button Rising Sun Rock Festival 2006 in EZO
(18th to 19th Aug '06)

- Sannin no Samurai- (Three Samurais) - 侍、再び -

Sannin no Samurai
 '03年のライジングサンで誕生した三人の侍が、キヨシローのピンチヒッターという形で舞い戻ってきた。以前、ホールで行われた彼らのライブは、さすが!この3人が集まっただけあるよ!という感じの完成度で、大満足したのだけれど、こうしてRSRのステージに立っているのを見たら、やはり涼しい風が吹きすさむ野外が似合う男たちだなぁと思った。

Sannin no Samurai 奥田民生のユルさ、山崎まさよしの意外な素朴さCHARの大人の貫禄。初めて三人の侍を見たときは、こんな豪華な組み合わせがあっていいものかと思ったけれど、何度見てもやっぱり豪華だと思ってしまう。見ている人たちもライジングサンのトップバッターとしても申し分ないよ、といった様子。横文字禁止・語尾にござるをつけて話す侍スタイルMCは、オヤジの飲み会での悪ふざけみたいだけれど、必死でそのスタイルを崩さないように話しているところが笑える。しかし、彼らがギターを持ちマイクに向かうと、それはもう贅沢三昧なライブが始まるのだ。

Sannin no Samurai ビートルズの"Nowhere Man"や"Come Together"など、洋楽の王道が続き、私なんかは、タイトルがわからないけれどどこかで聴いたことがあるぞという曲がかかるとなんだか盛り上がってしまう方なのだけれど、そんな人が他にもたくさんいるようで、「あー、聴いた事ある!」とあちこちから声が上がっていた。こういう風に、誰かのライブで聴いた曲を家に帰って調べたりして、聴く音楽の幅が広がっていくこともあるのだろう。

Sannin no Samurai 後半お客さんたちの体を揺らしたのはなんといってもスパイダースの"エレクトリックおばあちゃん"。おそらく今日演奏した曲の中で、一番原曲を聴いたことがないのがこの曲だろうなと思うのだけど、ステージもお客さんもなぜかこの曲で一番盛り上がる。

 そしてDoobie Brothersの"Listen To The Music"に続くと、雨もひどくなってきたというのにお客さんは楽しそうにこぶしを上げている。安定した演奏と、聴きなれた名曲が次々と続き、ちょっと足を止めただけのお客さんたちも、すっかり引き込 まれている。

 「上を向いて歩こう」の替え歌「三人の侍の夜」を歌いながら、大きな歓声と拍手を背に、去っていく三人の侍。また来年、ここに戻ってきてね。
Sannin no Samurai



report by rica and photos by ikesan
==>top page : JPN / ENG

Intro <- | Sannin no Samurai (review) | ->Bazra

Rising Sun Rock Festival 2006 (intro : JPN / ENG)



buttonMag files : 奥田民生 (Tamio Okuda)

button侍、再び (06/08/18 @ Rising Sun Rock Festival, Ishikari Bay) : review by rica, photos by ikesan
buttonphoto report (06/08/18 @ Rising Sun Rock Festival, Ishikari Bay) : photos by ikesan
buttonphoto report (05/11/27 @ Kobe Chicken George) : photos by tommy


The official site

Rising Sun Rock Festival

http://rsr.wess.co.jp/2006/


The official site

Char

http://www.char-net.com/

Masayoshi Yamazaki

http://www.office-augusta.com/yama/

Tamio Okuda

http://ot.hit-r.com/


The latest album of Char


Char
"Singles(1976-2005)"


The latest album of Masayoshi Yamazaki

Masayoshi Yamazaki
"WITH STRINGS YAMAZAKI MASAYOSHI meets HATTORI TAKAYUKI & RUSH STRINGS"



The latest work of Tamio Okuda

Tamio Okuda
"MANY [Maxi] "




check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
rica's works

mail to

button 2006

button緊急事態だったんです : ザ・たこさん (21st Oct @ 大阪あべのザ・ロック食堂)
buttonロックのゲンコツ : ザ・クロマニヨンズ (19th Jul @ ライジング・サン・ロック・フェスティヴァル)
button9年振りの同窓会 : 米米クラブ (19th Jul @ ライジング・サン・ロック・フェスティヴァル)
button漂泊のロックンローラー : ロックンロール・ジプシーズ (18th Jul @ ライジング・サン・ロック・フェスティヴァル)
buttonやたらと沁みる傷薬 : 小谷美紗子 (18th Jul @ ライジング・サン・ロック・フェスティヴァル)
button限界を超えたスタートダッシュ : マキシマムザホルモン (19th Jul @ 札幌ペニーレイン24)
button札幌の涼しい夜が燃えだした : ファイアースターター feat. オーヴァーグラウンド・アコースティック・アンダーグラウンド、テン・フィート、ブラッドサースティ・ブッチャーズ (15th Jul @ ゼップ札幌)
buttonオヤジになりたかった夜 : シオンと松田文 (19th May @ 札幌アイビック)

button 2005

buttonインビシ初体験物語 : インビシブルマンズデスベッド (23rd Jul @ 札幌すすきの810)
buttonロッキンポども、かかってきなさい : マキシマム・ザ・ホルモン (28th May @ 札幌ベッシーホール)
buttonreview (no title) : "第2回 日米ロックンロール馬鹿対決9本勝負 Dixied The Emons (23rd May @ 札幌ベッシーホール)
buttonreview (no title) : "恋とエレキと花束と"ツアーVol.3ファイナル〜涙の3マンショウ! feat. ミルクティース, ザ・サーフ・コースターズ, ノン・ドラッグス (24th Apr '@ 札幌すすきの810)
buttonreview (no title) : スパルタ・ローカルズ (27th Mar @ 札幌ベッシーホール)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of photos belongs to Tsuyoshi "ikesan" Ikegami. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.