button朝霧ジャム - イッツ・ア・ビューティフル・デイ -
@ 朝霧アリーナ (7th to 8th Oct '06)

元ちとせ
Chitose Hajime
 個人的な意見だが、朝霧JAMで最も楽しみにしていたアーティストが元ちとせだった。2002年のフジロック、「フィールド・オブ・ヘヴン × 元ちとせ」という場に居合わせることができなかったことが未だに悔やまれてならない。今年朝霧JAMに元ちとせが出演するという話を耳にしたときは、声にならない感情が体の中に沸き上がった。

 元ちとせの何に期待していたのか。もちろん朝霧JAMという空間で聴きたい曲もあった。が、それ以上に期待していたのは、彼女の声だった。天性、などという言葉を使うと彼女の歌うことに対する努力を無視するようだが、その声を聴くとついこんな言葉を使ってしまう。芯の通った力強さと優しさがその声にはあり、聴く者の心の底にまで訴えかけるようなパワーを感じる。2002年のフィールド・オブ・ヘヴンで、彼女のうたを聴いた人が涙を流したというエピソードを聞いたことがあるが、彼女の歌声には、たしかに人の感情をくすぐる何かがある。朝霧JAMのステージを見て、そう確信した。

Chitose Hajime  今年発売されたアルバムのタイトルナンバーでもある"ハナダイロ"が披露されたのは3曲目くらいだっただろうか。空、海、地球の青色を意味し、平和をイメージさせるのがハナダイロ(縹色)だそうだが、朝霧高原で歌う彼女のキャラクターにはそんな言葉が良く似合う。続けてフェアグラウンド・アトラクションのカヴァーで"パーフェクト"。初めて彼女のライブを見る自分にとっては意外な選曲だった。少女のようなあどけない歌声は、静かに歌声に聴き入っていたオーディエンスからも自然と手拍子を誘い出す。

 これだけ富士山の近くに来たのは初めてだという。MCをはさみ、"いつか風になる日"のイントロが流れ始めた。バンドも音を抑え、アコースティックなサウンドに元ちとせのヴォーカルがのる。先ほどまで手拍子をとっていたオーディエンスはただ立ちつくし、彼女の歌声に耳を澄ましていた。

 最後の曲は"青のレクイエム"。キーボードだけを残し、バンドメンバーはステージから立ち去った。鍵盤による伴奏だけが元ちとせのうたを支える。シンプルな編成だが、彼女の歌声を聴かせるにはこれ以上ない組み合わせではないだろうか。

 声。バンドサウンドでも曲でもなく、ただその声にこれほどまでに魅せられたのはいつ以来だろう。願わくば、もう1度フィールド・オブ・ヘヴンでその歌声を聴かせて欲しい。
Chitose Hajime



report by funabashi and photos by terumi

Ron Sexsmith<- | Chitose Hajime (review) | ->Quruli(review)

Asagiri Jam : It's a beautiful day - intro - (JAP / ENG)

over all view : 幸せな2日間
over all photo document : over all photo documentary - ikesan's version


7th (sat) Oct
Rainbow Stage

Clammbon (review)
Ron Sexsmith
Chitose Hajime (review)
Quruli (review)
Michael Franti and Spearhead (part1 / 2) (review)
The Pogues (review)

Moonshine Stage

Gina & Chris
Hands Of Creation (review)
Special Others (review)
Individual Orchestra
RKD1 / 2 (Ryukyudisko)
Justice (review)
Erol Alkan (review)
Mirror System(review)
8th (sun) Oct
Rainbow Stage

Honmonji Moonshine Stage (review)
Hocus Pocus(review)
Dachambo (review)
Soil & "Pimp" Sessions (review)
Warrior Charge
Mojave3 (review)
V∞Rredoms (review)


Moonshine Stage

Chris Pierce
Cool Wise Men (review)
Night Jungle (review)
1945 a.k.a. Kuranaka
Zion Train
Brinsley Forde (review)
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Asagiri Jam

buttonJam Special '05 : JAP / ENG (05/10/01 - 02) : photos by hanasan, hiroqui, saya38, keco, ikesan, sam & yusuke
buttonJam Special '04 : JAP / ENG (04/10/02 - 03) : photos by hanasan, ryota, sama & yusuke
buttonreview (02/09/28 - 29) : review by akira noguchi, photos by hanasan & maki
button今年は雨 (02/09/28 - 29) : review by nob, photos by ikesan
buttonphoto report (02/09/28 - 29) : , photos by ikesan

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Chitose Hajime

buttonreview with no title (06/10/07 @ Asagiri Arena) : review by funabashi, photos by terumi
buttonphoto report (06/10/07 @ Asagiri Arena) : photos by terumi


The official site

Chitose Hajime

http://www.office-augusta.com/hajime/


The latest album

Chitose Hajime

"ハナダイロ"
(国内盤)


The latest single

Chitose Hajime

"青のレクイエム"
(国内盤)



check the albums?


button2006

buttonwith no title : 元ちとせ (7th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonwith no title : クラムボン (7th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonスマッシング・マグを魅了し続ける歌姫 : 中山うり (17th Sept. @ 渋谷クラブクアトロ)
button風景の見える音楽へ : 中山うり (12th Sept. @ 代々木ザー・ザ・ズー)
button次なるステージへ : スペシャル・アザーズ (15th Jul. @ 代官山ユニット)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Takehiro Funabashi and the same of the photos belongs to Terumi They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.