button 信州ロックンロール旅情

プロローグ


Nylon
 きっかけは11月6日のフォト・レポートだった。

 ロックンロールを愛するようになってから随分経つが、何かの記事を見てそのバンドに興味を持つことは多々あっても、読んだ瞬間いてもたってもいられなくなり直後にライブにまで駆り出された、という経験は過去に一度しかない。6年前に某雑誌に載っていたキングブラザーズの紹介記事がそれだ。読みながら腰が浮き、血の温度が上がるのがわかった。そんなにすごいライブをやる連中なのかと興奮し、直近のショウにすぐに出かけた。そして衝撃のライブ体験。「こんなすごい連中がいるなら俺が音楽をやっていても仕方がない。やめよう」とまで思わされるわけである。まあ、結局やめてはいないんだが。

 こんな体験はもう滅多にないと思っていたのだが、まさか同僚の仕事で触発されるとは思わなかった。とはいっても、実はこのバンドの名前だけは以前紹介した東芝EMIのディレクター、N氏から聞いていた。「すげぇバンドが京都にいてさ。ギターの女がいきなり客席にダイヴしてきやがるんだよ」一年ほど前そんな噂を聞き、面白そうだなと思ったのを覚えている。しかし関西のバンドだけに今までなかなか観る機会がなく(そして当時はドラマーが脱退した直後だっただけになおさら)、今日までその存在はともすれば忘れかけてさえいた。そんな時にドカンとこのフォトレポである。ぶっ飛ばされた。同僚を褒め殺すみたいでちょっと手前味噌だが、本当のことだから仕方がない。ちなみに撮影者のtommyとは過去にたった一度会ったことがあるだけである。

Nylon 断っておくがオレは「メチャクチャやってる」とか「パフォーマンスがすごい」とか、そんな理由でバンドを選んでいるわけじゃない。先日のフジロックではGANG OF FOURが電子レンジをバットで破壊したし、最近躍進目ざましい漁港にいたってはショウの最後になんとマグロを解体する。それはそれで面白いとは思う。思うけど、だけど、NYLONのライヴ写真から伝わってくるものはそういうわかり易いアイコンとはまた質が違う。そこからビンビン感じるものは、誤解を恐れずに一言でいいきってしまえば"気合"だ。演奏が下手でもいい、コードを3つしか抑えられなくてもいい。だけど絶対に失くしてはいけないもの、ロックンロールに一番必要なもの。そこにはそれがくっきりと写っていた。

 というわけで久々にぶっ壊れ気味にエキサイティングし、すぐにNYLONのライブ・スケジュールを調べたのだが、困ったことに年内には東京でのライブ予定がないのである。まいった。とても来年まで待っていられない。この火照った体をどこかで爆発させなければ狂ってしまう。そこでふと気がついたのが、長野県茅野市でのライヴ予定。これなら日にちは近い。そこで長野出身の友人たちに速攻で電話、茅野市のロケーションを訊いてみたのだが、誰もが「あそこは車がないと行くのはちょっと厳しいよ…」と厳しい返答。ぐむぅ。だけど、だけど……じゃあ、他にどうすりゃいいっていうんだ??

 一分だけ迷い、でもすぐに決めた。行く! 車はないけど、まあ、なんとかなるさ。それにこの企画、MODS MAYDAYでお馴染みのTHE FAVE RAVESも出るみたいじゃないか。この二つのバンドが観れるなら自腹で信州くんだりまで行くのもそんなに悪くない。なんだか去年の【道南パンク行脚】を思い出してきた。よし、こうなりゃ企画者にも会ってインタビューも敢行してこようかな。なんで茅野市での開催なのか気になるし。オレはわくわくしながら特急スーパーあずさ号に飛び乗った。同じ車両にモッズ・コートを着た奴がいた。向こうで再会することになるのだろうか。

*なお、写真は11月6日の京都公演のものを使用しています。


report by joe and photo by tommy

buttonmag files : Nylon

button信州ロックンロール旅情 (05/11/) : review by joe
buttonphoto report (05/11/06 @ Kyoto Taku Taku) : photos by tommy


The official site

Nylon

http://happytown.orahoo.com/nylon/


The latest album

Nylone

"Cover Song Series VOL.1"

previous works

"RIDE ON ROCK'N'ROLL"

