button朝霧ジャム - イッツ・ア・ビューティフル・デイ -
@ 朝霧アリーナ (7th to 8th Oct '06)

ハンズ・オヴ・クリエイション
Hands Of Creation 今年は日本中の数々のライブに引っ張りだこのハンズ・オヴ・クリエイションが1日目のムーン・シャイン・ステージに登場。小池龍平(Vo, Gut guitar, and Harmonica)、高田漣(Steel Guitar, Weissenborn, and Acoustic)、小川岳史(Percussion)、BIC(Percussion)の4人。まだデビューアルバムが出たばかりと実績はあまりないニューバンドではあるが、メンバー個々の経歴を見ると、たくさんの経験、そして卓越した腕前に裏打ちされた素晴らしいセッションを予想するのは案外簡単なものだ。これだけ期待感を持って見られるバンドは今日そうはないはず。

 しかも、彼らは昨日の夜に博多でのライブに参加したというのに、次の日にはもうここ富士山の麓。タフな方々に恐縮です。昨日まで降り続いた雨と朝露の残りの影響で芝生はまた湿っていたが、それにも関わらず多くの人たちが地べたに座ってあぐらをかき、片手には並々と液体が注がれたコップ、この時期にしては強い太陽の光。仲間と朝霧のスタートを祝いながらゆるりと感じるアコースティック。彼らの演奏に相対するには最高の環境であった。それに加えて、1曲目が始まると同時に富士山の頂上から雲が取れかけて……。どうやら富士山もハンズ・オヴ・クリエイションをお待ちかねしていたようである。

Hands Of Creation まったりと良質なサウンドが始まる。日本人的な渇舌の良い英語を奏で、彼ら特有の力強く、エッジの効いたサウンド。レゲエの神様、ボブ・マーリーをインスピレーションしたゲット・アップ、スタンド・アップでは、カリブの風を感じさせつつも我々にひとつの幸せの形を与えてくれた。ダブル・パーカッションによって舞い上がる土埃、いいねぇ。ますますアルコールが進んじゃう感じで、ステージそばのドリンク屋は常に繁盛。それにしても演奏している彼らは飲みたくならないのだろうか?暑いからのどが乾くだろうに。そこはプロだから誰かみたいにへべれけになりながらステージに立つのは受け入れられないのだろうか?本当だったらステージ下に行ってズシッと重たい紙コップを手渡してあげたい、そう思った。

 オーディエンスも幸せを感じながらデビューアルバム「ハンズ・オヴ・クリエイション」からのナンバーを中心にステージは展開されていった。「ホールド・ミー・ザイオン」「理ヴ・アップ」「ザ・モースト・ハイ」などなど。ふたのされていない広い空間で聞くとまた一味違った趣を感じられた。どっちかがいいのではない。どっちもいいのだ。太陽が出たり沈んだり、風が強く吹いたりやんだりを繰り返しながらあっという間に彼らの演奏は終わりを迎えた。
Hands Of Creation



photos by terumi

Gina & Chris<- | Hands Of Creation (review) | ->Special Others (review)

Asagiri Jam : It's a beautiful day - intro - (JAP / ENG)

over all view : 幸せな2日間
over all photo document : over all photo documentary - ikesan's version


7th (sat) Oct
Rainbow Stage

Clammbon (review)
Ron Sexsmith
Chitose Hajime (review)
Quruli (review)
Michael Franti and Spearhead (part1 / 2) (review)
The Pogues (review)

Moonshine Stage

Gina & Chris
Hands Of Creation (review)
Special Others (review)
Individual Orchestra
RKD1 / 2 (Ryukyudisko)
Justice (review)
Erol Alkan (review)
Mirror System(review)
8th (sun) Oct
Rainbow Stage

Honmonji Moonshine Stage (review)
Hocus Pocus(review)
Dachambo (review)
Soil & "Pimp" Sessions (review)
Warrior Charge
Mojave3 (review)
V∞Rredoms (review)


Moonshine Stage

Chris Pierce
Cool Wise Men (review)
Night Jungle (review)
1945 a.k.a. Kuranaka
Zion Train
Brinsley Forde (review)
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Asagiri Jam

buttonJam Special '05 : JAP / ENG (05/10/01 - 02) : photos by hanasan, hiroqui, saya38, keco, ikesan, sam & yusuke
buttonJam Special '04 : JAP / ENG (04/10/02 - 03) : photos by hanasan, ryota, sama & yusuke
buttonreview (02/09/28 - 29) : review by akira noguchi, photos by hanasan & maki
button今年は雨 (02/09/28 - 29) : review by nob, photos by ikesan
buttonphoto report (02/09/28 - 29) : , photos by ikesan

