibuya AX)

button2003

buttonMovies Review : 映画『モロ・ノ・ブラジル』 : 監督:ミカ・カウリスマキ / 脚本:ミカ・カウリスマキ、ジョルジ・モウラ / 出演:セウ・ジョルジ、マルガレッチ・メネー / ゼスほか計31組のアーティスト等 (16th Dec)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Seiichi "ryoji" Hagino and the same of the photos belongs to Terumi They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.