button ズイノシン集中教室 〜ほんとは祭り〜
@ 多摩美術大学,大阪市立大学,
鰻谷サンスイ,新世界ブリッヂ
(4th - 6th Nov '05)

Intro 「平均ショーワ50年ダイ」

Zuinosin
 フェスティヴァル・ゲートの残骸、味園ビルという遊び場... これらが今も脈打つ血液だとして、震災の衝撃、大阪市政の腐臭、第3セクターの倒産、あいりん地区の光景... これらは今を形作る骨組織だとして、関西ゼロ世代、ボアダムス・チルドレン... そんな呼び名は値だけ張るただのアクセサリーだとして、ジグジグのTシャツ、マスク、透明ギター、極彩色衣装に棒ベース... それが白でも黒でも黄色でもない彼らの皮膚だとして、それがすべてズイノシンだとして... だとしたら何も分かれないのかも知れない。そしてもっと大きなところをボクは見逃しているかも知れない。でも、彼らほど同世代を鳴らしている同世代をボクは知らないし、その音・音声には悔しさすら込み上げてくる。かと思えばそれはとんだ誤解か、とも思う。ハハハ、バカやってて良かった。ズイノシンとか言ってこんなオモシロイことないですから。

 ズイノシンにだけ当てはまるのではない上記背景、オモシロさ。それが自分をドンドン突き動かしてくれるのだから有り難く思わなくては。なんだかんだ彼らを3日連続で観れそうな日があったため、そこに予定を入れてみたのだけど、やはりと言うか、そこから広がるスペクトルに心躍らされ、大阪の磁場に吸い寄せられたコドモたちの高笑いで毎晩ハッとする毎日、毎朝。そんなしっちゃかめっちゃかをレポートにまとめて書き残そうと思いました。バカやと思って見放すもあり、いまから深夜バスに乗り込むもあり、このレポートをあなたのいろんな行動に役立てて欲しいと思っています。

 写真がほとんどズイノシンなのは愛嬌ということで。もっといろんな写真を撮りたかったのですが、楽しんでいるうちに立ち止まるのを忘れていました。大阪の風景なんか全部が絵みたいなもんで、いろんなことに納得してしまったのは事実あって、文章ではなるべくライヴ以外の所を紹介したいと思っています。ほんと、写真撮っててもそうですが、影や背景が一番尖ったセンス持ってたりしますからね。彼らの周りがどんなことになってるのか、その片鱗を掴んで海馬に刻み込んでくれたら幸い。なんといっても、そこからボクタチハ進んでいくハズですから!

--> Vol.1
report and photos by toddy

ズイノシン集中教室 〜ほんとは祭り〜


buttonmag files : ズイノシン (Zuinosin)

buttonズイノシン集中教室 〜ほんとは祭り〜 (05/12/04-06 @ Tama Art University,Osaka City Univercity,Unagidani Sunsui,Shinsekai Bridge) : review and photos by toddy
buttonphoto report (05/11/11 @ Daikanyama Unit) : photos by sam
buttonphoto report (05/09/09 @ Shibuya O-Nest) : photos by saya38
buttonphoto report (05/07/24 @ Sapporo Spiritual Lounge) : photos by q_ta
button東京もんが集まるんも、こら〜当然だわ (05/06/12 @ Shinjuku JAM) : review by toddy
buttonphoto report (05/06/12 @ Shinjuku JAM) : photos by saya38


buttonInterview with Zuinosin
button現時点、最高のバンドである理由: Interview by toddy and photos by saya38