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Hands Of Creation

buttonphoto report (06/10/07 @ Asagiri Arena) : photos by terumi


The official site

Hands Of Creation

http://www.tone.jp/handsofcreation/index.shtml

check 'em?-->Hands of Creation

The latest album

Hands Of Creation

Hands Of Creation (国内盤 / Hands of Creation - Hands of Creation)

check the albums?

previous contributions

button2006

buttonreview with no title : ホーカス・ポーカス (7th to 8th Oct '06@ 朝霧アリーナ)
buttonreview with no title : ミラー・システム (7th to 8th Oct '06@ 朝霧アリーナ)
buttonreview with no title : ハンズ・オヴ・クリエイション (7th to 8th Oct '06@ 朝霧アリーナ)
button「体験する」コンサートはいかが? : ハイドパーク・ミュージック・フェスティヴァル (9th & 10th Sept. '06 @ 稲荷山公園) : review by 川村恭子
buttonジェニー・ルイス初来日! : ジェニー・ルイス (1st Aug. '06 @ 渋谷クラブクアトロ) : review by kemji
buttonFM 802 ミート・ザ・ワールド・ビートより : ザ・クロマニヨンズ (23rd Jul. '06 @ 万国博記念公園もみじ川芝生広場) : review by 坂本唯
buttonロックンロール骨伝導 : 日本脳炎、怒髪天 & ギター・ウルフ (5th Jun '06 @ 新宿ロフト) : review by JET-GIRLand photos by saya38
button13年目の余裕 : ベン・ハーパー & ジ・イノセント・クリミナルズ (3rd Jun '06 @ ゼップ東京) : review by 竹井晶子 and photos by hanasan
button情熱のR&Rエンジンは紅く吠えた : ディーゼル・アン (28th May '06 @ 新宿レッドクロス) : review and photos by 棚橋憲治
buttonno title : ナイロン (6th May '06 @ 東高円寺UFOクラブ) : review and photos by 棚橋憲治
button365歩の先で「無」が燃え上がる : イースタン・ユース (22nd Feb '06 @ 渋谷クラブクアトロ) : review by JET−GIRL, photos by keco
button365歩の先で「無」が燃え上がる : イースタン・ユース (22nd Feb '06 @ 渋谷クラブクアトロ) : review by JET−GIRL, photos by keco
buttonphoto report : ビヨンズ (17th Feb '06 @ 代官山ユニット) : photos by wacchy
buttonフロアを燃やせ! : フランツ・フェルディナンド (10th Feb '06 @ 日本武道館) : review by sumire

button2005

button変化する、行き着く先はやっぱりWeezer : ウィーザー (15th Dec '05 @ ゼップ大阪) : review by 石橋栄
button男気が似合う彼ら : ザ・コーラル (15th Nov '05 @ 難波ハッチ) : review by 石橋栄 and photos by ikesan
button思わず、手をたたいてしまった : ハード・ファイ (15th Nov '05 @ 心斎橋クラブ・クアトロ) : review by 石橋栄 and photos by izumikuma
buttonno title : Doo Bee Fes vol.1 (8th Oct '05 @ Sunsui Unagidani) : review by 矢野慶子 and photos by ken
buttonどの瞬間もマキシモ・パーク : マキシモ・パーク (8th Oct '05 @ Osaka Mother Hall) : review by 石橋栄 and photos by izumikuma
buttonインビシ初体験物語 : インビシブルマンズデスベッド (23rd Jul '05 @ Sapporo Susukino-81) : review by 千葉理花 and photos by q_ta
buttonロッキンポども、かかってきなさい : マキシマム・ザ・ホルモン (28th May '05 @ Sapporo Bessie Hall) : review by 千葉理花 and photos by q_ta
buttonreview (no title) : "第2回 日米ロックンロール馬鹿対決9本勝負 Dixied The Emons (23rd May '05 @ Sapporo Bessie Hall) : review by 千葉理花 and photos by q_ta
buttonreview (no title) : "恋とエレキと花束と"ツアーVol.3ファイナル〜涙の3マンショウ! feat.Milkteath, The Surf Coasters, NON-DRAGS (24th Apr '05 @ Sapporo SUSUKINO-810) : review by 千葉理花 and photos by q_ta
buttonFuji Rockの前に : The Longcut (20th Apr '05 @ The Cockpit in Leeds, 26th Apr. @ Free Butt in Brighton) : review and photos by sean.a-k
buttonphoto report : pealout (8th Apr '05 @ Shibuya O-west) : review and photos by wacchy
buttonreview (no title) : SPARTA LOCALS (27th Mar '05 @ Sapporo Bessie Hall) : review by 千葉理花, photos by q_ta
button"衝撃連打な洗礼" : The Mars Volta (8th Feb '05 @ Ebisu Liquidroom) : review by taku, photos by keco
button"Revolution, we're the solution!" : Ash (17th Jan '04 @ Shibuya AX) : review by U-co, photos by mari



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Toshiharu Komori and the same of the photos belongs to Terumi Fukano. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.