button South by Southwest Music Festival + Conference
@ Austin, Texas (15th-19th Mar '06)

SXSW 2006 編集後記

「taeko」
SXSW 2006
「RPGゲームとしての楽しみ、SNSとしてのこれから」

 「家に着くまでが遠足ですよ」とはよく言われるけれど、Smashing Magの取材ということでSXSWに参加させてもらった私たちの場合、記事を全部書き終えるまでがSXSWだといえるのかもしれない。逆にいうと、これを書くと本当にすべてが終わってしまうような気がして寂しくて、ずるずると自分の中で終わらせるのを先送りしていたような気がする。

 3月の半ばに日本を発って約一週間後に帰ってくるまでの間、何もかもが楽しすぎて猛スピードで通り過ぎてしまい、振り返ってみても大変だったことや苦労したことがあまり思い浮かばない。強いて困ったことをあげるなら、プログラムの変更が多かったことくらいだろうか。事前にSXSWのサイトで時間と場所をチェックして「○時から○時まではここでこのバンドを見よう」と思っていても、それが直前になってキャンセルになってしまったり、場所が変わっていたり、ということが何度かあった。

 そういうとき役に立ったのが口コミだ。「グレン・マトロックはキャンセルしたらしい」とか、「ニール・ヤングが誰それのライブに飛び入り参加するらしい」とか、「ビースティー・ボーイズがどこそこでライブをやるらしい」とか。SXSWには、オフィシャルには発表されないスペシャル・ゲストやシークレット・ギグが数多く存在する。

SXSW 2006  たぶん同じことを普通のフェスでやったらみんなすごく混乱すると思うし、噂や不確実な情報ばかりが飛び交うようなイベントは参加していても不安になるばかりだろう。だけど、SXSWにはわざとそういう「お楽しみ」的要素が随所に仕掛けられている感じがした。整備された町自体が会場ということもあり、環境的にもすごく楽な場所なので、そういう不確定要素を楽しめる余裕があるんだろう。

 だから、「これは一体どうなっているんだろう、困ったなあ」と思っていると、列に並んでいるときに他の人の会話がぐうぜん耳に入ってきたりとか、ライブで隣り合わせた人から教えてもらえたりとかして、最終的にはなんとかなってしまう。そうやって少しずつ情報を集めていって重要なところにたどり着く過程は、まるで自分がRPGゲームの世界にいるみたいな楽しさがあった。また、それがきっかけで何人かの人と知り合いになることもできた。

 SXSWは、世界各国の面白いバンドをコンパクトにまとめて見られるというところが素晴らしいし、その点でもものすごく収穫はあったけど、もう一方で横のつながりというか、参加者同士もしくは参加者と出演者の人脈を広げるためにもすごく有効に機能しているイベントだったと思う。ちょうど日本ではmixi、アメリカではMySpaceに代表されるようなネット上での交流の場であるSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の実体験版みたいな要素があるんじゃないだろうか。そういう意味で日本やアジア各国からの参加者がさらに増えて相互交流が深まれば、もっと面白いことになると思う。

 最後になってしまったけど、このような機会と場を設けていただいたSXSWアジア事務局ならびにSmashing Magのスタッフの皆さまに大きな感謝の気持ちをこめて。

with big smack!

comment and photos by taeko

==> Feature Special SXSW 2006 : Top Page ==> Smashing Mag top page : JPN / ENG


buttonSXSW 2006 (06/03/15-19 @ Austin, Texas) : report by ryota,sam,keco,toddy,taisuke,taeko,taiki,hanasan
buttonSXSW 2005 (05/03/16-20 @ Austin, Texas) : report by ryota,sam,toddy,taisuke
buttonSXSW 2004 (04/03/17-21 @ Austin, Texas) : report by ryota

==>top page : JPN / ENG

The official site

SXSW 2006

SXSW 2006

The official site

SXSW asia

SXSW05 ASIA
アルバムのチェックする?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

Feature Special
SXSW 2006

Top

REVIEWS & PHOTOS

Overall View

[Vol.1] [Vol.2] [Vol.3]

Overall Photo Documentary

Live

Afrirampo [review/photos]
Allen Toussaint [photos]
Aloha [photos]
Arctic Monkeys [photos]
Auttyon [photos]
The Cuban Cowboys [review/photos]
Desol [review/photos]
Dirty Pretty Things [photos]
DMBQ [review]
The Eighties Matchbox B-Line Disaster [review]
The Ends [photos]
The Feeling [photos]
Forward Russia [photos]
Gogol Bordello [review/photos]
The Gris Gris [photos]
The Hard Lesson [photos]
Harry Shearer [photos]
Hot 8 [photos]
The Kooks [photos]
Kris Kristofferson [photos]
Lyle Lovett [photos]
Morrissey [review/photos]
The Mutaytor [photos]
Mystery Jets [review]
Neck [photos]
Nickel Creek [photos]
OK GO [photos]
Peelander-Z [review/photos]
The Pretenders [photos]
The Refugee All Stars [photos]
Sam Moore [photos]
Snow Patrol [photos]

Japan Nite feat.
Ellegarden [photos]
Tsushimamire [photos]
The Emeralds [photos]

Japanese Shamisen extravaganza
Shamisen Nite feat.
Mika Uchizato [photos]
Keisho Ohno [photos]
Umekichi [photos]
Yasukatsu Oshima [photos]
Takeharu Kunimoto [photos]
In Store Show feat.
Keisho Ohno with The JK Soul, Umekichi & Umekichi [photos]
Japan Bash Party feat.
Keisho Ohno with The JK Soul [photos]
Takeharu Kunimoto with The Last Frontier [photos]
Umekichi [photos]


BULLETIN


[15th] [16th] [17th] [18th] [19th]


PREVIEWS


EDITORS NOTE


[toddy] [keco] [sam] [taeko] [taiki] [ryota]



mag files : SXSW


Staff data base


無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to Ryota Mori, Miyuki "sam" Samata, Keiko "keco" Hirakawa, Koichi "hanasan" Hanafusa (The Voice Of Silence) and the same of the articles belongs to Ryota "toddy" Toda, Taisuke Nakamura, Taeko Fujimoto, . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.