The official site

Zuinosin

http://de-fragment.com/zuinosin/profile.html

http://blog.goo.ne.jp/nani_satoshima/



The latest album

ZUINOSIN

『蕊』



check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2005

buttonIntro : 「サウンド・システム / 台場に強磁場」 : マウント・システム 2005 feat アブラハム・クロス 「アブラハム・クロスです」,ザ・デット・パン・スピーカーズ 「枝葉つける一本の...」 (23rd Oct. @ Tokyo Odaiba Open Court)
button簡単にお隣フェスとはいかないぞ / 韓国ロックの黎明期を体験: Gwang Myeong Music Valley Festival (7th to 9th Oct. @ Gwang Myeong City, Korea)
button溢れる想い: サン・パウロ (1st Oct. @ Asagiri Arena)
buttonなにもかもほかして : ブリーチ(26th Oct. @ 渋谷AX)
buttonCD review : 『極楽都市 / 好物』 : Rumi(ルミ) (26th Oct.)
button流れるものは留められない : サウンド・トライブ・セクター・ナイン (1st Oct. @ Asagiri Arena)
button溢れる想い: サン・パウロ (1st Oct. @ Asagiri Arena)
button黒は終わった、白くぬれ!: シアター・ブルック (30th Sept. @ Liquidroom Ebisu)
buttonその日は近い: 二階堂和美 + 渋谷毅、外山明 (18th Sept. @ Kichijoji Star Pine's Cafe)
buttonインディーの手鏡: タイム・ボム・レコーズ 15周年記念イヴェント feat. タミオ・イノウエ, ルインズ, ジ・イーヴンズ, ブラインド・ビースト (18th Sept. @ Shibuya Quattro)
buttonのび太くらいほっとけない: 危ダビ中年院 feat. ドラびでお、マキタ学級 with グレート義太夫、mr. natural(ミスター・ナチュラル) (17th Sept. @ Roppongi Super Delux)
buttonパンドラの箱空けた: マグマ (16th Sept. @ Shibuya O-East)
button突然の贈り物: カドゥ feat. 大貫妙子 (14th Sept. @ Yokohama Motion Blue)
button厚み増す年輪、追いかけても回帰: あふりらんぽ (10th Sept. @ Tsujido Sputnik Cafe)
button誤解上等、ズイノシンはパンクだよ: ズイノシン (9th Sept. @ Shibuya O-Nest)
button危ないミライ、ヒカリは地下から: 危ダビ少年院 feat. コンチ、煙巻ヨーコ Session + 藤乃家 舞、オプトラム + カコイヨシハル(from ズイノシン)、エンジェル・オー・ディー、ノイナン、ガルペプシ、ディステスト (2nd Sept. @ 六本木スーパーデラックス)
buttonビールで酔いの宴: スペースシャワー列伝 第五十三巻 feat. カットマン・ブーチェ、サケロック、デパペペ (12th Aug. @ 新宿ロフト)
button胸いっぱいの: 二階堂和美 (21st Jul. @ 新宿マーズ)
button季節がら入り混じりまして: Metalchicks' Pre-release Party feat. メタルチックス,ASA-Chang & 巡礼,にせんねんもんだい,キー (16th Jul. @ 渋谷ラッシュ)
buttonコラム : 環境的音楽"オシリらんNOSIN (16th Jul.)
buttonInterview : 現時点、最高のバンドである理由: ズイノシン (11th Jul.)
buttonHIPHOP苦手でもいらっしゃい: ECD (1st Jul. @ Shibuya O-nest)
button白と緑が危険にみえた夜だなぁ: MONG-HANG (18th Jun. @ Shimokitazawa Era)
button東京もんが集まるんも、こら〜当然だわ: 破壊宙 vol.2 (12th Jun. @ Shinjyuku JAM)
buttonInterview : あふりらんぽを知りたくないか!?: あふりらんぽ
buttonやんや言うけど、のびのびやって!: あふりらんぽ (3rd June. @ 渋谷O-Nest)
button今日ばっかりはひとことで表せない : 新宿ロフト 6th Anniversay "RHYTHM OF FEAR" feat. 生花, メタルチックス, ニルギリス, ズボンズ, レンチ(22nd May. @ 新宿ロフト)
button凄く大きい音が出て、そこでマゾンナは...: 新宿ロフト 6th Anniversay "RHYTHM OF FEAR" feat. ザ・原爆オナニーズ、DMBQ and マゾンナ(21st May. @ 新宿ロフト)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Ryota "toddy" Toda. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.