button South by Southwest Music Festival + Conference
@ Austin, Texas (15th-19th Mar '06)

SXSW 2006 プレヴュー


"誇大妄想 SXSW"

 SXSWがどれだけ素晴らしいかという話は、去年のチームが言いまくって、ちと食傷気味なのである。正直言いますと、去年なんて、どうだっていいのです、いや、いいのでした。というのは妙な意地から。無意識の全体主義が蔓延する米国よりも、英国のこぢんまりとした利己主義のがいいぜぇ、などの言い訳は後付けでワンサカ出てくるんだが、正直に言うと、ザ・クラッシュ至上主義で、自腹で行くならまず英国と決めていて、それ以上でも以下でもない。

SXSW  SXSW…話によると、このイベントはアーティストの見本市らしく、膨大な数のアーティストが世界各国から出演し(まぁ当然の如く地元出身者のえこひいきもあり)、プロモーターやらレーベル関係者がツバをつけるイベントであり、また発掘する場でもある。そんなビジネスライクなイベントが面白いのか、となると、いやいや、とても面白そうなのである。世界各国の名に恥じず、民俗独自の色が出たアーティストも多く、欧州のジプシー義族楽団たちや、ラテンアメリカのチカーノ・ロック、アラビックスケールで妙ちきりんな浮遊サウンドを生み出す中東のバンド、アイルランドのトラッドをベースにし、それにパンクをミックスさせた、イキのいいバンドもいる。もちろん「ロック」でくくられるバンドが圧倒的に多く、ワールドミュージックなど少数派。しかし、それら微力なトラッドのバンド達がことSXSWになると勢いが増し「ロック」を浸食してステージを奪っていることは明らか。レコ屋のフロアの中で申し訳程度の敷地しかもらえないことに比べれば、SXSWにおけるトラッドの重要度がわかるってもんだ。

 こいつらは、例外なく、文化が衝突するところで生まれた音楽がベースになっていると思うんだが、どうだろう? 第二のマノ・ネグラを発掘してぇな、って気分にもなる。

 とりあえず、トータルコンセプトは決まった。レヴェルの音を探し求めて行こうと思うのだ…とかっこいいことを言いながら、酒タダ、肉タダのレーベル主催BBQパーティーってのが、一番楽しみにしていることだったりする。 SXSW アリゲーターにラムの肉なんてそうそう喰えたもんじゃないからね、喰ってみようと思います。確かにアーティストがいなけりゃ、鼻も引っかけない土地。わざわざテキサスはオースチンくんだりまで長時間のフライトに耐えて行くなんて、勘弁して欲しい。でも、きっと面白いはずだ。呆れるぐらいにハコが乱立しているわけだから、別に通りすがりでフラっと立ち寄ってもいいじゃないか、と思ったり、一応、他のmagメンバーとのアレもありますし、打ち合わせもしているんだけど、街のいたるところで興味をそそる事柄が起こる予感もあり…。正直「バンドはどうでもよかったです、もう街が楽(たの)して楽して…」なんて言いたいもんだわ。他のヤツらにブッ飛ばされるかもしれないけれど。

 このオースチンという場所は、20年前からSXSWが開催されていて、そのおかげか奇妙なバンドがひょっこり出てくる。今年のリストを見ても、変なヤツらがうようよしてたし、THE ASYLUM STREET SPANKERSっていうジャグバンドも、とある曲のサビで「beer beer beer beer beer…」と、酒への愛情と鬱憤をストレートに吐き出しているし、マリワナ讃歌のオンパレードだったりする。ただのどーしようもないバンドかと思えば、ブルーズやカントリーの王道を突き進んだりと、まともなのかおかしいのかわからない始末だ。んでも、こいつらは今年の出演者ではない、が、街角で勝手に演奏していてもおかしくはない。なにせ地元だし、SXSWがオースチンあげてのお祭りとして定着していれば尚更である。

 とりあえず、ジプシーにアイリッシュ、アラブ、ラテンにパンクが絡んだアーティストをあれこれ見てくるってことで、この場を逃げ出したいと思います。

column by taiki


==> Feature Special SXSW 2006 : Top Page ==> Smashing Mag top page : JPN / ENG


buttonSXSW 2006 (06/03/15-19 @ Austin, Texas) : report by ryota,sam,keco,toddy,taisuke,taeko,taiki,hanasan
buttonSXSW 2005 (05/03/16-20 @ Austin, Texas) : report by ryota,sam,toddy,taisuke
buttonSXSW 2004 (04/03/17-21 @ Austin, Texas) : report by ryota

==>top page : JPN / ENG

The official site

SXSW 2006

SXSW 2006

The official site

SXSW asia

SXSW05 ASIA
アルバムのチェックする?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

Feature Special
SXSW 2006

Top

REVIEWS & PHOTOS

Overall View

[Vol.1] [Vol.2] [Vol.3]

Overall Photo Documentary

Live

Afrirampo [review/photos]
Allen Toussaint [photos]
Aloha [photos]
Arctic Monkeys [photos]
Auttyon [photos]
The Cuban Cowboys [review/photos]
Desol [review/photos]
Dirty Pretty Things [photos]
DMBQ [review]
The Eighties Matchbox B-Line Disaster [review]
The Ends [photos]
The Feeling [photos]
Forward Russia [photos]
Gogol Bordello [review/photos]
The Gris Gris [photos]
The Hard Lesson [photos]
Harry Shearer [photos]
Hot 8 [photos]
The Kooks [photos]
Kris Kristofferson [photos]
Lyle Lovett [photos]
Morrissey [review/photos]
The Mutaytor [photos]
Mystery Jets [review]
Neck [photos]
Nickel Creek [photos]
OK GO [photos]
Peelander-Z [review/photos]
The Pretenders [photos]
The Refugee All Stars [photos]
Sam Moore [photos]
Snow Patrol [photos]

Japan Nite feat.
Ellegarden [photos]
Tsushimamire [photos]
The Emeralds [photos]

Japanese Shamisen extravaganza
Shamisen Nite feat.
Mika Uchizato [photos]
Keisho Ohno [photos]
Umekichi [photos]
Yasukatsu Oshima [photos]
Takeharu Kunimoto [photos]
In Store Show feat.
Keisho Ohno with The JK Soul, Umekichi & Umekichi [photos]
Japan Bash Party feat.
Keisho Ohno with The JK Soul [photos]
Takeharu Kunimoto with The Last Frontier [photos]
Umekichi [photos]


BULLETIN


[15th] [16th] [17th] [18th] [19th]


PREVIEWS


EDITORS NOTE


[toddy] [keco] [sam] [taeko] [taiki] [ryota]



mag files : SXSW


Staff data base


無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to Ryota Mori, Miyuki "sam" Samata, Keiko "keco" Hirakawa, Koichi "hanasan" Hanafusa (The Voice Of Silence) and the same of the articles belongs to Ryota "toddy" Toda, Taisuke Nakamura, Taeko Fujimoto, . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.