"Nylon"



check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト


button 2005

buttonファンがライヴをつくりあげるのだ : オアシス (18th Nov. @ 代々木第一体育館)
button富士の麓で、大爆発が : フロッギング・モリー / どこへ行くモーサム、どこへ行く武井 : モーサム・トーンベンダー (1st Oct. in 朝霧ジャム)
button人生に迷ったときに : 勝手にしやがれ (30th Sept. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonこいつら、わかってんなあ : インビジブルマンズデスベッド (12th Jul. @ 下北沢251)
button苦しくとも、水中を追う! : 水中、それは苦しい (27th June @ 高円寺クラブライナー)
buttonColumn : これを聞かずに、死ねるか! : Elvis Costello "Armed Forces" (27th June)
button自分の席で観やがれ : ジャック・ジョンソン with G.ラヴ & スペシャル・ソース (2nd June @ 東京国際フォーラム)
button湧き出すエネルギー : 渋さ知らズ (1st Apr @ 新宿ピットイン)
button若者よ、老舗の店に行こう : シオン (11th Mar @ リキッドルーム恵比寿)

button 2004

button世界中の窓を通して : スティーヴ・ニーヴ (17th Dec. @ 青山カイ)
button観・歓・感(観客、歓喜で、感極まる) : エルヴィス・コステロ (14th Dec. @ 東京厚生年金会館)
buttonアトラクションズの亡霊 : エルヴィス・コステロ (8th Dec. @ 東京厚生年金会館)
buttonこれはロックンロールですよ : ブン・ブン・サテライツ (30th Nov. @ 代官山ユニット)
button新たな顔の発見 : ポカスカジャン (12th Nov. @ 六本木センセーション)
buttonInterview : GAL盤(ギャルバン)の時代到来 !? 〜 東芝EMI・N氏に突撃! : 「GAL盤」レコ発ライブ (28th Oct. @ 渋谷チェルシーホテル)
buttonjoeのGlastonburyあれやこれや : Glastonbury Festival 2004 (25th-27th June @ Pilton, UK)
button道南パンク行脚 : イントロ / 番外編 vol.1 : 旭川には何があるのか 〜ザ・ジョニー・ボーイズ / vol.2 : 札幌のSKAシーンとは 〜髭楽団 / vol.3 : すすきのにヤマグチの歌心、染み入る〜 サンボマスター / vol.4 : 男四匹ガキ大将 〜 怒髪天 / 札幌はやはりアツかった 〜 ハワイアン6 (その1) / 苫小牧にバンドが来る理由とは !? 〜 Hawaiian6 (その2) / 胆振地方パンク活性化仕掛け人・FREE KICKカワギシ氏に訊く / 室蘭の堤防、決壊 ! ! 〜 ハワイアン6 (その3) / 変化と成長という旅を続けるバンド 〜 HUSKING BEE / エンターテイナーの特権 〜 10-FEET / 涙が円陣に落ちていく(そして、旅の終わり) 〜 10-FEET / アウトロ (25th May - 3rd Jun '04)
button日本発オリジナルSKA! : Doberman (9th May. @ 恵比寿ガーデン・ルーム)
button"magが果たし状を受けた !! : MURATRIX (7th May. @ 池袋マンホール)
button"ケン違い"って……!? : Ken Yokoyama (28th Apr. @ 渋谷クアトロ)
button4月11日、ハチ公前の祈り : 平和アピール集会 (11th Apr. @ 渋谷ハチ公前)
buttonブレイクするんじゃねえか!? の真相 : The Captains (27th Mar @ 秋葉原グッドマン)
button時間は止まったままだった : Rickie Lee Jones (26th Mar @ 渋谷文化村オーチャード・ホール)
button人間と音楽の持つ可能性(ラジオスターとの再会) : Ani Difranco (8th Mar @ 渋谷 0-East)
button会場を包み込んだもの : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (4th Mar @ ゼップ東京)
button衝撃、冷めやらず : Three Bullets and a Gun (17th Feb @ 新宿ドクター)
button博多からの刺客!! : Mellow Yellow (17th Feb @ 新宿ドクター)
button情念は届くだろうか : Ghost (17th Jan @ 池袋アダム)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Joe Takamatsu and the same of the photos belongs to Tomoko "tommy" Okabe. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.