button South by Southwest Music Festival + Conference
@ Austin, Texas (15th-19th Mar '06)

SXSW 2006 レビュー

"Mystery Jets"
@ Maggie Mae's (15th Mar '06)


Mystery Jets
『父子鷹ヒットエンドラン』

 シンバル、カウベル、ブリキのゴミ箱のふた……たくさんの打楽器に囲まれるようにしてその真ん中にボーカルが座っている。金属製の打楽器がライトを浴びてまぶしい光を放ち、その上をスティックが跳ねるたび、鋭い打音がリズムを刻む。ボーカルがステージの中央最前で歌いながらガンガン叩きまくっているおかげで、ギターやベースよりも先にそっちの音が耳に入ってくる。物を叩いて音を出すっていうのはほんとに根源的でプリミティブなやり方で、だからこそ何もフィルターを通してないむき出しの感情がばんばん放出されているのが目に見えるようだ。奇妙で、アンバランスだけど力強いビート。ライブを見てはじめて、こんなにアグレッシブなバンドだったんだと思い知らされる。

 音だけじゃなく、メンバー構成もちょっと変わっているこのバンド。キーボードやコーラスを担当しているメンバーが、なんとボーカルの父親なのだ。彼はちょいとポール・ウェラー似の素敵なロマンスグレーのオジサマで、私もこんなお父さんが欲しいわぁと思わずうっとりしてしまう。しかし彼が人をひきつけてしまうのはルックスのせいだけではなく、傍らにいるだけでステージをまとめ上げる確かな存在感というか、ハタチそこそこのバンドにはない貫禄を感じらさせるからなのだろう。

 しかし落ち着いて音だけ聴いていると、最近の新しい世代のバンドにしては珍しく全然ガレージっぽくもないしメロディーもやや暗め。なのに不思議とハイパー・ポジティブな印象を受けるのは、やっぱりこの風変わりなビートのせいなんだろう。ギターと一緒になって、文字通り叩きつけるように鳴らされるその音は、暗い森を歩きつづけてあるとき突然視界が開けたときのような、あるいは重い雲の切れ間から青空が見えたときのような、スコーンと突き抜けた瞬間をたしかに体現している。

 時間が押していて3曲余りの演奏はあっという間に終わってしまった。それなのに、最前列で見ていたせいかそのエネルギッシュで密度の濃いステージにあてられてしまったような気がする。あの前へ前へと駆り立てるようなビートは、突き抜けたその先の景色も見せてくれるんだろうか? 今度のフジロックでの再会が楽しみだ。

report and photo by taeko

==> Feature Special SXSW 2006 : Top Page ==> Smashing Mag top page : JPN / ENG

buttonmag files : Mystery Jets

button父子鷹ヒットエンドラン (06/03/15 @ Maggie Mae's) : review and photo by taeko


buttonSXSW 2006 (06/03/15-19 @ Austin, Texas) : report by ryota,sam,keco,toddy,taisuke,taeko,taiki,hanasan
buttonSXSW 2005 (05/03/16-20 @ Austin, Texas) : report by ryota,sam,toddy,taisuke
buttonSXSW 2004 (04/03/17-21 @ Austin, Texas) : report by ryota

==>top page : JPN / ENG

The official site

Mystery Jets

www.mysteryjets.com



The latest album :

Mystery Jets

"Making Dens (Dig) "
(US import)
previous works


The official site

SXSW 2006

SXSW 2006

The official site

SXSW asia

SXSW05 ASIA
アルバムのチェックする?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

Feature Special
SXSW 2006

Top

REVIEWS & PHOTOS

Overall View

[Vol.1] [Vol.2] [Vol.3]

Overall Photo Documentary

Live

Afrirampo [review/photos]
Allen Toussaint [photos]
Aloha [photos]
Arctic Monkeys [photos]
Auttyon [photos]
The Cuban Cowboys [review/photos]
Desol [review/photos]
Dirty Pretty Things [photos]
DMBQ [review]
The Eighties Matchbox B-Line Disaster [review]
The Ends [photos]
The Feeling [photos]
Forward Russia [photos]
Gogol Bordello [review/photos]
The Gris Gris [photos]
The Hard Lesson [photos]
Harry Shearer [photos]
Hot 8 [photos]
The Kooks [photos]
Kris Kristofferson [photos]
Lyle Lovett [photos]
Morrissey [review/photos]
The Mutaytor [photos]
Mystery Jets [review]
Neck [photos]
Nickel Creek [photos]
OK GO [photos]
Peelander-Z [review/photos]
The Pretenders [photos]
The Refugee All Stars [photos]
Sam Moore [photos]
Snow Patrol [photos]

Japan Nite feat.
Ellegarden [photos]
Tsushimamire [photos]
The Emeralds [photos]

Japanese Shamisen extravaganza
Shamisen Nite feat.
Mika Uchizato [photos]
Keisho Ohno [photos]
Umekichi [photos]
Yasukatsu Oshima [photos]
Takeharu Kunimoto [photos]
In Store Show feat.
Keisho Ohno with The JK Soul, Umekichi & Umekichi [photos]
Japan Bash Party feat.
Keisho Ohno with The JK Soul [photos]
Takeharu Kunimoto with The Last Frontier [photos]
Umekichi [photos]


BULLETIN


[15th] [16th] [17th] [18th] [19th]


PREVIEWS


EDITORS NOTE


[toddy] [keco] [sam] [taeko] [taiki] [ryota]



mag files : SXSW


Staff data base


無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to Ryota Mori, Miyuki "sam" Samata, Keiko "keco" Hirakawa, Koichi "hanasan" Hanafusa (The Voice Of Silence) and the same of the articles belongs to Ryota "toddy" Toda, Taisuke Nakamura, Taeko Fujimoto, . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.